超チーム力
会社が変わる シリコンバレー式組織の科学

未 読
超チーム力
ジャンル
著者
リッチ・カールガード マイケル・S・マローン 濱野大道(訳)
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン 出版社ページへ
定価
1,700円 (税抜)
出版日
2016年04月30日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
超チーム力
超チーム力
会社が変わる シリコンバレー式組織の科学
著者
リッチ・カールガード マイケル・S・マローン 濱野大道(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン 出版社ページへ
定価
1,700円 (税抜)
出版日
2016年04月30日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

強い組織をつくるために、優秀なチームの存在は必要不可欠だ。スタートアップ企業であっても大企業であっても、あるいはスポーツや芸術の世界であっても、それは変わらないだろう。普通のチームと革新的なチームの違いはどこからくるのか――本書はさまざまなケーススタディをもとに、人類学、社会学、神経科学、認知科学における最新の研究と照らし合わせながら検証していく。

チームは人間の私生活や社会生活の大部分に関わっている。それにもかかわらず、私たちがチームについて深く考えることはほとんどない。しかし考えてみれば、これは奇妙な話だ。リスクを避けるためには、運や偶然の出来事、環境だけにチームづくりを任せてしまうのはそろそろ止めて、戦略的にチームづくりを行わなければならない。

チームを結成させうまく管理するためには、そのタスクを担当するチームにふさわしい人数を含め、どのようなタイプのチームが良いか、チームリーダーは何人が望ましいかなど、あらゆることを熟慮する必要がある。目まぐるしく変化する市場の中で、現状を打開し目標を成し遂げるための「超チーム力」を身につけたいのであれば、まずは本書を開いてみてはいかがだろうか。

下良果林

著者

リッチ・カールガード (Rich Karlgaard)
≪フォーブス≫誌の発行人。イノベーションやリーダーシップをテーマとした数々の記事で人気を博すコラムニストでもあり、シリコンバレーの起業家としての顔も持つ。邦訳に『グレートカンパニー――優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件』(ダイヤモンド社)。

マイケル・S・マローン (Michael S. Malone)
ピュリッツァー賞候補に二度のぼったシリコンバレーを知り尽くすジャーナリスト。オックスフォード大学経営大学院のアソシエイトフェローでもある。邦訳に『インテル 世界で最も重要な会社の産業史』(文藝春秋)、共著『シンギュラリティ大学が教える飛躍する方法』(日経BP)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    相性や直感だけを頼りにペアを組ませるのは危険だ。まずは、何が求められている場面なのかを見極めなければならない。
  • 要点
    2
    現代のいかなる組織のなかにも、その中心には7±2人からなるチームが必ず存在し、重要な役割を担っている。
  • 要点
    3
    (1)真の多様性に注目し、(2)スムーズに意思疎通ができる環境を整え、(3)取り組むべきタスクに見合うサイズのチームを見定め、(4)管理者をできるだけ少ない人数にとどめる。これが、そのチームを成功に導く秘訣だ。

要約

人はなぜチームを組むのか

成功のカギは「超チーム力」
Rawpixel Ltd/iStock/Thinkstock

テクノロジーが発展した今日において、急激な変化は別段珍しいものではない。しかしこの変化の実態について、我々がその仕組みを十分に理解できているとはかぎらない。猛烈な勢いで移り変わる現実でうまくやりつづけるのは、私たちの想像をはるかに超えるほどに難しい。

そのような中で成功しつづけていくためには、どんな事態にも臨機応変に対処する能力が必要不可欠だ。そしてそれを可能にするのは、高度に最適化されたチーム、すなわち「超チーム力」である。どんな変化にも素早く対応し、事業を成功に導けるかどうか。そのカギを握るのは規模でもテクノロジーでもなく、そこに携わる人々そのものだ。

実際、人類の歴史は、マルコ・ポーロの東洋への冒険やコルテスのアステカ王国征服など、危機的な状況から脱し大勝利を収めた「機動的なチーム」の物語にあふれている。こうした物語から導き出されるのは、ある特定のチーム構造こそが、根本的な強度と安定性を集団に与える、ということだ。チームが安定しているからこそ、人々はある共通の目的のもとに行動できるし、当初の設定とは違う方向に動くよう求められても、うまく対応できるのである。

