ホメロス イリアス

未 読
ホメロス イリアス
ジャンル
著者
松平千秋(訳)
出版社
岩波書店
定価
1,037円
出版日
1992年09月16日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

ヨーロッパ文化の源流は大きく分けて、キリスト教文化とギリシア・ローマ文化の二つと考えられている。その、ギリシア・ローマ文化の端緒となっているのが、ホメロスによる『イリアス』『オデュッセイア』だ。ホメロスは西洋において万人必読の書といっても過言ではない。すなわち、他国文化への深い理解が当然の前提とされるグローバル・エリートを目指すには、やはり避けては通れない書目であるといえるだろう。

『イリアス』は、トロイア伝説を題材としており、トロイア戦争末期の数十日間のできごとが描かれる。トロイア軍(本書ではトロイエ)とギリシア連合軍(本書ではアカイア)、それぞれに肩入れする神々も入り乱れての戦争は、10年間にも及んだとされている。

本書の読みどころは、知略に長けたオデュッセウスや、トロイアの英雄ヘクトルら勇士たちの誇り高き戦いと死である。なかでも、物語の軸となるのは、神の血を引くギリシア随一の戦士、アキレウスだ。アガメムノンと仲たがいし、戦闘参加を拒否したアキレウスは、やがて思わぬ悲劇により戦場へ戻ることになる。『イリアス』はもともと口承で歌い継がれてきたものであるが、古代の人々は涙を流して聴き入ったことだろう。

とっつきにくさ、難しさを感じるという方にぜひお伝えしたいのは、『イリアス』が、三千年の時を越えて今も、さまざまな芸術に影響を与え続けているだけあって、非常な魅力にあふれた物語だということだ。ぜひ楽しんでみてほしい。

熊倉 沙希子

著者

ホメロス

紀元前8世紀ごろのギリシアの吟遊詩人と考えられている。小アジアのイオニア地方に生まれる。ヨーロッパ最古の叙事詩『イリアス』『オデュッセイア』の作者といわれる。

本書の要点

  • 要点
    1
    『イリアス』は、「イリオス(またはイリオン)の歌」という意味であり、そのボリュームは一万数千行にもなる。『オデュッセイア』と並ぶ、ヨーロッパ最古の大叙事詩。
  • 要点
    2
    アカイア連合軍の総大将アガメムノンは、神の怒りをなだめるため...
要約全文を読むには会員登録が必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ホメロス イリアス
未 読
ホメロス イリアス
ジャンル
グローバル 人文科学
著者
松平千秋(訳)
出版社
岩波書店
定価
1,037円
出版日
1992年09月16日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ガリア戦記
ガリア戦記
カエサル 近山金次(訳)
未 読
リンク
権力の終焉
権力の終焉
モイセス・ナイム 加藤万里子(訳)
未 読
リンク
ユートピア
ユートピア
トマス・モア 平井正穂(訳)
未 読
リンク
熱狂宣言
熱狂宣言
小松成美
未 読
リンク
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法
村田智明
未 読
リンク
コーオウンド・ビジネス
コーオウンド・ビジネス
細川あつし
未 読
リンク
経営者の心得
経営者の心得
新将命
未 読
リンク
「地球人財」がグローバル時代を勝ち抜く
「地球人財」がグローバル時代を勝ち抜く
一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(編)
未 読
リンク
1
考える力がつく本
考える力がつく本
池上彰
未 読
リンク
2
進化は万能である
進化は万能である
マット・リドレー 大田直子(訳) 鍛原多惠子(訳) 柴田裕之(訳) 吉田三知世(訳)
未 読
リンク
3
気づかれずに主導権をにぎる技術
気づかれずに主導権をにぎる技術
ロミオ・ロドリゲスJr.
未 読
リンク
AI後の未来、技術的失業の波があなたを襲う
AI後の未来、技術的失業の波があなたを襲う
2016.03.24 update
リンク
フライヤー会員なのに知らないとは言わせない! 超定番の自己啓発書 5選
フライヤー会員なのに知らないとは言わせない! 超定番の自己啓発書 5選
2016.05.26 update
リンク