パーパス・マネジメント
社員の幸せを大切にする経営

未 読
パーパス・マネジメント
ジャンル
著者
丹羽真理
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページへ
定価
1,680円 (税抜)
出版日
2018年09月01日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
パーパス・マネジメント
パーパス・マネジメント
社員の幸せを大切にする経営
著者
丹羽真理
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
クロスメディア・パブリッシング 出版社ページへ
定価
1,680円 (税抜)
出版日
2018年09月01日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

「社員の幸せを大切にする経営」と聞いて、反論する人は誰もいないだろう。では、経営に社員の幸福度という指標を持ち込むと聞けばどうだろう。「幸せ」という漠然とした感情を、様々な数値にもとづいて舵取りする経営と同じ土俵に上げるなんてアンマッチではないか。本書を読み始めた当初は、要約者はこのように感じていた。だが、読み終わったときには、そんな疑問は立ち消え、ある確信を抱くようになった。会社の業績を上げたいなら、社員の幸せを追求すべきであると──。

そもそも「幸せ」とは何か。抽象的であるうえに、その定義は人それぞれだ。従業員満足度の調査ならすでにビジネスの現場に浸透しているし、少なくとも「幸せ」より数値化しやすいように思える。だが、それではだめな理由がある。従業員満足度は生産性とあまり相関しないという研究結果が出ているのだ。これに対し、社員の幸福度は、仕事のパフォーマンスと相関関係にあることがデータによって実証されている。つまり、幸福度が高まるほど成果が出やすいということだ。そしてそのカギは、ミッションでもビジョンでもなくPurpose(存在意義)にあるという。

著者の主張は科学的な実証データにもとづいており、読者も高い納得感を持てるだろう。社員の幸福度が高まるほど仕事のパフォーマンスが向上し、会社の業績が上向いてくる。こんな素晴らしいことがほかにあるだろうか。読んで損はない。企業の経営層やマネージャーの必読書としておすすめしたい。

金井美穂

著者

丹羽 真理 (にわ まり)
Ideal Leaders株式会社 共同創業者/CHO(Chief Happiness Officer)
国際基督教大学卒業、University of Sussex大学院にてMSc取得後、2007年に株式会社野村総合研究所に入社。民間企業及び公共セクター向けのコンサルタントとして活動後、エグゼクティブコーチングと戦略コンサルティングを融合した新規事業IDELEA(イデリア)に参画。2015年4月、Ideal Leaders株式会社を設立し、CHO(Chief Happiness Officer)に就任。社員のハピネス向上をミッションとするリーダー「CHO」を日本で広めることを目指している。経営者やビジネスリーダー向けのエグゼクティブコーチング、Purposeを再構築するプロジェクト等の実績多数。特定非営利活動法人ACEの理事も務める。
URL:http://ideal-leaders.co.jp

本書の要点

  • 要点
    1
    「働き方改革」の本質は、誰もが幸せに働ける社会を実現することにある。そのためには、労働時間の長短ではなく、社員の幸福度にフォーカスすることが重要だ。
  • 要点
    2
    社員の幸福度が高いほど組織のパフォーマンスが高まり、会社の業績向上にもつながることが様々な科学的データで実証されている。
  • 要点
    3
    社員の幸福度を高めるのに大切なのは、個人と組織の存在意義=Purposeを合致させることである。
  • 要点
    4
    社員の幸せを組織的にデザインする「CHO=Chief Happiness Officer」の役割は、経営職でなくとも、社員一人ひとりが担うことが可能だ。

要約

会社が追求すべきは「幸せ」

働く時間が短くなっても、社員は幸せになれない
wildpixel/gettyimages

世間ではいま、「働き方改革」が大流行りである。この取り組みは、「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で生きがいを持って、誰もが活躍できる社会」をめざすものである。これは、「生産性革命」の実現に向けた幅広い政策パッケージでもある。

中でも長時間労働の改善は、「働き方改革」の主要な取り組みのひとつだ。労働時間に着目した取り組みには、残業時間を減らす時短やプレミアムフライデーなどもある。しかし、労働時間の短縮または残業代の減少が目的化し、「時短ハラスメント」という言葉まで生まれる結果となっている。

はたして、こうした労働時間の短縮は、社員がいきいきと働ける環境作りに有効な打ち手なのか。著者の体験からいえば、働く時間が短くなったことは自身の幸せにはつながらなかったという。著者はコンサルタントのアシスタントとして多忙な3年間を過ごした後、スタッフ部門に異動となった。同じ給料で残業時間が減ったにもかかわらず、その状況を喜ばしいとは思えなかった。むしろ「自分らしくない」と感じたほどだった。