人間の繁栄にチームあり

ある考古学の研究によると、最も初期のヒト属動物は、集団で狩猟し生活していたという。また、今から6000年ほど前の世界最古の古代都市バビロンでも、分業化はすでにおこなわれていた。

ここで注目したいのは、それだけの月日を経てもなお、この分業制度が廃れていないことである。このことから、人間はひとりでは成功を収めることは難しく、何らかの組織的な枠組のなかで活動することが繁栄に結びついたのだといえる。

21世紀における最先端の脳科学研究も、人間には生まれながらにして協力する習性があることを明らかにしている。人間の脳は、共同作業に従事すべく、他者の考え方や感情にうまく対応できるよう進化してきた。その証拠に、良好な人間関係は私たちの健康維持に有利に働くようになっているし、逆もまた然りだ。

「違い」がチームにもたらすもの
Rawpixel/Stock/Thinkstock

人は皆、異なる考えを持っている。だが、そんなこと当たり前のことだと誰もが認識しているにもかかわらず、チームを組む際にこの事実を考慮する人は極めて少ない。

2001年に心理学者のリチャード・ニスベットと増田貴彦は、アメリカ人と日本人の学生を被験者とし、水中の様子を描いた20秒のアニメーションを見せた。鑑賞後、映像について説明を求めると、アメリカ人は全面を泳ぐ魚などの生物について回答する傾向が高かったのに対し、日本人は石や水槽といった背景の要素にも注目する傾向にあるということがわかった。このように、文化的な視点が異なるメンバーからなるチームの場合、それぞれの認知能力の違いに注意を払う必要がある。逆に言うと、このことを踏まえて集団を管理できれば、こうした多様性が、チームにとって唯一無二の強さの素となる。

多様性のあるチームには、イノベーションを起こすために不可欠な、幅広く柔軟な問題解決能力と批判的思考が備わっている。日産デザインインターナショナルの社長ジェリー・ハーシュベルグが、自由な発想の持ち主と分析的なデザイナーをペアにしているのはその好例である。あえて異なるタイプの人間を組み合わせることで、多様性や緊張感が育まれ、それが最終的には革新的なものを作り出す原動力となるのだ。

ペアをマネジメントする

チームの基礎となるのはペア

ペアは人間のチームにおける最も基礎的なかたちだ。人間はチームを作ろうとするとき、普通まずはペアが形成され、それが合体してより大きな集団に成長する。

ただ、一言でペアといっても、その実態は多種多様だ。並外れた2人が組むことで素晴らしい業績につながったペアの代表例としては、アップル設立時のスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックが挙げられるだろう。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

戦略を形にする思考術
戦略を形にする思考術
ロバートラスムセン 蓮沼孝(編著) 石原正雄(編著)
未 読
リンク
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
在日中国人33人のそれでも私たちが日本を好きな理由
趙海成 小林さゆり(訳)
未 読
リンク
リストマニアになろう!
リストマニアになろう!
ポーラ・リッツォ 金井真弓(訳)
未 読
リンク
SMARTCUTS
SMARTCUTS
シェーン・スノウ 斎藤栄一郎(訳)
未 読
リンク
4D Leadership
4D Leadership
Dr.AlanWatkins
未 読
リンク
〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る
〈パワーポーズ〉が最高の自分を創る
エイミー・カディ 石垣賀子(訳)
未 読
リンク
空気のつくり方
空気のつくり方
池田純
未 読
リンク
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える
プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える
アネット・シモンズ 池村千秋(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
夢をかなえるゾウ4
夢をかなえるゾウ4
水野敬也
未 読
リンク
テクノロジーへの苦手意識をなくす3冊
テクノロジーへの苦手意識をなくす3冊
2020.07.14 update
リンク
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
なぜ、いま「アート思考」がビジネスパーソンに必要なのか?
2020.03.26 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『超チーム力』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る