10倍速く書ける 超スピード文章術

未 読
10倍速く書ける 超スピード文章術
ジャンル
著者
上阪徹
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2017年08月23日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
10倍速く書ける 超スピード文章術
10倍速く書ける 超スピード文章術
著者
上阪徹
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2017年08月23日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

会議の議事録、企画書、顧客向けの新商品のPR文、そして刻一刻と増え続けるメール。書く機会が膨大にある現在、ビジネスにおいて、文章を速く書けるかどうかは死活問題といってよい。「伝わる文章を、速く書きたい」。これは、文章の壁にぶつかる、あらゆるビジネスパーソンにとっての切なる願いだろう。そんな救世主となるような、文章術の決定版が登場した。その名も『超スピード文章術』。

著者の上阪徹氏は、毎月1冊のビジネス書を世に出し続けている「爆速ブックライター」である。3000字の記事を1時間ほどで書き上げるというから、驚異的なスピードだ。そんな上阪氏が、文章を書くためのステップ、意識すべき行動習慣などを、具体例を豊富に織り交ぜながら伝授してくれる。とりわけ、著者の編み出した「素材文章術」は、「名文を書かなくては」という固定観念を取り去ってくれる。読者はこう気づくだろう。大事なのは「どう書くか」ではなく、「何を書くか」に集中することなのだと。

上阪氏が書いた、文章に関する本は『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『職業、ブックライター。』(講談社)など、いずれも学び多きものばかりだ。しかし、本書がそれらと一線を画すのは、文章術を極限にまで再現性の高い技術に磨き上げ、誰でも取り組める明快なステップに昇華したことにあるといえる。

あらゆるビジネス文書に応用可能な超スピード文章術。この最強の武器を駆使できるようになれば、圧倒的ハイパフォーマーに仲間入りできるにちがいない。

松尾 美里

著者

上阪 徹(うえさか とおる)
ブックライター。上阪徹事務所代表。「上阪徹のブックライター塾」塾長。担当した書籍は100冊超。携わった書籍の累計売上は200万部を超える。23年間1度も〆切に遅れることなく、「1か月15万字」「5日で1冊」書き続ける超速筆ライター。
1966年兵庫県生まれ。85年兵庫県立豊岡高校卒。89年早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに、雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。これまでの取材人数は3000人超。主な寄稿媒体に『GOETHE』(幻冬舎)、『AERA』(朝日新聞出版)、『週刊現代』(講談社)、『就職ジャーナル』(リクルート)、『リクナビNEXTジャーナル』(リクルート)、『東洋経済ONLINE』(東洋経済新報社)などがある。
著書に『書いて生きていく プロ文章論』(ミシマ社)、『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)、『職業、ブックライター。』(講談社)、『成功者3000人の言葉』(飛鳥新社)、『リブセンス〈生きる意味〉』(日経BP社)など。インタビュー集に、累計40万部を突破した『プロ論。』シリーズ(徳間書店)、『外資系トップの仕事力』シリーズ(ダイヤモンド社)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    文章においては「どう書くか」よりも「何を書くか」が、はるかに重要である。文章を速く書き上げるコツは、「独自の事実」「エピソード」「数字」という、具体的な「素材」を準備することだ。
  • 要点
    2
    良い素材を集めるには、文章を書く「真の目的」を明らかにすること、具体的な「一人の読者」をイメージすることが鉄則となる。
  • 要点
    3
    ムダがない素材の集め方は、「多く集めて、あとで削る」である。
  • 要点
    4
    素材を読みやすい順番に組み立てる際は、集めた素材をすべて「見える化」するとよい。

要約

なぜ文章を書くのに時間がかかってしまうのか?

なぜ、LINEは誰でも速く打てるのか?

