ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル

未 読
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ジャンル
著者
グロービス経営大学院
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年05月03日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

今や、ITにまったく触れずに生きていくことはほとんど不可能だといえるだろう。日常生活においてパソコンやスマートフォンを使うことはもはや当たり前のこととして、仕事のなかでCMSを使ったり、ITプロジェクトに関わったりする人も決して少なくないはずだ。それにもかかわらず、多くの人にとって、ITの知識やスキルを体系的に学ぶ機会は皆無であろう。仕事のなかで必須のスキルのみを見よう見まねで身につけて、なんとか対応しているのではないだろうか。ITスキルがますます求められる時代になりつつあることは理解しているものの、今すぐに勉強する必要はないと考えている人が大半のはずだ。

本書は、そうした人に向けたITスキルの入門書だ。グロービス経営大学院が著者に立ち、「コンピュータ+データ」「戦略・マーケティング」「リーダーシップ・組織」の3つのチャプターに分けて19のポイントを解説している。もちろん本書を読むだけで、IT分野の専門家になることはできないだろう。しかし著者は、技術の原理までを知る必要はないと指摘する。むしろ「どのような影響があり、活用分野があるかに意識を向けることがビジネスパーソンには有効」だという。つまり本書のポイントは、アルゴリズムやプログラミング、ITプロジェクトマネジメント、統計学、ビッグデータ、AIやIoTなどの基本的な知識が、「その知識を持っておくことでビジネスにどのように生かせるか」という視点で書いてあることだ。

「ITの知見は、自分には必要ない」と思い込んでいる方にこそ、読んでほしい一冊である。

庄子 結

著者

グロービス経営大学院(グロービスケイエイダイガクイン)
社会に創造と変革をもたらすビジネスリーダーを育成するとともに、グロービスの各活動を通じて蓄積した知見に基づいた、実践的な経営ノウハウの研究・開発・発信を行っている。

・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
・英語(東京、オンライン)

グロービスには以下の事業がある。

・グロービス・マネジメント・スクール
・グロービス・コーポレート・エデュケーション
(法人向け人材育成サービス/日本・上海・シンガポール・タイ)
・グロービス・キャピタル・パートナーズ(ベンチャーキャピタル事業)
・グロービス出版(出版/電子出版事業)
・GLOBIS知見録/GLOBIS Insights(オウンドメディア、スマホアプリ)

その他の事業
・一般社団法人G1(カンファレンス運営)
・一般財団法人KIBOW(震災復興支援活動、社会的インパクト投資)

本書の要点

  • 要点
    1
    ITプロジェクトは、思うように進まないものだ。その原因は、企画者やユーザーが、コンピュータが得意なことと苦手なこと、実行するにあたって留意すべきポイントを理解していないことにある。企画者やユーザー自身が知識やスキルを保有していれば、コストを削減できるだけでなく、企画を正確に実現できる。
  • 要点
    2
    プラットフォーム型ビジネスでは、費用と時間を投じて圧倒的な数のユーザーを集めてしまえば、課金してくれるユーザーが雪だるま式に増えていく。

要約

【必読ポイント!】 プログラミングとは何か

プログラムとは

コンピュータは、主記憶装置からデータを読み出して、計算して、その結果を主記憶装置に返すという「処理」を繰り返し行っている。そしてその処理をどのように、どんな順番で行うのかを規定するものを「プログラム」という。プログラムによって、コンピュータの処理速度や機能は大幅に変わる。

プログラムとして利用できる言語は多く、主要なものだけでも200種類を超える。ビジネスパーソンは、プログラム言語を覚えるよりも、アルゴリズムを理解することを優先した方がいいだろう。

アルゴリズムとは
monsitj/iStock/Thinkstock

グーグルやフェイスブック、アマゾンなどの企業は、アルゴリズムを効果的に利用してグローバルで成功している。たとえばアマゾンには、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という欄があり、ユーザーに商品をすすめる仕組みになっている。アマゾンがユーザーを集めたのは、このレコメンドサービスがあったからだ。大量のデータと多種多様な関係者に囲まれているなか、競争に勝つためには、最適なアルゴリズムを瞬時に分析して適切かつ多大な打ち手を打っていかなければならないのだ。

アルゴリズムとは、「コンピュータを利用して与えられた課題を解決するための処理手順のこと」である。アルゴリズムは「思考プロセス」、プログラムはアルゴリズムを表現するための「言語」に相当するといえるだろう。

アルゴリズムについて、名刺を並び替えるという課題を例にとって説明しよう。名刺を50枚用意し、好きな方法でその氏名が五十音順になるように並び替えるとする。コンピュータに対してどのような命令を与えて名刺の並び替えを行うかという、その解法がアルゴリズムだ。

100%の指示を出すために押さえておくこと

コンピュータは、こちらが実現したいことを完璧に指示しないと期待通りには動かない。これは、プログラムを作成するにあたって理解しておくべきことだろう。コンピュータに100%の指示を出すためには、次のポイントを押さえる必要がある。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
未 読
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ジャンル
スキルアップ・キャリア テクノロジー・IT
著者
グロービス経営大学院
出版社
東洋経済新報社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2018年05月03日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

勉強法
勉強法
佐藤優
未 読
リンク
アクティブラーニング
アクティブラーニング
小針誠
未 読
リンク
武器になる哲学
武器になる哲学
山口周
未 読
リンク
エンジェル投資家
エンジェル投資家
ジェイソン・カラカニス 滑川海彦(訳) 高橋信夫(訳) 孫泰蔵(日本語版序文)
未 読
リンク
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
RPAの威力
RPAの威力
安部慶喜 金弘潤一郎
未 読
リンク
サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい
サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい
三戸政和
未 読
リンク
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
西岡壱誠
未 読
リンク
1
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
ふろむだ
未 読
無 料
リンク
2
なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?
なぜ、世界のエリートはどんなに忙しくても美術館に行くのか?
岡崎大輔
未 読
リンク
3
利益を出すリーダーが必ずやっていること
利益を出すリーダーが必ずやっていること
長谷川和廣
未 読
リンク
『考える練習帳』
『考える練習帳』
2017.12.01 update
リンク
「本物の経営者」なら会社を売りなさい!
「本物の経営者」なら会社を売りなさい!
2015.11.15 update
リンク