経営者とは
稲盛和夫とその門下生たち

未 読
経営者とは
ジャンル
著者
日経トップリーダー編
出版社
日経BP社
定価
1,620円
出版日
2013年06月17日
評点(5点満点)
総合
4.2
明瞭性
5.0
革新性
3.0
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

稲盛氏の著書と言えば、その人生哲学を描いた「生き方」(サンマーク出版)が有名だが、本書は稲盛氏が塾長を務める「盛和塾」の塾生が稲盛氏の魅力について語っており、他者からみた稲盛和夫像が描かれている点がユニークだ。これまでの著書にはない、カッコいい稲盛氏が描かれており、他の書籍に比べて新鮮に映るだろう。盛和塾の内部についても、どんな内容なのか、そこではどんな金言を授かることが出来るのかが記されており、その仔細は非常に興味深い。

「経営とはどういうものか、これから見せてやる」

個人的にこの本のハイライトはなんといってもこのフレーズだ。とても齢80になろうという人が発した言葉とは思えないほど、自信に満ち溢れ、強いリーダーシップが感じられる一言だ。これは、JAL再建において稲盛氏が登板すると分かったとき、世間から懐疑的な目を向けられた際に、稲盛氏が盛和塾で学ぶ経営者に述べた言葉である。万一失敗したら晩節を汚しかねないし、塾長として8000人以上もいる門下生に顔向け出来なくなるにもかかわらず、稲盛氏はあえて宣言した。そして言葉通り見事にJALを短期間でV字回復させたのである。こんなにカッコいい経営者を、私は他に知らない。稲盛氏を慕って盛和塾に入門する経営者が多いのもうなずける。

稲盛氏はけして金のためにJALを再建したのではない。日本経済、JAL従業員、日本国民のために老体に鞭打って、その苦労役を買って出たのだ。その高潔な信念を学ぶべく、ぜひ本書を手に取っていただきたい。

苅田 明史

著者

日経トップリーダー
日経BP社が発行する、攻めるオーナー経営者のための月間経営誌。1984年に「日経ベンチャー」として創刊し、09年から現誌名。中堅・中小企業のオーナー経営者のために、リーダーとしての心構え、実力社長の生の声、失敗の本当の理由、不況期でも成長を続ける会社の秘密など、会社を強くするための情報を満載した「生きた教科書」。

本書の要点

  • 要点
    1
    盛和塾には、生きた経営を学ぼうと中小企業から大企業まで多くの経営者が入門している。稲盛氏がそこで説いているのは経営ノウハウではなく「経営者の心」である。
  • 要点
    2
    厳格な計数管理と深遠な理念の共有という、次元の異なる2つの経営の大命題を両立させるカギは、経営手法ではなく、経営者個人にある。まず経営者は、従業員を物心両面から幸せにすることを唯一の経営目的にし、従業員の物心両面の幸せを実現するために高い志を掲げ、必死に努力する。そして高い志を遂行するために、経営者が私利私欲を捨て、日々誰にも負けない努力をすれば、従業員がついてきてくれる。

要約

稲盛和夫は語る

盛和塾とは
Hemera/Thinkstock

盛和塾は、稲盛和夫氏(京セラ名誉会長、KDDI最高顧問、JAL名誉会長)が主宰する経営塾だ。1983年に発足し、多くの中小企業経営者がここで学んできた。特に、巨額の負債を抱えて経営破綻した航空会社、日本航空(JAL)を2年8か月の短期間で見事、再上場させた稲盛氏の手腕が改めて評価され、「稲盛経営」を学びたいという経営者が増えているという。

本書は3章構成になっており、1章は稲盛氏本人、2章はこの盛和塾生7人の話が登場する。それらを受けて、「経営者とは何か」について述べた3章に続く。この本がユニークなのは、「経営とは」ではなく「『経営者』とは」という命題を扱っている点だ。稲盛氏が説くリーダーシップ論は非常に哲学的だ。まずはその経営哲学について見ていきたい。

哲学的思考

稲盛氏は本書の中でまず、今の日本の低迷ぶりはリーダーに責任がある、と喝破する。

まずは哲学的思考。稲盛氏は幼少期に結核にかかり、大学受験では第1志望の大学に落ち、就職も思い通りにならなかった。しかしそうした過酷な環境を乗り越えるために自分自身を鍛えることができ、立派な哲学を身に付けることができたのだ。