文章に苦手意識がある人は多い。しかし、LINEではほとんどの人が抵抗なく、速く文章が書けるのはなぜか。それは、LINEのコミュニケーションでは、「うまい文章」ではなく「用件」「必要な情報」が重視されるからだ。

LINEの開発者がめざすのは「シンプルに結論だけ伝えられるもの」である。東日本大震災のような非常時においても、全世代の人が安否確認できるようにするためだ。用件だけでも言いたいことは伝わるのである。

著者はかつて、300字を書くのに丸一日かかっていた。しかし、表現力豊かな名文を書かなくてはいけない、という呪縛から脱却したことで、長い文章をスラスラ書けるようになったという。「うまい文章」は慣用句が多用されている。お手本にしようとすると、読み手に伝わりづらくなってしまう。

むしろ、結論が重視されるビジネスの世界では、「わかりやすくて、読者に役立つ文章」をめざすべきだ。ここからは、著者が編み出した「素材文章術」を紹介していく。

素材文章術で10倍速く書ける!
DragonImages/iStock/Thinkstock

文章を書き始めたものの、すぐに行き詰まる。文章執筆に時間がかかる。これらの最大の原因は、ゼロから文章をつくろうとすることにある。文章を速く書き上げるには、文章の「素材」を準備することが欠かせない。

文章においては「どう書くか」よりも「何を書くか」が、はるかに重要である。つまり、「素材」のよさがモノをいう。素材とは、「独自の事実」「エピソード」「数字」の3つを指す。

現に企画書も素材からできている。書き手の思いが強いと、「よく思われよう」として説明しすぎることもしばしばだ。しかし、企画書の読み手が知りたいのは、「どんな課題をどのように解決するか」である。それを補強する最低限の素材がしっかりあれば、その素材を並べるだけで、短時間で企画書が書ける。大事なのは素材が「具体的」であることだ。

とはいえ、3000字程度の長い文章も、素材だけで書けるのか。その心配は無用だ。たくさんの素材を集めておけば、数千字の原稿も苦にならない。

【必読ポイント!】 正しい素材を集める2つのルール

ルール1:文章を書く「真の目的」を明らかにする
Jacob Ammentorp Lund/iStock/Thinkstock

ここからは素材文章術の具体的な方法を、次の5つのステップに沿って紹介する。そのステップとは、(1)書く目的と読者を定める、(2)素材を集める、(3)素材を組み立てる、(4)一気に書ききる、(5)見直す、というものだ。

最初のステップは、正しい素材を集めるための2つのルールを理解することから始まる。1つ目は、文章の目的をはっきりさせることである。社内報のエッセイ、会議の議事録といった表面上の目的を知っているだけでは十分ではない。素材を集める判断軸がはっきりしないからだ。そこで、表面上の目的から「真の目的」まで掘り下げることを意識したい。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
10倍速く書ける 超スピード文章術
10倍速く書ける 超スピード文章術
著者
上阪徹
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2017年08月23日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
10倍速く書ける 超スピード文章術
未 読
10倍速く書ける 超スピード文章術
ジャンル
スキルアップ・キャリア 生産性・時間管理
著者
上阪徹
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,500円 (税抜)
出版日
2017年08月23日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ロジカル・シンキング
ロジカル・シンキング
照屋華子 岡田恵子
未 読
リンク
新装版現代訳 職業としての学問
新装版現代訳 職業としての学問
マックス・ウェーバー 三浦展(訳)
未 読
リンク
MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
シバタナオキ
未 読
リンク
言ってはいけない
言ってはいけない
橘玲
未 読
リンク
RAISING THE FLOOR
RAISING THE FLOOR
Andy Stern Lee Kravitz
未 読
リンク
ルーキー・スマート
ルーキー・スマート
リズ・ワイズマン 池村千秋(訳)
未 読
リンク
DEEP THINKING
DEEP THINKING
Garry Kasparov Mig Greengard
未 読
リンク
本を読む本
本を読む本
M・J・アドラー C・V・ドーレン 外山滋比古(訳) 槇未知子(訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク
令和を生き抜くビジネス力とは?
令和を生き抜くビジネス力とは?
2019.11.18 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
突き抜けたアイデアを生み出したいならこの5冊!
突き抜けたアイデアを生み出したいならこの5冊!
2017.07.12 update
リンク
混迷の時代にMBAを学ぶ意義、ドラッカーを学ぶ意義とは?
混迷の時代にMBAを学ぶ意義、ドラッカーを学ぶ意義とは?
2016.01.21 update
リンク