まず、ちゃんと聴く。

コミュニケーションの質が変わる「聴く」と「伝える」の黄金比
未読
まず、ちゃんと聴く。
まず、ちゃんと聴く。
コミュニケーションの質が変わる「聴く」と「伝える」の黄金比
著者
未読
まず、ちゃんと聴く。
著者
出版社
日本能率協会マネジメントセンター

出版社ページへ

定価
1,870円(税込)
出版日
2023年10月30日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

職場や家庭で聴くことの大切さはずっと語られている。だが、聴くだけでは何も変わらないのではと思う方もいるだろう。そんな方にこそ読んでいただきたい一冊が登場した。

日々、多くの人が事業推進や問題解決、組織の活性化をめざし、コミュニケーションを行っている。「聴いているつもりだが、ちゃんとできているかわからない」「もっとメンバーに信頼して本音を話してもらいたい」と考える人も増えていることだろう。

著者は、聴き合う組織をつくることをめざすエール株式会社の代表である。年間50回以上の講演や研修に登壇し、経営者として社内のメンバーと行う1on1は年間で300回にも及ぶという。本書にはそんな「聴くプロ」である著者が得てきた知見や体験から抽出した「聴く」エッセンスがぎゅっと詰まっている。

タイトルの『まず、ちゃんと聴く。』とはどういうことか。「聴く」とはそもそもどういうことなのか。聴く技術を高めるには何が大切なのか。コミュニケーションの両輪である「聴く」と「伝える」、そして「両立する」技術をどう高めていくのか――。このような内容が体系立てて、実践しやすい形でまとめられている。

本書は自分自身との対話にも大いに役立つ。内省が深まり、自分との関係性の変化にもつながるはずだ。「まず、ちゃんと聴く」があらゆる組織の共通言語になることを願ってやまない。

著者

櫻井将(さくらい まさる)
エール株式会社 代表取締役。
横浜国立大学経営システム科学科卒業。新卒でワークスアプリケーションズ入社。新規営業にて社長賞を受賞後、人事総務部のマネージャーを経て、GCストーリーへ。営業、新規事業開発、マクロビオティック事業の子会社などを担当。両社にてGPTW「働きがいのある会社」ランキングにてベストカンパニー受賞。GCストーリーで働く傍ら、幼児教育のNPOを立ち上げ、保育士資格を取得。ビジネス、幼児教育の現場にいる中で「聴くこと」の価値と可能性を強く感じ、2014年から心理学やコーチング、カウンセリングなどのコミュニケーションを本格的に学び始める。2017年2月よりエール株式会社に入社、同年10月に代表取締役に就任。社外人材によるオンライン1on1サービス「Yell」や、聴く力向上のためのオンライン研修「聴くトレ」の開発・販売に携わり、エールで提供するオンラインセッションは年間30,000件以上にのぼる。自社メンバーとの1on1は年間300回、「聴く」にまつわる講演や研修は年間50回以上行うなど、自身も日々「聴く」に向き合い続けている。慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員として「個人の幸せと組織の生産性の両立」についての研究も行う。

本書の要点

  • 要点
    1
    「聞く」と「聴く」にはさまざまな違いがある。「共感」を例にとると、「聞く」では、自分と同じ意見・考え方には共感ができるのに対し、「聴く」では、「あなたはそう思うのですね」と、自分とは異なる意見・考え方であっても共感的に関われる。
  • 要点
    2
    「聴く」とは、すべての言動の背景に「肯定的意図」があると信じて相手に関わるというあり方である。
  • 要点
    3
    聴く技術は「あり方×やり方」、聴く力は「聴く技術×コンディション」で構成される。
  • 要点
    4
    「聴く」と「伝える」の両立には、常に悩みが伴う。「相手」「自分」「関係性」をよく観察し、聴くと伝えるを選択していこう。

要約

「まず」「ちゃんと」「聴く」とはどういうことか

「聞く」と「聴く」の違い

本書のタイトル『まず、ちゃんと聴く。』には、「まず」「ちゃんと」「聴く」という3つの単語が含まれている。本書では、「聴く」について、「自分の解釈を入れることなく、意識的に耳を傾ける行為」と定義する。

一般的に「聴く」とは、「意識的に耳を傾ける行為」と定義されることが多い。著者は一般的な「聴く」を「自分の解釈が入るか、入らないか」でさらに分けると、より実用的な定義になると説く。

また、自身の解釈を入れる「聞く」と、入れない「聴く」にはさまざまな違いがある。

例えば「視点」が異なる。「聞く」では、同意・反対、または従う・従わないといった反応が主になる。一方「聴く」は、あくまで相手に寄り添う反応だ。評価や分析などから離れて、相手の話を受け取る。そのため、自分とは異なる意見を持つ相手にも共感的に関われるのが特徴だ。

「ちゃんと聴く」とはどういう態度か
MStudioImages/gettyimages

次に「ちゃんと」とはどういう状態なのか。学校で先生が「人の話はちゃんと聞きましょう」というときには、「黙って」「我慢して」「従う」という3つの要素が含まれている。

これに対し、著者は「相手の言動の背景には、肯定的意図があると信じている状態で聴く」態度が、「ちゃんと聴く」態度であると定義する。ここで登場した「肯定的意図」がキーワードである。

もっと見る
この続きを見るには...
残り4265/4841文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2024.02.01
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
緊張しても「うまく話せる人」と「話せない人」の習慣
緊張しても「うまく話せる人」と「話せない人」の習慣
丸山久美子
未読
ていねいな文章大全
ていねいな文章大全
石黒圭
未読
問うとはどういうことか
問うとはどういうことか
梶谷真司
未読
任せるコツ
任せるコツ
山本渉
未読
頭のいい人は「質問」で差をつける
頭のいい人は「質問」で差をつける
樋口裕一
未読
幸せなチームが結果を出す
幸せなチームが結果を出す
前野マドカ及川美紀
未読
降伏論
降伏論
高森勇旗
未読
精神科医が教える 幸せの授業
精神科医が教える 幸せの授業
樺沢紫苑
未読
法人導入をお考えのお客様