熟達論

人はいつまでも学び、成長できる
未読
熟達論
熟達論
人はいつまでも学び、成長できる
著者
未読
熟達論
著者
出版社
定価
1,980円(税込)
出版日
2023年07月15日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

いがぐり頭に、あごひげ。屈強な海外選手たちに囲まれながら、ハードルを次々と飛び越えていく、小柄な身体。試合後のインタビューで見せる、どこか飄々とした受け答え――現役時代の著者のことを、要約者はよく覚えている。

本書の著者は、為末大。言わずと知れた男子400メートルハードルの元選手だ。2001年と2005年の世界陸上で2度銅メダルを獲得。世界大会における陸上短距離種目のメダルは、日本人初の快挙だった。オリンピックにも3度出場。著者による日本記録は、2023年10月の今も破られていない。

大学生の頃からコーチをつけずトレーニングしていた著者は、常に自分で「学ぶこと」に向き合ってきた。学ぶとはどういうことか。どうすれば技術が高まるのか。どんな道のりを経て人は成長するのか。現役引退後、「学び」への関心が一層高まった著者は、将棋の羽生善治氏からiPS細胞研究の山中伸弥教授まで、各界の達人たちから話を聞いた。そこで気づいたのは、「学び」には、分野を超えた普遍的なプロセスとアプローチがあるということだった。アスリート時代の実体験と引退後の知見を合体させ、「学び」の過程を、すべて自分の言葉で、極めて精緻にまとめあげたのが、この『熟達論』だ。

本書を読んでいると、「人はいつまでも学び、成長できる」という著者の信念が実感できる。新しいことに挑戦しようとしている人や、うまくいかないことに悩んでいる人、自分はもう成長できないと諦めている人にも、この本を読んでもらいたい。

ライター画像
奥地維也

著者

為末大(ためすえ だい)
元陸上選手。1978年広島県生まれ。スプリント種目の世界大会で日本人として初のメダル獲得者。男子400メートルハードルの日本記録保持者(2023年10月現在)。現在は執筆活動、身体に関わるプロジェクトを行う。Deportare Partners代表。主な著作に『Winning Alone』『走る哲学』『諦める力』など。

本書の要点

  • 要点
    1
    技能と自分のどちらかだけを高めても、私たちは成長できない。技能と自分は、切り離すことのできない「ひとつのもの」、つまり人間という総体として捉えるべきだ。この人間総体を高めること、それが熟達である。
  • 要点
    2
    熟達のプロセスには、遊びを楽しむ「遊(ゆう)」、基本を身につける「型(かた)」、型を深く観察する「観(かん)」、型の要を捉える「心(しん)」、無我の境地「空(くう)」の5段階がある。
  • 要点
    3
    ある技能は別の分野では通用しないのが普通だ。しかし、熟達の過程で得た知見と経験は、分野を超えた普遍性を持つ。

要約

熟達とは何か

技能、自分、人間総体

「熟達」とは、一般的には特定の領域において技能を極めた状態を指す。だが、ただ技能を追求するだけで熟達に至ることはできるのだろうか。

著者が「熟達」を意識しはじめたのは、大学でスランプに陥っていた頃だった。練習量を増やしても成果は出ない。思い悩んでいたとき、短距離コーチだった高野進さんに出会った。高野さんは著者の走りを少し見て「足を三角に回しなさい」と言った。まったく意味がわからなかったが、言われたとおりにしばらく練習してみると、動きが変わり、競技に対する考え方までもが変化していった。

数年経って「走る」ことのメカニズムを理解した著者は、最初に受けた指摘が、他の多くの問題の原因だったことに気づいた。高野さんはなぜすぐに問題の核心を見抜くことができたのか。この不思議な学びの体験は、技能にだけ目を向けていたら起こらなかった。

本書では、熟達を次のように定義する。「熟達とは人間総体としての探求であり、技能と自分が影響しあい相互に高まること」

学ぶということは、人間総体を高めることであり、この過程が熟達の道である。

5段階のプロセス
Chitraporn Nakorn/gettyimages

熟達を探求するプロセスは一本道ではなく、段階に分かれている。著者はずっと、矛盾する教えが両立することを不思議に思っていた。「質が大事」「量が大事」や、「考えろ」「考えるな、感じろ」はいずれもよく聞く教えだ。

矛盾するように思える教えが両立するのは、段階ごとに重要なことが異なるからだ。著者はかつてスランプに悩んでいたが、今ならやり方を変えなかったことが問題だったのだとわかる。成長には段階があると理解しておくことが重要だ。

本書では熟達のプロセスを「遊(ゆう)」「型(かた)」「観(かん)」「心(しん)」「空(くう)」の5段階に分けている。このプロセスには、領域を超えた普遍的な要素がある。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3813/4586文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.11.30
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
聖トマス・アクィナス
聖トマス・アクィナス
G.K.チェスタトン生地竹郎(訳)
未読
プロ経営者・CxOになる人の絶対法則
プロ経営者・CxOになる人の絶対法則
小杉俊哉荒井裕之
未読
ネガティヴ・ケイパビリティで生きる
ネガティヴ・ケイパビリティで生きる
谷川嘉浩朱喜哲杉谷和哉
未読
下剋上球児
下剋上球児
菊地高弘
未読
図解 「いいキャリア」の育て方
図解 「いいキャリア」の育て方
青田努
未読
アイデアをお金に変える「マネタイズ」ノート
アイデアをお金に変える「マネタイズ」ノート
市原義文
未読
資本主義の中心で、資本主義を変える
資本主義の中心で、資本主義を変える
清水大吾
未読
原稿用紙10枚を書く力
原稿用紙10枚を書く力
齋藤孝
未読
法人導入をお考えのお客様