質問しだいで仕事がうまくいくって本当ですか?

無敗営業マンの「瞬間」問題解決法
未読
日本語
質問しだいで仕事がうまくいくって本当ですか?
質問しだいで仕事がうまくいくって本当ですか?
無敗営業マンの「瞬間」問題解決法
未読
日本語
質問しだいで仕事がうまくいくって本当ですか?
出版社
定価
1,540円(税込)
出版日
2022年03月17日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

営業活動をがんばっているのに、思うように数字につながらない。上司からは「行動量を増やせ」と言われ、会ってもらえそうなお客様にコンタクトするも、「忙しいから」と断られたり、うまく課題を聞き出せず提案の機会を逃したりしてばかり――。そんな営業パーソンには、本書を強くおすすめしたい。

著者の高橋浩一氏は、8年間にわたってコンペの勝率が100%という、営業のプロフェッショナルである。『無敗営業』シリーズや『気持ちよく人を動かす』などといったベストセラーを連発し、年間200回以上の講演や研修に登壇するなど、多くのビジネスパーソンに支持されている。

そんな著者によると、「仕事をスムーズに進めて相手の納得を得られる人」に共通するスキルは「質問力」だ。なぜなら、相手を深く理解できないと、どうしても自分目線の提案になりがちだからだ。著者自身、質問によって相手との距離を縮め、本音を引き出せる関係を築いた結果、お客様から声がかかるようになったという。

本書は、そんな著者のノウハウが惜しみなく明かされる一冊だ。ストーリー形式になっており、新卒2年目になるマサル、チームリーダーのノリコ、そして2人を導く敏腕マネジャーのカピバラ部長とともに、楽しく学べるようになっている。若手営業パーソンと営業リーダーはもちろんのこと、プレゼンや交渉のスキルが求められるすべてのビジネスパーソンにおすすめしたい。

著者

高橋浩一(たかはし こういち)
TORiX株式会社 代表取締役。東京大学経済学部卒業。外資系戦略コンサルティング会社を経て25歳で起業、企業研修のアルー株式会社に創業参画(取締役副社長)。事業と組織を統括する立場として、創業から6年で社員数70名までの成長を牽引。同社の上場に向けた事業基盤と組織体制をつくる。2011年にTORiX株式会社を設立し、代表取締役に就任。これまで4万人以上の営業強化支援に携わる。
コンペ8年間無敗の経験をもとに、2019年『無敗営業「3つの質問」と「4つの力」』、2020年に続編となる『無敗営業 チーム戦略』(ともに日経BP)を出版、シリーズ累計7万部突破。2021年『なぜか声がかかる人の習慣』(日本経済新聞出版)、『気持ちよく人を動かす~共感とロジックで合意を生み出すコミュニケーションの技術~』(クロスメディア・パブリッシング)を出版。年間200回以上の講演や研修に登壇する傍ら、「無敗営業オンラインサロン」を主宰し、運営している。

■無敗営業オンラインサロン https://lounge.dmm.com/detail/2904/
■Twitter @takahashikoichi

本書の要点

  • 要点
    1
    営業活動においては「質問力」が重要だ。質問によって情報を集め、相手の役に立てるようになると、商談の機会が得られやすくなる。
  • 要点
    2
    アプローチの鍵は、「お客様のやりたいことや課題は何なのか」を話題に出して、「お役に立てる可能性」を具体的に伝えることだ。
  • 要点
    3
    質問においては、「きっかけをつくる枕詞」「予防線を張る枕詞」「切り込む枕詞」「踏み込む枕詞」「考えを促す枕詞」の5種類の枕詞を活用するとよい。

要約

敏腕マネジャー、カピバラ部長の登場

カピバラ部長との出会い

まもなく入社2年目になる石川マサルは、全社会議に参加していた。新人賞を取った同期がスピーチをしているところだ。いつの間にこんなに差をつけられたのだろう。

マサルが所属するチームのリーダー、田辺ノリコも、同じく心の中でため息をついていた。新人時代は同期トップの成績で、早々に昇格。しかし「リーダーである自分は売れるが、それ以外のメンバーは伸び悩む」という壁にぶつかったまま、チームは目標未達が続いている。会議を終えた2人は顔を見合わせ、気晴らしに飲みに行こうと決めた。

