USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
成功を引き寄せるマーケティング入門

未 読
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
ジャンル
著者
森岡毅
出版社
KADOKAWA/角川書店 出版社ページへ
定価
1,512円
出版日
2016年04月23日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
成功を引き寄せるマーケティング入門
著者
森岡毅
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
KADOKAWA/角川書店 出版社ページへ
定価
1,512円
出版日
2016年04月23日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

本書の目的は、マーケターではない人に向けて「マーケティング思考」を伝えることである。ビジネスで成功するための近道は、「マーケティング」を知ることである。なぜなら、マーケティングは、どんなに経営危機に落ち込んでいたとしても、ビジネスを劇的に変え成功に導くことができる職能だからである。

P&Gでマーケターとしてのキャリアを始め、現USJのマーケティング最高責任者で赤字だったUSJをV字回復させた著者が、実体験から学んだマーケティング成功の秘訣を披露している。

本書内では、マーケティングの基本である「戦略的思考」と「マーケティング・フレームワーク」を中心に、マーケティングの役割と考え方が詳細に説明されている。他のマーケティング関連書籍とは違い平易な言葉や図を用いて書かれており、本書で説明したマーケティングを読者自身の生活の中でどのように活かすかまでのアクションプランも提案されている。

もしあなたがマーケティングに直接携わっていなかったとしても、達成したい事やターゲット消費者を「上司」や「恋人」などに置き換えて考えれば、この本で説明されているマーケティングの考え方があらゆる状況において役立つに違いない。個人も、企業も、ビジネスで成功する近道は「マーケティング」を知り、活用することである。

山下 あすみ

著者

森岡 毅(もりおか つよし)
1972年生まれ、兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。96年、P&G入社。日本ヴィダルサスーンのブランドマネージャー、P&G世界本社(米国シンシナティ)で北米パンテーンのブランドマネージャー、ウエラジャパン副代表などを歴任。2010年にユー・エス・ジェイ入社。
革新的なアイデアを次々投入し、窮地にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させる。12年より同社チーフ・マーケティング・オフィサー、執行役員、マーケティング本部長。著書に『USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?』(角川文庫)、『確率思考の戦略論』(株式会社KADOKAWA)。

本書の要点

  • 要点
    1
    マーケティングとは売り上げを伸ばすための会社の「頭脳」であり「心臓」である。消費者理解の専門家として、消費者価値の最大化を目指し、組織の中で主体的に行動するべきである。
  • 要点
    2
    マーケティングとは「売れる仕組みを作ること」である。「消費者の頭の中」、「店頭」、「商品の使用体験」、をコントロールすることで、仕組み化することができる。
  • 要点
    3
    これからの時代を生き抜く企業には、「技術力」と「マーケティング力」の両方が必要である。マーケティングを重視し、技術力を活用する方策を練ることが求められる。

要約

成功の秘密はマーケティング

マーケティングの役割
g-stockstudio/iStock/Thinkstock

企業がマーケティングに期待する役割とは、売上を伸ばすことである。しかしマーケティング部門だけで売上を伸ばすことができるわけではない。マーケティング部門が考えた、売上を伸ばす策を実行するのは企業全体、全ての従業員である。つまり、マーケティングとは企業の「頭脳」であると同時に、多くの部署を動かす「心臓」の役割も担うのである。

企業の進むべき方向性を見極める頭脳としての「マーケター」が最初にすべき重要な役割がある。それはビジネスを好転させるための衝くべき焦点、即ち「着眼点」を見極めることだ。企業として頑張るべき焦点、つまり、「どこで戦うか」を正しく設定し、そこに会社の努力を集中させ、正しい方向へ皆を引っ張っていくことが「マーケティングの使命」である。

マーケターは消費者視点を貫く

著者がユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)に入社した2010年以降、USJは集客を600万人以上積み上げ、売上を倍以上に、利益は数倍の伸長を遂げた。V字回復を果たしたのである。

このV字回復を達成するための原動力は、1つの点に集約されるという。それは、USJが「消費者視点」の企業に変わったことである。消費者視点とは、「消費者の方を向いて消費者のために働け」という考え方のことで、「どれだけの消費者価値につながるのか」の1点に尽きる。

「消費者の方を向いて働く」は、考えれば当たり前のことである。しかし企業単位では「消費者視点」で一致団結することは困難だと著者は考える。企業のような多くの人が集まる集団では、企業の利害と個人の利害は必ずしも一致しないからである。企業内には各部門の様々な利害のベクトルが縦横無尽に存在する。そしてその調整を図ると、「消費者にとってベスト」からどんどん離れていくことになる。いわゆる「落としどころ」は、ほとんどの場合で消費者にとって最適ではないのである。

