Day1<デイ・ワン>
毎日がはじまりの日

未 読
Day1<デイ・ワン>
ジャンル
著者
ジャスパー・チャン
出版社
定価
1,650円(税込)
出版日
2021年06月29日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
Day1<デイ・ワン>
Day1<デイ・ワン>
毎日がはじまりの日
著者
ジャスパー・チャン
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,650円(税込)
出版日
2021年06月29日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

Amazonについては、創業者ジェフ・ベゾスの長期志向やサブスクリプションといったビジネスモデルの観点から語られることが多い。しかし、アマゾンジャパンの社長を長らく務める著者は、Amazonの最大の特長はその企業理念であり企業文化にあるという。

Amazonの企業文化を象徴するのが、本書のタイトルにもなっている「Day1」という合い言葉であり、「地球上で最もお客様を大切にする企業になること」というミッションであり、そして本書に詳しく紹介される14条からなる「Leadership Principles(リーダーシップ・プリンシプル)」という行動指針の実践である。

本書は著者の回顧録という体裁を取り、たいへん興味深いストーリーとなっているが、リーダーシップ・プリンシプルもまた本書の主役だ。したがって要約とはいえ、本来であればその全文を紹介すべきだが、それを掲載するだけで紙幅の半分を使ってしまう。そこで、そのうちのひとつを引用するにとどめ、本要約の末尾の「一読のすすめ」に、リーダーシップ・プリンシプルが読めるページへのリンクを貼った。要約とあわせて、ぜひそちらを一読してほしい。

本書で紹介されるAmazonの仕事術は、興味深いものばかりだ。数字にしても、言葉にしても、属人的なバイアスを極力排除して、徹底的にリアルでロジカルであろうとする姿勢がうかがえる。そのうえで果敢にリスクを取りにいく。Day1とは、リスクテイクの別の言い方なのかもしれない。

しいたに

著者

ジャスパー・チャン(Jasper Cheung)
アマゾンジャパン合同会社社長。1964年、香港生まれ。カナダ生活を経て来日後、P&G等で勤務。2000年にアマゾンジャパン入社。2016年より現職。

本書の要点

  • 要点
    1
    Day1とは、Amazonの社員が常に意識している言葉であり姿勢である。「毎日がはじまりの日」といった意味合いを持つ。
  • 要点
    2
    Amazonには、Leadership Principles(LP:リーダーシップ・プリンシプル)という、14条からなる行動指針がある。その筆頭にくるのが「カスタマー・オブセッション」、つまり常にお客様のことが頭から離れないということだ。お客様が抱えている課題に対して価値あるソリューションを創造し、喜ばれるサービスを提供し続けようと考えて行動することが、Day1であることにつながる。

要約

【必読ポイント!】 Amazonの企業文化

Day1
Alena Butor/gettyimages

Amazon創業者のジェフ・ベゾスは1994年、シアトルにある自宅のガレージでインターネット書店事業を始め、翌95年にAmazon.comをスタートさせた。

アマゾンジャパンの設立が進められたのは、それから5年後のことだ。著者は、P&Gジャパンから創業間もないアマゾンジャパンに移り、2001年から社長を務めている。

そこで出会ったのが「Day1(デイ・ワン)」という言葉だ。Day1とは、Amazonの事業が急速に成長・発展するなかで、常に社員が意識している言葉であり姿勢である。日本語だと「毎日がはじまりの日」といったニュアンスだ。

人は、組織のルールやプロセス、データなどにその活動が縛られるようになると、当初の目的を忘れてしまうものだ。この現象が組織内に広がっていくと、企業はDay2という衰退の状態に陥ってしまう。

Day1は、ベゾスの長期思考と徹底したお客様を起点にして考える姿勢であると同時に、「地球上で最もお客様を大切にする企業になること」というAmazonのミッションと共にある言葉だ。お客様は常に課題を抱えている。目の前にある課題に応えることができたとしても、必ず次の課題が出てくるものだ。だからこそ、お客様という存在をしっかりと把握して、お客様が抱えている課題に対して価値あるソリューションを創造し、喜ばれるサービスを提供し続けよう――そう考えて行動することが、Day1であることにつながる。

リーダーシップ・プリンシプル

Amazonの仕事の根本にあるのは、お客様のご不便を解消する方法を、お客様が気づかないところまで先回りして発見し、サービス化していくことだ。そのためには、常にお客様のことを考え続けなければならない。この、お客様に関することが頭から離れない状態を、AmazonではCustomer Obsession(カスタマー・オブセッション)という言葉で共有している。