そんなとき、後ろから「飲みに行くんだったら、僕も一緒にいいかな?」と声をかけられた。マサルとノリコの新しい上司になる、神日原(カピバラ)部長だ。カピバラのような雰囲気でありながら、敏腕マネジャーとして高く評価されている人物である。

本書は、カピバラ部長の指導のもと、マサルとノリコが「質問力」を磨いていくというストーリー形式で進行していく。

お客様に「提案を聞く価値がある」と思わせるには?
anyaberkut/gettyimages

マサルは、ノリコたちから「とにかく訪問件数を増やせ」と言われてがんばっているが、なかなか結果につながらないのが悩みだ。その話を聞いたカピバラ部長によると、マサルは、商談を進めたり、お客様と関係を構築したりするコツがつかめていない。営業活動において何より大切なのは、お客様を喜ばせ、「提案を聞く価値がある」と感じてもらって、商談に持ち込むことだ。

お客様を深く理解し、役に立てると、相手との関係が深まる。すると相手のことをもっと深く知れて、ますます役に立てる――。このサイクルが回っていくと、「具体的な見積もりが欲しい」などと声がかかるようになり、自然と売り上げ目標が達成できるようになるはずだ。

お客様と関係を深めて商談を前に進めるには、「質問力」が鍵になる。カピバラ部長がそう言うと、マサルは「質問してもお客様の反応が悪く、つい一方的に話してしまうんです」と悩みを打ち明けた。

いつの間にか2人は、カピバラ部長の話に身を乗り出している。そんな姿を見た部長は、定期的に「質問力」を上げるための勉強会を開催してくれることになった。

営業で成果を上げる鍵は「質問力」

「お役に立てる可能性」を示すアプローチで商談をつくる

マサルは、お客様にアポイントを打診しても「忙しいから」と断られてしまいがちだ。それに「いつ頃ならお時間できそうですか?」と切り返すと「必要になったときにこちらから連絡します」と言われてしまい、結局アポイントが取れない。

そう相談すると、カピバラ部長は「営業プロセスの第一歩は、お客様のやりたいことや課題に対して、当社サービスがお役に立てる可能性を示すことだ」「アポイントが取れない原因は、お客様から、やりたいことの実現・課題の解決にその営業が役立つと思われていないことにある」とアドバイスしてくれた。

アプローチの鍵は、「お客様のやりたいことや課題は何なのか」を話題に出して、「お役に立てる可能性」を具体的に伝えることだ。例えば「以前参加いただいたセミナーのフォローでお電話する」場合なら、このようになる。

「セミナーのアンケート回答で『集客について課題がある』と書かれていらっしゃいましたが、集客については、今も取り組まれているのですか?」→「今も取り組んでいますが、バタバタしておりまして、うまく進んでいません」

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
どこでも成果を出す技術
どこでも成果を出す技術
沢渡あまね
未読
ハーバードの 人の心をつかむ力
ハーバードの 人の心をつかむ力
ローラ・ファン栗木さつき(訳)
未読
意識が高くない僕たちのためのゼロからはじめる働き方改革
意識が高くない僕たちのためのゼロからはじめる働き方改革
坂本崇博
未読
最大化の超習慣
最大化の超習慣
堀江貴文
未読
成しとげる力
成しとげる力
永守重信
未読
本物の交渉術
本物の交渉術
ロジャー・ドーソン小山竜央(監修)島藤真澄(訳)
未読
うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか
うまくいっている人は朝食前にいったい何をしているのか
桜田直美(訳)ローラ・ヴァンダーカム
未読
我慢して生きるほど人生は長くない
我慢して生きるほど人生は長くない
鈴木裕介
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様