マーケターは企業の中で消費者理解の専門家として各部門のしがらみの間に立つことが求められる。消費者価値を最大化できるように、しがらみの中でもリーダーシップを発揮し周囲を説得して、実現に向けて人を動かすことが重要となる。

日本企業はマーケティングができていない

日本企業のマーケティングとは
jacquesdurocher/iStock/Thinkstock

日本の多くの製造業が不振に陥っている。これは長年技術力に依存し、マーケティングを軽視したのが原因ではないかと、著者は考えている。欧米の企業ではマーケティング出身者が社長になっているケースが非常に多いが、日本の企業では、ほとんど目にすることがない。そもそも日本企業の多くのマーケティング部は機能していない現実がある。たとえば、大企業のTVCMでも、「自社のビジネスを伸ばす」という目的を達成しているものは数少ない。

マーケティングは巨大な自由主義経済市場のアメリカで、企業が生き残るための消費者最適を担保する知恵を体系立てたものだ。アメリカの自由主義経済によって育てられた、実戦学と言える。日本でマーケティングの発達が遅れた理由は、日本独自の環境が原因である。規制による競争阻害、マーケティングを行う人材を集める障害となる、終身雇用と年功序列制。そして企業の「良い製品を作れば売れる」という技術志向の考えが根強かったことがあげられる。

「技術」と「マーケティング」の関係

日本の市場は成熟し、少子高齢化により縮小することが見込まれる。そのため、日本の大企業は海外で戦う必要に迫られている。世界のビジネスでは自由競争を避けることはできない。「良い製品を作れば売れる」の時代は終わり、「売れたものが良いもの」という時代が到来した。これからの時代を生き抜くのは、マーケティングを重視して、技術力を活用する企業である。

現代は、優れた技術力があっても、競争優位や市場創出を実現できる技術革新が頻繁に起こらない時代となっている。またマーケティング力がないと、技術力を発揮する方向性を定めることが難しい。逆に「売る種」となる技術力が全く無いのに、売り方のアイデアや工夫だけでは、継続してビジネスを行うことは困難である。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
成功を引き寄せるマーケティング入門
著者
森岡毅
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
KADOKAWA/角川書店 出版社ページへ
定価
1,512円
出版日
2016年04月23日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
未 読
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方
ジャンル
スキルアップ・キャリア リーダーシップ・マネジメント 経営戦略 マーケティング
著者
森岡毅
出版社
KADOKAWA/角川書店 出版社ページへ
定価
1,512円
出版日
2016年04月23日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

やり直し・差し戻しをなくす できる人の準備力
やり直し・差し戻しをなくす できる人の準備力
上阪徹
未 読
リンク
リーダーのための行動分析学入門
リーダーのための行動分析学入門
島宗理
未 読
リンク
ハーバードの人生が変わる東洋哲学
ハーバードの人生が変わる東洋哲学
マイケル・ピュエット クリスティーン・グロス=ロー 熊谷淳子(訳)
未 読
リンク
ORIGINALS
ORIGINALS
アダム・グラント 楠木建(監訳)
未 読
リンク
最後までやりきる力
最後までやりきる力
スティーヴ・レヴィンソン クリス・クーパー 門脇弘典(訳)
未 読
リンク
生き方
生き方
稲盛和夫
未 読
リンク
誰とでも10秒でうちとける 話し方教室
誰とでも10秒でうちとける 話し方教室
大畠常靖
未 読
リンク
仕事の結果は「はじめる前」に決まっている
仕事の結果は「はじめる前」に決まっている
大嶋祥誉
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ビジネスの名著を読み直す
ビジネスの名著を読み直す
2019.08.19 update
リンク
『裏・読書 』
『裏・読書 』
2019.08.16 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【マーケティング関連企業編】
2019.08.13 update
リンク
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』
2019.08.08 update
リンク

Interview
インタビュー

脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
【これからの本屋さん】 「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク
無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
【インタビュー】 無意識の偏見「アンコンシャス・バイアス」に気づくには?
2019.07.24 update
リンク
1
学び効率が最大化する インプット大全
学び効率が最大化する インプット大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
2
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
3
共感SNS
共感SNS
ゆうこす
未 読
リンク
出版社のイチオシ#011
出版社のイチオシ#011
2019.03.08 update
リンク
一生折れない自信は「思い込み」でつくれる
一生折れない自信は「思い込み」でつくれる
2017.03.30 update
リンク