億万長者だけが知っている教養としての数学

世界一役に立つ数学的思考力の磨き方
未読
日本語
億万長者だけが知っている教養としての数学
億万長者だけが知っている教養としての数学
世界一役に立つ数学的思考力の磨き方
未読
日本語
億万長者だけが知っている教養としての数学
出版社
ダイヤモンド社

出版社ページへ

定価
1,980円(税込)
出版日
2021年04月13日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

世の中には桁違いの大富豪がいる。資産1000億ドルを超える富豪リストには、ジェフ・ベゾスやイーロン・マスクなどが名を連ねているが、2021年4月にはグーグルの共同創設者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンも仲間入りしたという。

1995年、彼らは「大学1年程度」の数学的知識を駆使して、今のグーグル検索の基礎となるシステム「ページランク」を開発した。もちろんその後も改良を重ねていったが、今もグーグルのサービスの核になっているのがページランクであることは間違いない。基礎的な数学知識を用いて大金持ちになった、夢のような、しかし現実の話である。

先の例は少々飛躍しているかもしれないが、数学が「お金持ち」に通じる手立てになりうることは想像がつくだろう。私たちは小学校から10年以上も数学(算数)を学んでいるにもかかわらず、釣り銭の勘定など簡単な計算以外、現実世界で活用する機会はあまりない。しかし、確率や統計、さまざまな法則や定理は、生活に身近な「金融」の根底で脈々と息づいている。

本書は、お金にまつわるさまざまな機会(増やす、儲ける、賭けごとをする、投資する等)について、数学的な見地からアプローチしていく教養本である。

丁寧に解説されているため、数学に詳しくなくとも十分楽しめる内容だ。手軽な財テクから一歩進み、「儲け」の基本原理からしっかり学びたい人には、興味深い一冊となるだろう。

ライター画像
矢羽野晶子

著者

ヒュー・バーカー(Hugh Barker)
ノンフィクション作家にして、数学を専門とする編集者。16歳でケンブリッジ大学に数学で合格した逸話を持ち、現在もアマチュア数学者として活躍している。著書に、Faking It (Yuval Taylorとの共著)と、Hedge Britanniaがある。また編集した本には、A Slice of Pi(Liz Strachan著)をはじめ、数学ジャンルでのベストセラーが多数含まれる。

千葉敏生(ちば・としお)
翻訳家。1979年神奈川県生まれ。早稲田大学理工学部数理科学科卒業。訳書に『反脆弱性』『身銭を切れ』(ともにダイヤモンド社)、『デザイン思考が世界を変える』『スイッチ! 』『決定力! 』(以上、早川書房)、『クリエイティブ・マインドセット』(日経BP)、『〈効果的な利他主義〉宣言!』(みすず書房)、『デザインはどのように世界をつくるのか』(フィルムアート社)等がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    お金の価値は相対的で、時間とともに変動する。お金を交換可能な「品物」と捉えることが、お金を数学的に考える第一歩である。
  • 要点
    2
    お金を効率的に増やすには、指数関数的に成長する「種」を見つけることである。
  • 要点
    3
    組み合わせの数学を利用して過去のデータを検証すれば、ギャンブルの勝率を細かい部分まで予測することができる。
  • 要点
    4
    今の世界を支配しているのは数学的なアルゴリズムだが、未来の世界を支配するのもまた、数学を駆使した者だろう。

要約

【必読ポイント!】数学の力でお金を増やす

お金の価値は相対的で主観的

お金とは、価値を数えたり測ったりする「数学的な道具」である。お金が登場する前の社会では、商品の取引は物々交換であった。1袋の穀物を、鍋や豆、1日分の畑仕事と直接交換する、といった具合だ。

しかし物々交換は、双方が相手のほしいものを持っていなければ成り立たない。複数の人が取引しようとすると、かなり複雑な売買ネットワークが必要となる。そこで、複雑な取引を調整するために金融システムが発明された。お金は取引を仲介する手段であり、その価値はほかの商品との比較で決められる。つまりお金というものは、それと交換できる商品やサービスと照らし合わせることで、初めて価値を測ることができる相対的なものである。

そして、お金の価値は時間とともに絶えず変動し、必ず主観が伴う。ボトル入りの水が、清流のそばに住む人にとっては価値がなくとも、砂漠のど真ん中で死にかけている人にとっては100万ドルの価値を持つこともある。

資産管理の技術は、価値の差分や変動を見極めるところにある。保有する財産を売り払い、負債を時価ですべて清算した際に残る金額の「純資産」を考えるとわかりやすい。

お金を商品やサービスと交換可能な「品物」と捉えることが、お金を数学的に考えるための第一歩なのである。

元本の成長を見定める「72の法則」
JuSun/gettyimages

元本が一定の成長率のもと、2倍になるまでの年数を知っておくと便利だ。その年数を暗算する簡易的な方法が「72の法則」である。72の法則は、15世紀にルカ・パチョーリが著書『スムマ』で記述して以来、脈々と受け継がれている投資の知恵だ。

法則はいたってシンプルで、72を成長率(または預金や投資の利率)で割るだけだ。これで、初期投資額が2倍になるまでに何年かかるかが弾き出される。年利9%なら72÷9=8なので、8年かかる計算だ。

この法則はあくまで概算であり、最も正確なのは金利が5〜10%前後のときだけである。しかし、何世紀も前から多くの資本家や投資家が活用してきた事実から、標準的な状況では役に立つだろう。

指数関数的に育つ「魔法の豆」

初期投資額1000ポンドを1年で100万ポンドにするにはどうしたらいいか。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
大丈夫!すべて思い通り。
大丈夫!すべて思い通り。
Honami
未読
ストレスの9割はコントロールできる
ストレスの9割はコントロールできる
鎌田敏
未読
Day1<デイ・ワン>
Day1<デイ・ワン>
ジャスパー・チャン
未読
それ、勝手な決めつけかもよ?
それ、勝手な決めつけかもよ?
阿部広太郎
未読
習慣超大全
習慣超大全
BJ・フォッグ須川綾子(訳)
未読
地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術
地頭が劇的に良くなるスタンフォード式超ノート術
柏野尊徳
未読
考えることこそ教養である
考えることこそ教養である
竹中平蔵
未読
非常識に生きる
非常識に生きる
堀江貴文
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様