アオアシに学ぶ「考える葦」の育ち方

カオスな環境に強い「頭のよさ」とは
未読
アオアシに学ぶ「考える葦」の育ち方
アオアシに学ぶ「考える葦」の育ち方
カオスな環境に強い「頭のよさ」とは
未読
アオアシに学ぶ「考える葦」の育ち方
出版社
出版日
2022年06月04日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

人気サッカーマンガの『アオアシ』。愛媛のサッカー少年・青井葦人が名門サッカークラブ「エスペリオン」のユース監督に才能を見出され、切磋琢磨しながらプロを目指していく青春ストーリーである。アニメ化もされ、本作のファンだという方は多いだろう。

『アオアシ』のユニークな点は、主人公・アシトの「思考力(インテリジェンス)」を成長の軸にしているところだ。その名のとおり、アシトが「考える葦」に育っていく物語なのである。

本書では『アオアシ』を題材に、「自ら考えて動ける人材」になるための、ものの見方と考え方を説いている。著者は楽天大学学長で、『組織にいながら、自由に働く。』などの著書を持つ仲山進也氏だ。昨今はビジネスでも「自分の頭で考えて動く」ことや「自律的な人材」が求められるようになったが、「考えて動く」ことは意外と難しい。視野を広げる、判断する際の価値基準を持つなど、さまざまな「前提」が揃わないと真の意味で自律的な動きはできないからだ。

本書では「自ら考えて動く」ために必要な「思考のフレームワーク」を紹介し、マンガのワンシーンとリンクさせながら説明する。『アオアシ』を読んだことのない人でも理解できるよう、マンガのコマとともに丁寧な解説があるのもありがたい。

上司に「自分で考えて」と言われて途方にくれている人、部下の受け身な姿勢に悩む人、自らのビジネス力をブラッシュアップさせたい人。本書を開き、アシトと一緒に「考える葦」になるためのヒントをつかんでほしい。

ライター画像
木下隆志

著者

仲山進也(なかやま しんや)
仲山考材株式会社 代表取締役/楽天グループ株式会社楽天大学学長 慶應義塾大学法学部法律学科卒業。シャープ株式会社を経て、創業期(社員約20名)の楽天株式会社に入社。2000年に楽天市場出店者の学び合いの場「楽天大学」を設立、人にフォーカスした本質的・普遍的な商売のフレームワークを伝えつつ、出店者コミュニティの醸成を手がける。2004年には「ヴィッセル神戸」公式ネットショップを立ち上げ、ファンとの交流を促進するスタイルでグッズ売上げを倍増。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由の正社員)となり、2008年には自らの会社である仲山考材株式会社を設立、考える材料(考材)をつくってファシリテーションつきで提供している。2016~2017年にかけて「横浜F・マリノス」とプロ契約、コーチ向け・ジュニアユース向けの育成プログラムを実施。20年にわたって数万社の中小・ベンチャー企業を見続け支援しながら、消耗戦に陥らない経営、共創マーケティング、指示命令のない自律自走型の組織文化・チームづくり、長続きするコミュニティづくり、人が育ちやすい環境のつくり方、夢中で仕事を遊ぶような働き方を探求している。「子どもが憧れる、夢中で仕事をする大人」を増やすことがミッション。
「仕事を遊ぼう」がモットー。著書に『組織にいながら、自由に働く。』(日本能率協会マネジメントセンター)、『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則』(講談社)、『「組織のネコ」という働き方』(翔泳社)ほか多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    思考力のベースとなるのは「言語化」だ。「自分で考えて動ける人材」になるには、「観察→判断→実行」ループを回すことである。
  • 要点
    2
    観察力をつけるには、「視点」を獲得して使いこなす必要がある。視点を知らない、もしくは固定された状態にあると、同じものを見ていても違うものが見えてしまう。
  • 要点
    3
    判断は「価値基準×入力情報」と表せる。よい判断をするにはよい価値基準を持つ必要があるが、価値基準は常に自分で決められる。
  • 要点
    4
    テクニックの習得は、「仮説→試行→検証→規範化」を高速回転させることが肝となる。「検証」ではやったことをふりかえり、言語化することが大切だ。

要約

考えない葦

「自分で考えて動く」とは

田舎町の中学サッカー部でプレーをしている青井葦人(アシト)。ある日アシトはプロサッカークラブ「エスペリオン」のユース監督に見出され、ユースチームに入団する。しかし入団早々、ジュニアユースからの昇格組とのレベルの違いに圧倒されてしまう。

コーチはアシトの“致命的な欠陥”に気づき、「プロになれない」と告げる。その欠陥とは「思考力のなさ」。アシトは、「考えない葦」だったのである。

思考力のベースとなるのは「言語化」だ。ストーリーが進む中で、アシトは試行錯誤をしながら言語化力を磨き、自らの才能の活かし方を理解していく。アシトの気づきや成長していくプロセスは、良質な仕事のヒントになるはずだ。

次章より「思考のフレームワーク」の中心となる「観察→判断→実行」ループを、「自分で考えて動ける人材」の観点から解説する。

観察

知らないものは見えない
matimix/gettyimages

ある脳学者によると、脳は知識がないものについては認識ができないという。つまり「知らないものは見えない」のである。

アシトはユースチーム入団直後、紅白戦でチームメイトとプレーがかみ合わず、ジュニアユース出身の黒田選手からこう言われる。「パスからメッセージが伝わらないの? それ以前に、僕らのポジショニングやボールの運び方を見たら、意図くらい察知できるはずだ」。

黒田はじめ昇格組は「ポジショニング」「ボールの運び方」「パスのメッセージ」という共通の視点やセオリーを持っているが、部活上がりのアシトにはそれがない。そのため、黒田と同じ状況を見ているのに認識ができず、アシトは「何を言われているのかわからない」状態に陥ってしまう。

もっと見る
この続きを見るには...
残り2670/3363文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2024.06.14
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
タピオカ屋はどこへいったのか?
タピオカ屋はどこへいったのか?
菅原由一
未読
〈新版〉日本語の作文技術
〈新版〉日本語の作文技術
本多勝一
未読
夢を叶えるために脳はある
夢を叶えるために脳はある
池谷裕二
未読
トークの教室
トークの教室
藤井青銅
未読
仕事の成果が上がる「自分ごと化」の法則
仕事の成果が上がる「自分ごと化」の法則
千林紀子
未読
サイゼリヤの法則
サイゼリヤの法則
正垣泰彦
未読
図解 人的資本経営
図解 人的資本経営
岡田幸士
未読
怒りの扱い方大全
怒りの扱い方大全
戸田久実
未読
法人導入をお考えのお客様