いつも余裕で結果を出す人の複線思考術

未読
日本語
いつも余裕で結果を出す人の複線思考術
いつも余裕で結果を出す人の複線思考術
著者
未読
日本語
いつも余裕で結果を出す人の複線思考術
著者
出版社
講談社
定価
1,650円(税込)
出版日
2015年11月24日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

忙しいのに結果が出ない人と、いつも余裕で結果を出す人。本書によると、その違いが「複線思考」という頭の使い方に起因するという。

複線思考とは、現実の認識に対して「別の視点」を同時並行的に持ち、複数の思考を行うことである。頭の中に二本以上の線路が敷かれ、列車が並走しているようなイメージだ。複線思考ができる人は、頭の中に複数の選択肢があり、どれが効率的なのかを瞬時に判断し、要所を直感的につかんで、処理にかけるエネルギーを上手に配分する。「これしかない」と追いつめられた気持ちで仕事をするのではなく、複数の選択肢を検討することで、心に余裕が生まれるのだという。人間は、一つの見方に縛られていては効率的な考え方ができない。自己と他者、主観と客観、部分と全体、直感と論理、現実と問いといった、二つの路線を自覚的に使い分けることを、著者は提唱する。

複線思考ができれば、客観的な判断力が身につき、対人関係も強くなり、ストレスが減っていくという。本書では、そんな良いことずくめの思考法を、世阿弥や宮本武蔵といった歴史上の人物から、錦織圭やマツコ・デラックスなどの著名人まで幅広い事例もまじえて紹介していく。著者の守備範囲の広さや教養の深さも垣間見られ、夢中で読めてしまうだろう。

自分の感情をうまくコントロールして、良いパフォーマンスや人間関係を保ちたい。そんな願いをかなえてくれる魔法の一冊をぜひ紐解いてほしい。

ライター画像
松尾美里

著者

齋藤 孝(さいとう・たかし)
明治大学文学部教授。1960年、静岡県に生まれる。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、現職。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。テレビ、ラジオ、講演等多方面で活躍。
著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社文庫、毎日出版文化賞特別賞受賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞受賞)、『雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール』(ダイヤモンド社)、『小学生のための論語』(PHP研究所)、『余計な一言』(新潮新書)、『大人のための読書の全技術』(KADOKAWA)、『齋藤ゼミ 「才能」に気づく19の自己分析』(講談社)など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    複数の思考を同時並行で走らせる複線思考を身につけることで、仕事の生産性を高め、良好な人間関係を築くことができる。
  • 要点
    2
    複線思考は、他者への理解力・自分を客観的に見る力・全体を俯瞰する力・直感と論理を合わせた判断力・思い込みにとらわれない発想力の5つから構成されている。
  • 要点
    3
    自己を客観視する「メタ意識」を持って感情を整理することで、気分をコントロールすることができるようになる。
  • 要点
    4
    部分と全体の両方の視点を持つことで、より広い視野で物事を捉え、思考を深めることができる。

要約

単線思考と複線思考

複線思考の5つの力

複線思考とは、現実の認識に対して、「別の視点」を持ち、複数の思考を同時並行で走らせる状態である。

著者は、対話の最中に相手の質問に答えながら、次に話すべき内容をメモしながら話しているという。これは典型的な複線思考であり、「相手の話を聞く」ことと「次の質問を準備する」ことを同時に行っているのだ。

複線思考は次の5つの力から成る。1つ目は、相手の立場になる「他者視点」を持って、相手の気持ちを汲み取り、深い人間関係を築いていく力である。2つ目は、もう一人の自分が自分を客観的に見ることで、感情をコントロールし、コンディションを整える力である。3つ目は、全体を俯瞰し、「全体」と「部分」の視点を使い分けながら、状況に応じて柔軟に対処する力だ。4つ目は、直感の正しさを論理的に説明でき、瞬時に正しい判断ができる力である。そして5つ目は、思い込みにとらわれず、常識を覆す発想をする力である。

複線思考は、意識的な訓練によって、誰でも身につけていくことができる。本書では、複線思考によって仕事のスキルをアップさせる方法や、良好な人間関係を築く方法を多角的に紹介していく。

余裕を生み出す複線思考
shironosov/iStock/Thinkstock

現代は、スピードが重視され、細切れの情報ばかりがメディアで発信されて、現実の認識のみに注意を向ける「単線思考」に陥りやすい時代だといえる。SNSでのコミュニケーションは、単線思考をさらに助長している。同質性の高い人と、同じレベルの会話を続けているにすぎないからだ。このままでは、自分の思考を広げてくれる深い次元のものとの接触が減って、複雑な文脈をとらえる力が衰えるだけでなく、人としての厚みがなくなってしまう。また、想定外を前提にした選択肢をとれないというのも、単線思考の弊害である。

一方、複数の視点を同時並行的に持ち、複数のモードを自在に切り替える複線思考を身につければ、仕事への集中力が高まり、生産性向上につながる。また、望む結果にたどり着くまでのルートをいくつも用意できるので、状況に合った最適なルートを見つけることができる。こうして醸し出される「余裕感」は、周囲の人に「気楽に付き合えそうだ」という印象を与え、仕事が舞い込んできやすくなるのだ。

自己視点と他者視点を両立させる複線思考

消費者の視点で「他者実現」をめざす

複線思考ができる人は、自分

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.本文およびデータ等の著作権を含む知的所有権は齋藤 孝、株式会社フライヤーに帰属し、事前に齋藤 孝、株式会社フライヤーへの書面による承諾を得ること なく本資料の活用、およびその複製物に修正・加工することは堅く禁じられています。また、 本資料およびその複製物を送信、複製および配布・譲渡することは堅く禁じられています。
一緒に読まれている要約
あれか、これか
あれか、これか
野口真人
未読
「感動」ビジネスの方程式―「おもてなし」を凌駕する驚異の手法
「感動」ビジネスの方程式―「おもてなし」を凌駕する驚異の手法
杉元崇将
未読
「やさしさ」という技術
「やさしさ」という技術
ステファン・アインホルン池上明子(訳)
未読
ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業
ハーバード あなたを成長させるフィードバックの授業
花塚恵(訳)ダグラス・ストーンシーラ・ヒーン
未読
ビジネスマンのお腹が凹むのはどっち?
ビジネスマンのお腹が凹むのはどっち?
秋津壽男
未読
分類脳で地アタマが良くなる
分類脳で地アタマが良くなる
石黒謙吾
未読
貧乏人の経済学
貧乏人の経済学
山形浩生(訳)アビジット・V・バナジーエスター・デュフロ
未読
マインドフル・リーダーシップ
マインドフル・リーダーシップ
田口力
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様