カスタマー・オブセッションは、AmazonのLeadership Principles(リーダーシップ・プリンシプル、以下LPと略記)の筆頭にくるものだ。LPとは、14条からなる、アマゾニアン(Amazonの社員)の行動指針である。カスタマー・オブセッションの追求こそがアマゾニアンの仕事の原点であり、Day1であり続けるために最も重要な姿勢だ。

LPでは、カスタマー・オブセッションについて以下のように記載されている。

Customer Obsession(カスタマー・オブセッション):リーダーはお客様を起点に考え行動します。お客様から信頼を獲得し、維持していくために全力を尽くします。リーダーは競合にも注意は払いますが、何よりもお客様を中心に考えることにこだわります。

Amazonは、経営が次第に軌道に乗り始めた2000年以降、企業理念や組織文化の価値観を重んじるとともに、それらを形骸化させないための策を講じるようになった。LPを創り上げたのも、そのための策のひとつだ。「ミッションを具現化していくうえで、どんな人材とどのような行動が望ましいのか」を考え続けてLPを創り上げた。そして、unless you know better onesという言葉が添えられているとおり、必要に応じて改定を続けている。

Amazonの仕事流儀

徹底的にお客様を起点として考える
ilona titova/gettyimages

Amazonの会議は、お客様を中心に据え、差別化やコスト、効果などについてとことん議論し、回答を見つけ出していく場と位置づけられている。こうした議論においても、LPが指針となる。たとえばLPのうちのひとつ、Dive deep(リーダーは常にすべての業務に気を配り、詳細な点についても把握する)の概念にあてはめて、「この部分はもっと調査が必要では?」「お客様のニーズを表層的に捉えていないか?」といった観点から議論を進めるのだ。

新サービス立ち上げの企画に承認を求める際のルールとしては、working backwards(ワーキング・バックワーズ)がある。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

どうしても頑張れない人たち
どうしても頑張れない人たち
宮口幸治
未 読
リンク
大丈夫!すべて思い通り。
大丈夫!すべて思い通り。
Honami
未 読
リンク
人生の短さについて 他2篇
人生の短さについて 他2篇
セネカ 中澤務(訳)
未 読
リンク
グレート・リセット
グレート・リセット
クラウス・シュワブ ティエリ・マルレ 藤田正美(訳) チャールズ清水(訳) 安納令奈(訳)
未 読
リンク
トヨタの会議は30分
トヨタの会議は30分
山本大平
未 読
リンク
億万長者だけが知っている教養としての数学
億万長者だけが知っている教養としての数学
ヒュー・バーカー 千葉敏生(訳)
未 読
リンク
実力も運のうち 能力主義は正義か?
実力も運のうち 能力主義は正義か?
マイケル・サンデル 鬼澤忍(訳)
未 読
リンク
ストレスの9割はコントロールできる
ストレスの9割はコントロールできる
鎌田敏
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
ストレスの9割はコントロールできる
ストレスの9割はコントロールできる
鎌田敏
未 読
リンク
2
億万長者だけが知っている教養としての数学
億万長者だけが知っている教養としての数学
ヒュー・バーカー 千葉敏生(訳)
未 読
リンク
3
子どもの才能を引き出す
子どもの才能を引き出す
李雅卿(リー・ヤーチン) ワン・チャイ(訳)
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

出版社のイチオシ#057
出版社のイチオシ#057
2021.07.23 update
リンク
【三笠書房×flierフェア】今すぐ生かせる良書の知恵
【三笠書房×flierフェア】今すぐ生かせる良書の知恵
2021.07.16 update
リンク
7月15日は「ファミコンの日」
7月15日は「ファミコンの日」
2021.07.13 update
リンク
出版社のイチオシ#056
出版社のイチオシ#056
2021.07.09 update
リンク

インタビュー

福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
2021.07.22 update
リンク
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
コロナ禍の今こそ響く成功者たちの苦節
2021.06.29 update
リンク
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
〈対談〉その失敗、本当に異文化のせい?
2021.06.22 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク
1
ストレスの9割はコントロールできる
ストレスの9割はコントロールできる
鎌田敏
未 読
リンク
2
億万長者だけが知っている教養としての数学
億万長者だけが知っている教養としての数学
ヒュー・バーカー 千葉敏生(訳)
未 読
リンク
3
子どもの才能を引き出す
子どもの才能を引き出す
李雅卿(リー・ヤーチン) ワン・チャイ(訳)
未 読
リンク
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
新しいことを学びたい!足りないのは時間?それともやる気?
2021.06.21 update
リンク
出版社のイチオシ#055
出版社のイチオシ#055
2021.07.02 update
リンク
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
『孫子』がバイブルのAI起業家、目指すはソフトバンク孫氏
2021.05.24 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『Day1<デイ・ワン>』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る