古事記

未読
古事記
古事記
未読
古事記
出版社
出版社名なし
定価
0円(税込)
出版日
出版日なし
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
5.0
応用性
3.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
こちらの書籍は書店にて
お買い求めください。
書籍情報を見る
本の購入はこちら
こちらの書籍は書店にて
お買い求めください。
おすすめポイント

歴史や国語の授業などで『古事記』の名に触れたことのある人は多いだろう。その一方で、実際に古事記でどのようなエピソードが語られているのかを知っている人はあまりいないかもしれない。

古事記は日本に現存する最古の歴史書で、奈良時代初期の712年に完成したとされる。ほぼ同時期に成立した『日本書紀』とともに「記紀」と呼びならわされてきた。

古事記は「正しい歴史を後世に伝えたい」という天武天皇の思いから発案された。そこで抜群の記憶力をもつ稗田阿礼(ひえだのあれ)に正しい歴史を学ばせたことが、“古事記編纂プロジェクト”のはじまりだとされている。

ところが天武天皇は古事記の完成を見ずに亡くなってしまい、プロジェクトは元明天皇に引き継がれる。稗田阿礼が語る「正しい歴史」を太安万侶(おおのやすまろ)が聞き、書き記して、古事記が完成した。

古事記は上・中・下巻で構成されるが、要約ではそのうち上巻に絞り、中でも比較的よく知られていると思われるシーンをまとめた。具体的には、イザナギとイザナミによる国生みと神生み、天の岩屋、ヤマタノオロチ、因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)などである。

古事記の知識がまったくない人でも、恐れず要約を読んでみてほしい。登場する神々の人間くささや突飛な行動に驚いたりつい笑ってしまったりするうちに、意外なほどするすると読み進められるはずだ。物語の中で天上世界と地上世界を行き来しながら、神々の一人になったつもりで楽しんでもらえたら幸いである。

著者

本書の要点

  • 要点
    1
    イザナギとイザナミが天から矛をおろし、海水をかき回すと、矛の先からしたたる海水が積み重なってオノゴロ島ができた。イザナギとイザナミはオノゴロ島に降りて、淡路島、四国、隠岐島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島、本州を生んだ。
  • 要点
    2
    太陽の神・アマテラスが天の岩屋に閉じこもったため、世界は闇に包まれてしまった。困り果てた神々はお祭り騒ぎを起こし、不審に思ったアマテラスが顔を覗かせた瞬間、岩屋から引きずり出した。
  • 要点
    3
    出雲に降り立ったスサノヲは、「ヤマタノオロチに娘を食べられてしまう」と悲しみに暮れる家族と出会う。スサノヲはヤマタノオロチを強い酒で酔わせて退治し、娘と結婚した。

要約

【必読ポイント!】 イザナギとイザナミ

国生み
MasaoTaira/gettyimages

この世界の始まりのことだ。最初に天上の世界に現れた神様はアメノミナカヌシの神という。続いてタカミムスビの神とカムムスビの神が現れた。

このとき、地上にできたばかりの国は水に浮いた脂のようであり、くらげのようにふわふわと漂っていた。そこへ、泥の中から葦が芽を出すような勢いで、ウマシアシカビヒコヂの神とアメノトコタチの神が現れた。ここまで現れた神々は特別な天の神様で、男女の区別のない独り神であった。

それから次々に男神と女神が現れた。そのうちの二柱(※二人のこと。神は「柱」と数える)が男神のイザナギと女神のイザナミだ。

天の神様はイザナギとイザナミに「漂っている国を整えてしっかりと作り固めよ」と言い、立派な矛を授けた。それを聞いたイザナギとイザナミは天からの階段に立って、矛で海水をかき回した。

海から矛を抜くと、矛の先からしたたる海水が積み重なって島となった。これがオノゴロ島だ。イザナギとイザナミはオノゴロ島に降り、大きな柱と御殿を建てた。

そこでイザナギがイザナミに「私の体のあまった部分とあなたの体の足りない部分を足して国を生み出そうと思うがどうだろう」と言ったところ、イザナミも賛成した。二柱は大きな柱をまわり、出会ったところで、イザナミが「ほんとうにりっぱな青年ですね」、イザナギが「ほんとうに美しいお嬢さんですね」と言って結婚し、子どもを生んだ。ところがここで生まれた子は不完全な様子だったため、葦の舟に乗せて流してしまった。

天の神様に相談すると「女が先に声をかけたのがいけない」ということだったので、柱をまわり直してイザナギから声をかけたところ、新たな子どもが誕生した。これが淡路島だ。続いて四国、隠岐島、九州、壱岐島、対馬、佐渡島、本州が生まれた。

神生み

国生みを終えたイザナギとイザナミは神々を生んでいった。住居の神や海の神、風の神、木の神、山の神、野の神、船の神、穀物の神、火の神などだ。

ところが火の神であるホノカグツチの神を生んだとき、イザナミは股に大やけどを負ってしまう。イザナミは病床で苦しみながらも嘔吐物や糞尿からどんどん神を生んでいくが、とうとう亡くなってしまった。

黄泉国
NORIMA/gettyimages

イザナギは「愛しい妻の命をただ一人の子にかえるなんて残念だ」と嘆き悲しんだ挙句、腰につけていた剣を抜き、イザナミの死のきっかけとなったホノカグツチの首を切ってしまった。その血や亡骸、切った刀からも新たな神が生まれた。

「妻にもう一度会いたい」と願ったイザナギは、死者の住む黄泉国に向かう。イザナミが住む御殿の戸に向かって「最愛の妻よ、私たちの国はまだ出来上がっていません。さあ、帰っていらっしゃい」と声をかけたところ、イザナミは「それは残念なことをいたしました。あなたがなかなか来なかったので、私はすでに黄泉の国のものを食べてしまいました。でもわざわざ来てくださったのですから、なんとかして帰りたいと思います。黄泉国の神様に相談してまいりましょう。その間、決して私の姿を見ないと約束してください」と答えたのだった。

御殿の前でじっと待っていたが、イザナミはいっこうに戻ってこない。待ちきれなくなったイザナギが約束を破って御殿に忍び込むと、そこには蛆がたかり、腐敗した姿の妻がいた。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3344/4702文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.11.25
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
聖トマス・アクィナス
聖トマス・アクィナス
G.K.チェスタトン生地竹郎(訳)
未読
銀河鉄道の夜
銀河鉄道の夜
宮沢賢治
未読
熟達論
熟達論
為末大
未読
世界を動かした名演説
世界を動かした名演説
池上彰パトリック・ハーラン
未読
源氏物語
源氏物語
紫式部與謝野晶子(訳)
未読
下剋上球児
下剋上球児
菊地高弘
未読
ネガティヴ・ケイパビリティで生きる
ネガティヴ・ケイパビリティで生きる
谷川嘉浩朱喜哲杉谷和哉
未読
動物たちは何をしゃべっているのか?
動物たちは何をしゃべっているのか?
山極寿一鈴木俊貴
未読
法人導入をお考えのお客様