最強の思考法 「抽象化する力」の講義

未 読
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
ジャンル
著者
的場昭弘
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
1,900円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
著者
的場昭弘
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
1,900円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

実を言うと、本書の帯文にある「世界の本質をつかむリテラシーとしての抽象化+弁証法+レトリック+唯物論」というコピーを目にしたとき、自分に理解できる本だろうかという不安が頭をよぎった。しかし通読すると、あとがきの「人類が目に見えることだけにかまけていたら、おそらく、いまだに原始時代の生活を送っていたかもしれません」というフレーズに強くうなずくことになったのだった。

本書は、日本を代表するマルクス学者である著者が、世界の本質をつかむ方法を解説する一冊である。著者が示す解は、抽象化、弁証法、レトリック、唯物論という、哲学に馴染みのない方にとって、きっと距離を置きたいであろう方法ばかり。それでも、哲学に関心がない方だけでなく、「なぜ今マルクスなのか?」と思う方、考える力に自信がない方、そして「学校の勉強はつまらない」と思っている大学生にも、ぜひ手に取っていただきたい。きっと、世界を見る目が変わるはずだ。

要約者にとってもっとも印象に残った言葉は、「語学力もなし、海外経験もない、学問もあまりないという人でも、昔の賢人の言葉に耳を傾ければ、結構真実に迫りえるということです」というものだ。「昔は昔、今は今。当時の賢人の言葉なんて理解できないし、参考にならない」と思うかもしれない。しかし、あなたがそう感じる理由と、それを乗り越える方法も本書で紹介されている。安心してお読みいただければと思う。

庄子 結

著者

的場 昭弘(まとば あきひろ)
1952年宮崎市生まれ。神奈川大学教授。同大国際センター所長。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士。専門は社会思想史、マルクス経済学。
著書に『超訳「資本論」』(全3巻、祥伝社新書)、『待ち望む力』(晶文社)、『一週間de資本論』(NHK出版)、『マルクスだったらこう考える』『ネオ共産主義論』(以上、光文社新書)、『マルクスに誘われて』(亜紀書房)、『マルクスを再読する』(角川ソフィア文庫)他。訳書にマルクス『新訳 初期マルクス』『新訳 共産党宣言』(以上、作品社)、ジャック・アタリ『世界精神マルクス』(藤原書店)他。

本書の要点

  • 要点
    1
    われわれには、日々起こる様々な出来事に関して、膨大な情報がもたらされる。しかしだからといって、必ずしも真理をつかんでいるというわけではない。世界の本質に迫るためには、個々の出来事の関係を知る「アナロジー」、バラバラのものを1本に括る「インゲニウム」といった手法が有効である。
  • 要点
    2
    著者は、雑多な情報や物事をすっきりまとめ、現象の本質をつかむ...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
著者
的場昭弘
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
1,900円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
未 読
最強の思考法 「抽象化する力」の講義
ジャンル
リベラルアーツ
著者
的場昭弘
出版社
日本実業出版社 出版社ページへ
定価
1,900円 (税抜)
出版日
2018年03月01日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

韓非子
韓非子
韓非 前田 信弘(編訳)
未 読
リンク
教養としてのプログラミング的思考
教養としてのプログラミング的思考
草野俊彦
未 読
リンク
幸福論
幸福論
アラン 住友進(訳)
未 読
リンク
無限の始まり
無限の始まり
デイヴィッド・ドイッチュ 熊谷玲美(訳) 田沢恭子(訳) 松井信彦(訳)
未 読
リンク
MONEY
MONEY
チャールズ・ウィーラン 山形浩生(訳) 守岡桜(訳)
未 読
リンク
コトラーの「予測不能時代」のマネジメント
コトラーの「予測不能時代」のマネジメント
フィリップ・コトラー ジョン・A・キャスリオーネ 齋藤慎子(訳) 高岡浩三(解説)
未 読
リンク
実践版GRIT
実践版GRIT
キャロライン・アダムス・ミラー 宇野カオリ(監修) 藤原弘美(訳)
未 読
リンク
OKR
OKR
クリスティーナ・ウォドキー 二木夢子(訳) 及川卓也(解説)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年12月号)
2019.12.01 update
リンク
『82年生まれ、キム・ジヨン』
『82年生まれ、キム・ジヨン』
2019.11.29 update
リンク
出版社のイチオシ#023
出版社のイチオシ#023
2019.11.22 update
リンク
令和を生き抜くビジネス力とは?
令和を生き抜くビジネス力とは?
2019.11.18 update
リンク

Interview
インタビュー

会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
「集中できない」現代人が求めている、理想的な読書環境とは?
2019.12.05 update
リンク
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
『ぼくはイエロー』執筆の裏側
2019.11.25 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク
1
日本社会のしくみ
日本社会のしくみ
小熊英二
未 読
リンク
2
Think CIVILITY
Think CIVILITY
夏目大(訳) クリスティーン・ポラス
未 読
リンク
3
印象はしゃべらなくても操作できる
印象はしゃべらなくても操作できる
木暮桂子
未 読
リンク
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
東京オリンピックの前に「おもてなし」精神を振り返ろう! 『自分も相手も幸せになる最高の気遣い』
2018.11.23 update
リンク
元料理人、異色の経営者の愛読書に迫る
元料理人、異色の経営者の愛読書に迫る
2016.08.02 update
リンク