トヨタの段取り

未読
日本語
トヨタの段取り
トヨタの段取り
未読
日本語
トヨタの段取り
出版社
KADOKAWA
定価
1,540円(税込)
出版日
2015年10月10日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

我が国の人口減少は避けられず、労働力不足も深刻化する一方である。こうした状況下で産業を発展させていくためには、仕事の生産性の向上が不可欠である。そこで、高い生産性を誇るトヨタの「段取り」に目を向けてみるとどうだろうか。「トヨタ生産方式」と呼ばれる現場の生産システムは、国内のみならず海外でも評価が高い。

本書は、そのトヨタの仕事術をまとめた『トヨタシリーズ』の最新作で、生産性(業務効率)を上げ、高い成果を出すためのビジネスツールである「段取り」についてまとめられた一冊である。トヨタの特徴でもあり、「必要なものを、必要なときに、必要なだけつくる」という「ジャスト・イン・タイム」のベースにもなっている「段取り力」とは何なのか。「7つのムダを取り除く」「段取りの質を上げる」など、トヨタがゆるぎない地位を築いてきた秘訣を、生産性向上のトレーナーとして活躍するベテランのトヨタOBたちが詳しく解説する。

本書に登場する「段取り」は、製造業の生産現場だけでなく、オフィスワーカーの業務にも応用できる優れものである。どんな業種、職種であれ、日々の業務を見直し、生産性を上げるために役立つヒントが満載だ。ただ仕事を効率よく終わらせるだけでなく、付加価値の高い成果を出すためのビジネスツールである「トヨタの段取り」を学び、ぜひ自身の仕事や働き方を一つ上のレベルへと向上させたい。

ライター画像
山下あすみ

著者

(株)OJTソリューションズ
2002年4月、トヨタ自動車とリクルートグループによって設立されたコンサルティング会社。トヨタ在籍40年以上のベテラン技術者が「トレーナー」となり、トヨタ時代の豊富な現場経験を活かしたOJT(On the Job Training)により、現場のコア人材を育て、変化に強い現場づくり、儲かる会社づくりを支援する。
本社は愛知県名古屋市。60人以上の元トヨタの「トレーナー」が所属し、製造業界・食品業界・医薬品業界・金融業界・自治体など、さまざまな業種の顧客企業にサービスを提供している。
主な書籍に20万部のベストセラー『トヨタの片づけ』をはじめ、『トヨタ仕事の基本大全』『トヨタの問題解決』『トヨタの育て方』『{{図解トヨタの片づけ』『トヨタの上司』、文庫版の『トヨタの口ぐせ』(すべてKADOKAWA)などシリーズ累計60万部を超える。

本書の要点

  • 要点
    1
    段取りを常に見直して継続的に「ムダ」を取り除くことで、生産性を向上させるだけでなく、仕事の付加価値を高め、問題点を見つけて仕事の質を高めることができる。
  • 要点
    2
    トヨタでは、段取りを「ムダ取り」と位置づけ、「加工のムダ」「在庫のムダ」「動作のムダ」などの7種類のムダを取り除いてきた。
  • 要点
    3
    段取りの質を上げるためには、作業時間を短縮し、トラブルの未然防止に努め、そのノウハウを横展開することが重要である。

要約

【必読ポイント!】 仕事の成果は「段取り」で決まる

段取りは「How」ではなく「Why」

多くの人は段取りを考えるときに、まず「How」(どうやるか)を優先しがちだ。しかし、その前に「Why」(なぜやるか、目的)に注目すべきである。その目的に沿って、「どうやるか」を決めるのが本来のあるべき手順である。目的を明確にしておかないと、段取り通りに作業が進んでも、期待していた成果が得られないことがある。

段取りをうまく進めるためには、先を見通す力が必要で、経験値がものをいうと思われている。しかし、まずは目的を確認し、それに沿って「いつ、どこで、誰が、何を、どうやるか」といった5W1Hをきちんと押さえることで、経験値の少ない若手でも、突発の事態に備えつつ、様々なケースに対応することができるようになる。

段取りは「ムダ取り」

自分の仕事を振り返ったとき、どの作業が付加価値を生んでいるのかを認識しているだろうか。

トヨタでは付加価値の源泉となる作業を「主作業」、付加価値は生まないが現時点では必要な作業を「付随作業」と呼んでいる。例えば、営業の仕事ならお客さまとの商談が主作業、アポイント取りや資料の作成などが付随作業である。トヨタでは、付随作業の時間を極力短くし、主作業の割合を高めることで生産性向上を可能にしてきた。

なお、付加価値に全く貢献しない作業は、即刻なくすよう努めるべきである。段取りは「ムダ取り」といっても過言ではない。まずは、日々の業務に費やす時間を主作業、付随作業、ムダの3つに分類することが重要である。

ギリギリまで着手しない
Peter Dressel/Blend Images/Thinkstock

段取り上手な人は、仕事に着手するのが早い、というイメージを持たれがちだ。しかし、本当に成果を出す人は、デッドラインが決まったら「いかに締め切りに近いタイミングで着手するか」を考えて段取りを組む。作業のリードタイム(所要時間)を把握し、ギリギリまで着手を待つことで、最新の情報を取り込み、品質を上げることができるからである。また、仕事に着手するのが早すぎると、途中で仕様変更が起こり、結局仕事が増えることになってしまう。

自動車の製造においては、企画から販売までに数年間の時間を要する。市場のニーズを取り込み、短期間で市場に商品を送り出すことが重要であるため、全体のリードタイムをいかに縮められるかがカギとなる。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
強いカラダ・ココロ・アタマをつくる はたらく人のコンディショニング事典
強いカラダ・ココロ・アタマをつくる はたらく人のコンディショニング事典
岩崎一郎松村和夏渡部卓(監修)
未読
上司力20
上司力20
江口克彦
未読
無印良品が、世界でも勝てる理由
無印良品が、世界でも勝てる理由
松井忠三
未読
頭は「本の読み方」で磨かれる
頭は「本の読み方」で磨かれる
茂木健一郎
未読
外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術
山口周
未読
いつも余裕で結果を出す人の複線思考術
いつも余裕で結果を出す人の複線思考術
齋藤孝
未読
イノベーション・ファシリテーター
イノベーション・ファシリテーター
野村恭彦
未読
ケインズ 投資の教訓
ケインズ 投資の教訓
ジョン・F・ワシック町田敦夫(訳)
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様