統計でウソをつく法
数式を使わない統計学入門

未 読
統計でウソをつく法
ジャンル
著者
ダレル・ハフ 高木秀玄 (訳)
出版社
定価
1,012円(税込)
出版日
1968年07月24日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
統計でウソをつく法
統計でウソをつく法
数式を使わない統計学入門
著者
ダレル・ハフ 高木秀玄 (訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,012円(税込)
出版日
1968年07月24日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
おすすめポイント

世の中には統計があふれている。消費者の価値観が多様化し、従来のような「長年の勘」が通用しなくなった現在では、データをもとにした意思決定に注目が集まっている。ビジネスシーンで数字の提示を求められることが増えたと体感しているビジネスパーソンも多くいることだろう。そんななか、怪しい数字もそこかしこに見られる。

本書にはこんな例がある。アメリカの平均寿命が63歳だったころ、社会保障法の改正についての公聴会で「65歳を退職年齢として社会保障計画をたてるのはごまかしであり、ペテンだ」という意見が出たのだという。なぜなら、それより前にみんな死んでしまうからだ。この意見に、一瞬だまされそうにならなかっただろうか。実際のところ、平均寿命が63歳なのであれば、それより長生きしている人も大勢いるはずだ。大ざっぱに考えて、半数が63歳より長生きしていてもおかしくない。この意見は前提から間違っているのだ。

数字が出されると、その意見には説得力があるような気がしてしまう。提示された数字や図表にはどんな意味があるのか、それを理解していなければ、いとも簡単にだまされ、不確かな情報を信じてしまうことになる。本書が提示するのは、「だまされないために、だます方法を知る」ことだ。1968年刊行のため、扱っている例自体は古いものがある。それでもなお、現代にも通ずる統計の知識を与えてくれる良書である。

ライター画像
池田友美

著者

ダレル・ハフ(Darrell Huff)
1913年アイオワ州の生まれ。アイオワ州立大学で学士号、博士号を取る。社会心理学、統計学、心理テストなどを研究。一時「ルック」誌などの雑誌編集にたずさわったが、その後フリーランサーとして、「ハーパーズ」誌などに記事や短編小説を寄稿。ブルーバックス『確率の世界』は、本書の姉妹書で、面白い話で確率の考え方を解説している。1963年、National School Bell賞を受賞。2001年、惜しくも逝去された。

本書の要点

  • 要点
    1
    データを扱う上で欠かせない、統計的な手法や統計用語は、正しく理解して使わなければ、ナンセンスな結論を導き出してしまう。
  • 要点
    2
    統計理論が全面的に信頼して使えるのは、母集団からまったくのランダムで選ばれたサンプルだけだ。しかし、実際の調査ではサンプルにはかたよりがつきものであり、それによって結果も影響を受けてしまう。
  • 要点
    3
    少ないサンプル数での調査や、こじつけの数字を利用することで、「欲しい結果」を得ることができる。

要約

だまされないために、だます方法を知る

新聞記事のスペースで、犯罪発生率をはかれるか?

アイオワからカリフォルニアに引っ越してきたばかりの著者の義父は、「この辺は、ずいぶん犯罪が多いんだねえ」といった。義父がそう考えたのは、地元の犯罪も遠くアイオワの殺人事件も掲載する新聞に、カリフォルニアの犯罪が多く載っていたからだ。あるサンプルをもとに導き出されている以上、これはまがりなりにも「統計的」な結論である。もちろん、新聞記事のスペースの大きさで犯罪の発生率をはかれるとみなしているのだから、妥当性があるとはいえない。

実際のところ、こうした考え方は多くの統計数字にも見られる。統計的な手法や統計用語は、膨大なデータを記録する上で欠かせないものだ。しかし、正しく理解して使わなければ、結果はナンセンスな言葉遊びにすぎないものとなる。

この本は統計を使って人をだます方法についての入門書である。泥棒やサギ師の手くだを知っていることで、正直な人たちはだまされにくくなる。統計でだまされないためには、だますテクニックを知っておかなければならないのだ。

サンプルにゆがみはつきもの

卒業生は、本当にお金持ち?
Nuthawut Somsuk/gettyimages

雑誌「タイム」にこんな記述があった。「1924年度のエール大学卒業生の年間平均所得は2万5111ドルである」。こんなに所得が多いのならば、子供をエール大学に入学させておけば老後も安泰と考えてよいのだろうか。

この数字を疑いの目で見てみると、びっくりするほどくわしく、考えられないほどすっきりした数字であることに気づくはずだ。その上、これは卒業生たちが自分の所得として“知らせて”きた額をもとにしている。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
WORK
WORK
moto(戸塚俊介)
未 読
リンク
行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術
行動科学を使ってできる人が育つ! 教える技術
石田淳
未 読
リンク
新時代を生き抜く越境思考
新時代を生き抜く越境思考
沢渡あまね
未 読
リンク
ケンブリッジ大学・人気哲学者の「不死」の講義
ケンブリッジ大学・人気哲学者の「不死」の講義
スティーヴン・ケイヴ 柴田裕之(訳)
未 読
リンク
超文系人間のための統計学トレーニング
超文系人間のための統計学トレーニング
斎藤広達
未 読
リンク
鎌倉殿と13人の合議制
鎌倉殿と13人の合議制
本郷和人
未 読
リンク
全米トップ校が教える自己肯定感の育て方
全米トップ校が教える自己肯定感の育て方
星友啓
未 読
リンク
コーヒーで読み解くSDGs
コーヒーで読み解くSDGs
Jose.川島良彰 池本幸生 山下加夏
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
「働き方本」のテッパン3冊
「働き方本」のテッパン3冊
2022.11.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年10月~11月)
2022.11.26 update
リンク
出版社のイチオシ#085
出版社のイチオシ#085
2022.11.18 update
リンク
「習慣術本」のテッパン3冊
「習慣術本」のテッパン3冊
2022.11.15 update
リンク
インタビュー
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
『嫌われる勇気』で気づいた、自分で目的を決める大切さ
2022.11.28 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
1
「僕たちのチーム」のつくりかた
「僕たちのチーム」のつくりかた
伊藤羊一
未 読
リンク
2
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
発達障害「グレーゾーン」 その正しい理解と克服法
岡田尊司
未 読
リンク
3
オンライン脳
オンライン脳
川島隆太
未 読
リンク
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
ご飯がおいしい季節に知りたい!健康にもダイエットにも効く食事
2022.10.31 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年9月~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年9月~10月)
2022.10.26 update
リンク
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
好奇心旺盛なのに繊細、「かくれ繊細さん」がやりたいこと探しで迷子になるワケ
2022.10.18 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『統計でウソをつく法』をおすすめする
保存が完了しました