熱狂宣言

未 読
熱狂宣言
ジャンル
著者
小松成美
出版社
幻冬舎
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2015年08月05日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
熱狂宣言
熱狂宣言
著者
小松成美
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
幻冬舎
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2015年08月05日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
レビュー

「熱狂こそ、生きる証。熱狂こそ、試練の答え。体の自由が奪われようとも、このクリアな思考回路がある限り、絶対に負けない」。

日本の外食業界の革命児として名高いダイヤモンドダイニングの創業社長、松村厚久氏(以下、松村)。学生時代に飲食業を天職と悟った彼は、ディスコの黒服、日焼けサロン経営を経て外食業界に参入した。前代未聞と言われる「100店舗100業態」を達成し、2015年7月には、東証一部上場を成し遂げる。「フード界のファンタジスタ」「食とエンターテインメントを融合させた天才」「レストラン業界のタブーに挑んだ男」と称賛される一方で、異彩を放つ経営方針などから、「異端児」「無計画経営者」「ビックマウス」と批判されることもしばしばだ。

しかし松村は、そんな外野の声をものともせず、圧倒的な情熱と才気で革新を続けてきた。そんな彼が闘っていたのが、「若年性パーキンソン病」という過酷な病であった。衝撃の告白から始まる本書は、松村の起業の経緯や、過酷な運命によって駆り立てられる彼の生き様が克明に描かれたノンフィクションである。

何度も壁にぶつかりながらも、不屈の精神で道を切り開いてきた松村の生き方に、たちまち魅了され、本書を読み終える頃には、その情熱に感化されていることだろう。経営者はもちろん、現状を打破したいと考えるすべてのビジネスパーソンにおすすめしたい一冊である。

松尾美里

著者

小松 成美
1962年横浜市生まれ。広告代理店勤務などを経て89年より執筆を開始。主題は多岐にわたり、人物ルポルタージュ、ノンフィクション、インタビュー等の作品を発表。著書に『中田英寿 鼓動』『中田英寿 誇り』『YOSHIKI/佳樹』『勘三郎、荒ぶる』『横綱白鵬 試練の山を越えてはるかなる頂へ』『仁左衛門恋し』『全身女優 私たちの森光子』などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    「レストラン業界のタブーに挑み勝利した男」と称賛される、ダイヤモンドダイニング創業社長の松村は、異なるコンセプトを持った店を100個つくるという偉業を成し遂げた。しかし彼は、パーキンソン病との壮絶な闘いの最中にあった。
  • 要点
    2
    松村は、第一号店オープン直前にシェフが失踪するなどの困難を乗り越え、続々と出店に成功した。素晴らしいアイデアの実現を優先する彼の発想が、社員の創造性をかきたてていった。彼は病気と闘いながらも、外食産業の地位向上をめざして挑戦を続けている。

要約

レストラン業界のタブーに挑み続ける男

若年性パーキンソン病の告白

「私は若年性パーキンソン病です」。ダイヤモンドダイニングの創業社長、松村は、本書を書くことになるノンフィクション作家の小松に、涙を拭いながら告げた。これまで彼は社員や友人にも病気のことを明かさなかった。若年性パーキンソン病は稀少な難病で、現在は完治のための治療法もない。いくら脳がクリアに働いていても、体が動かなかったり、声が出なかったりという症状に苦しむことも多い。また、外食上場企業の代表という立場上、深刻な風評も免れない。何よりも、「可哀そう」と思われたくないという思いが松村の心を占めていた。

しかし、彼は絶望の直前で、これまでにない闘争心に突き動かされた。「この病気は自分の運命だったのだ。ダイヤモンドダイニングを前人未到の業績を刻む企業にしてみせる。そう本気で思えるんです」。

外食産業での挑戦
©iStock.com/IPGGutenbergUKLtd

松村の外食産業における評判は凄まじい。「レストラン業界のタブーに挑み勝利した男」と称賛される一方で、「無計画経営者」と揶揄されることも多々ある。

高知から上京した松村は、大学時代に「サイゼリヤ」でアルバイトをしたのを機に、外食・サービス業を志したという。大学卒業後は当時有名ディスコを運営していた日拓エンタープライズに入社し、「黒服四天王」の異名をとった。6年後、日焼けサロンチェーンを展開し、2001年に飲食業に参入した。銀座にオープンした「ヴァンパイアカフェ」は空前の大ヒットとなる。独自の「マルチコンセプト戦略」を掲げ、2010年10月には「100店舗100業態」を見事、達成した。

この偉業を成し遂げる間、松村は2006年に発覚したパーキンソン病との壮絶な闘いの最中にあった。彼の野心は、病状の進行とともに、かえって燃え盛っていった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
熱狂宣言
熱狂宣言
著者
小松成美
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
幻冬舎
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2015年08月05日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
3.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
熱狂宣言
未 読
熱狂宣言
ジャンル
スキルアップ・キャリア リーダーシップ・マネジメント 産業・業界
著者
小松成美
出版社
幻冬舎
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2015年08月05日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

人生の授業
人生の授業
木村達哉
未 読
リンク
情熱の仕事学 
情熱の仕事学 
成毛眞
未 読
リンク
権力の終焉
権力の終焉
モイセス・ナイム 加藤万里子(訳)
未 読
リンク
ブランド・ジーン 繁盛をもたらす遺伝子
ブランド・ジーン 繁盛をもたらす遺伝子
阪本啓一
未 読
リンク
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと
山口揚平
未 読
リンク
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法
問題解決に効く「行為のデザイン」思考法
村田智明
未 読
リンク
ホメロス イリアス
ホメロス イリアス
松平千秋(訳)
未 読
リンク
コーオウンド・ビジネス
コーオウンド・ビジネス
細川あつし
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
フライヤー編集部が選ぶ、2019年最高の一冊!
2020.01.22 update
リンク
『僕たちはヒーローになれなかった。』
『僕たちはヒーローになれなかった。』
2020.01.21 update
リンク
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
今年こそやってみたいこと、ありませんか?
2020.01.20 update
リンク
資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
SELFISH(セルフィッシュ)
SELFISH(セルフィッシュ)
トマス・J・レナード
未 読
リンク
2
アート思考
アート思考
秋元雄史
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
戦略的コミュニケーションのススメ 「他人」と「自分」を考える5冊
戦略的コミュニケーションのススメ 「他人」と「自分」を考える5冊
2018.09.15 update
リンク
北洋建設社長はなぜ、元受刑者雇用に人生を懸けるのか?
北洋建設社長はなぜ、元受刑者雇用に人生を懸けるのか?
2019.07.22 update
リンク