稲盛氏よりも20歳年下の、今60歳くらいの世代の人になれば、青年時代はもっと社会が安定し、経済も良くなっているため、頭が良くて優秀であればいい大学に入れ、卒業後はいい会社に入れただろう。しかし苦難に遭遇していないため、確固とした素晴らしい人生観、価値観を持って「こういう生き方をすべきだよ」と部下に説ける人は皆無になってしまっているのではないか。

稲盛氏はこう結んでいる。「もし今、大変厳しい状況にあるのであれば、それを真正面から受け止めて、自分の成長を促していく大きな栄養剤だと思って、誰にも負けないほど必死に努力するべきだと思います。日本の経営者、特に大企業の経営者はこうした哲学的なものが欠落していることが、日本企業の停滞をもたらしている要因だ」と。

意志の欠落
Purestock/Thinkstock

もう一つ、経営者に足りないと稲盛氏が説いているのは「強い意志」だ。景気は良かったり悪かったりすることが普通なのに、メディアがつくるムードに影響を受けて、多くの経営者が「経済環境が良くない」と言い訳をしてしまっている。先が見えないなら見えなくても良い、なぜ今必死に頑張らないのか。

まずは社長が頑張る。もちろん一人ではやっていけないので、従業員が同じ気持ちになってくれるように仕向ける。これが特に中小企業において大事なことである。稲盛氏自身、京セラを設立した目的は当初は「稲盛和夫の技術を世に問うこと」であったが、それは従業員の喜びの後についてくるものだと思い直し、会社ができて3年目に「全従業員の物心両面の幸福を追求する」という企業理念を掲げたという。

これはJALの再建でも同じで、従業員が経営陣に対して疑心暗鬼になっていたところに、稲盛氏が「従業員を幸せにするため」に経営をすると宣言したおかげで、従業員が「JALは自分たちの会社だ」と思うようになり、必死に頑張るようになった。

JALの再建には不屈不撓の一心で、矢が降ろうとも何が降ろうとめげない、という強い意志を持って臨んだ。しかし、そういうものが大企業の経営者にはない、と稲盛氏は嘆く。不景気や技術力のなさを言い訳にして、歯を食いしばって必死にやるということを怠っていることこそが、今の日本の低迷ぶりを招いているのである。

【必読ポイント!】 門下生は語る

師曰く――「経営とはどういうものか、これから見せてやる」
plustwentyseven/Digital Vision/Thinkstock

第1章で稲盛氏が語った「経営者がどんな考え方、哲学を持たなくてはいけないか」を教えるための、経営者育成学校。それが盛和塾だ。第2章では、その盛和塾で門下生である経営者が、稲盛氏にどのような教えを授けられ、どのようにその経営手腕を昇華させていったかが描かれている。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
経営者とは
未 読
経営者とは
ジャンル
リーダーシップ・マネジメント 経営戦略
著者
日経トップリーダー編
出版社
日経BP社
定価
1,620円
出版日
2013年06月17日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

個を動かす
個を動かす
池田信太朗
未 読
リンク
荘司雅彦の法的仮説力養成講座
荘司雅彦の法的仮説力養成講座
荘司雅彦
未 読
リンク
発想をカタチにする技術
発想をカタチにする技術
吉田照幸
未 読
リンク
未来のスケッチ
未来のスケッチ
遠藤功
未 読
リンク
日本人へ リーダー篇
日本人へ リーダー篇
塩野七生
未 読
リンク
日本復興計画
日本復興計画
大前研一
未 読
リンク
日本型モノづくりの敗北
日本型モノづくりの敗北
湯之上隆
未 読
リンク
燃える闘魂
燃える闘魂
稲盛和夫
未 読
リンク
1
RPAの威力
RPAの威力
安部慶喜 金弘潤一郎
未 読
リンク
2
勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
3
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
オヤジが教えてくれるビジネスの極意『苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール』
オヤジが教えてくれるビジネスの極意『苦労して成功した中小企業のオヤジが新人のボクに教えてくれた 「上に立つ人」の仕事のルール』
2018.01.05 update
リンク
クラウドワークスが日本一のサービスになれた訳
クラウドワークスが日本一のサービスになれた訳
2015.12.25 update
リンク