「働き方改革」の本質は「幸せ改革」

「働き方改革」の本来の目的は、多様で柔軟な働き方を可能にして、誰もが幸せに働ける社会を実現することにある。働く時間だけが減ってその分忙しさは増していく。そのうえ残業代がなくなった分、収入が減ったのでは、社員は踏んだり蹴ったりである。真に社員がいきいきと働ける職場環境を作りたいなら、時間や賃金ではなく「幸せ」にフォーカスする必要がある。

では、仕事における「幸せ」とは何なのか。著者の場合、部門異動により残業が減っても、それを幸せだと感じられなかった。その一番の要因は、異動先での仕事の意義を見いだせなかったことであった。著者の思いは「日本をよりよい社会にしたい」というもの。そしてコンサルタントという仕事は、その実現に貢献しているという実感を与えてくれた。ところが、異動により、個人と組織の存在意義がズレてしまって、幸せを感じられなくなったのだ。

社員が仕事にやりがいを見いだし、楽しみながら、熱意を持って働くこと、それが幸せに働くということだ。肝心なのは、労働時間の長短ではない。自分と組織の存在意義(=Purpose)が一致していれば、社員はいきいきと働ける。するとパフォーマンスもおのずと向上して、会社の業績は上向いていく。「働き方改革」の本質は、誰もが幸せに働く「幸せ改革」なのである。

社員の幸せの追求が会社に利益をもたらす

「働き方改革」は「生産性革命」の実現をめざしたものである。それなのに、日本の労働生産性は、G7の中で長年最下位を記録している。こうした現状から、国は労働生産性の向上を「長時間労働の削減」と結びつけてしまっているのだ。

労働生産性とは、労働による付加価値を、労働量で割った値である。この値が大きければ、労働生産性が高いということになる。長時間労働の削減は、分母にあたる労働量を減らすため、労働生産性の向上に直結する。経営側にしても、人件費削減という目に見える効果があるため着手しやすい。しかし、このアプローチには「時短ハラスメント」になるリスクがあり、中長期的に見ると有効な打ち手とはいえない。

労働生産性を向上させるには、分子となる付加価値を大きくする方が効果的だ。そして付加価値の増大に効果的なのは、社員の幸せを追求することである。社員の幸福度が高まれば、イノベーションを生みだす力が大きくなる。ひいては会社の利益の増大につながり、労働生産性が高まる。

【必読ポイント!】 幸せとパフォーマンスの相関関係

幸せの測定
MarBom/gettyimages

「幸せ」の定義は人それぞれだ。残業時間や離職率などと違って、容易に数値化できるものではない。ところが、いま国家レベルで「幸福度」を測定しようとする動きが広がっている。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

会社をどこから変えるか?
会社をどこから変えるか?
ロジャー・コナーズ トム・スミス
未 読
リンク
プラットフォーム・レボリューション
プラットフォーム・レボリューション
ジェフリー・G・パーカー マーシャル・W・ヴァン・アルスタイン サンジート・ポール・チョーダリー 妹尾堅一郎(監訳) 渡部典子(訳)
未 読
リンク
新たなる覇者の条件
新たなる覇者の条件
尾崎弘之
未 読
リンク
仕事はもっと楽しくできる
仕事はもっと楽しくできる
ONE JAPAN
未 読
リンク
一人になりたい男、話を聞いてほしい女
一人になりたい男、話を聞いてほしい女
ジョン・グレイ 児島 修(訳)
未 読
リンク
日本の国益
日本の国益
小原雅博
未 読
リンク
スモール・スタート あえて小さく始めよう
スモール・スタート あえて小さく始めよう
水代優
未 読
リンク
SDGsの基礎
SDGsの基礎
沖大幹 小野田真二 黒田かをり 笹谷秀光 佐藤真久 吉田哲郎
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク

イチオシの本

「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク
出版社のイチオシ#037
出版社のイチオシ#037
2020.09.11 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
Think right
Think right
ロルフ・ドベリ 中村智子(訳)
未 読
リンク
2
稼ぐ人の「超速」文章術
稼ぐ人の「超速」文章術
中野巧
未 読
リンク
3
LIFESPAN(ライフスパン)
LIFESPAN(ライフスパン)
梶山あゆみ(訳) デビッド・A・シンクレア マシュー・D・ラプラント
未 読
リンク
芸術の秋を彩る、フライヤーおすすめの5冊
芸術の秋を彩る、フライヤーおすすめの5冊
2017.09.20 update
リンク
これが私の「読書観」
これが私の「読書観」
2015.03.17 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『パーパス・マネジメント』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る