女の機嫌の直し方

未 読
女の機嫌の直し方
ジャンル
著者
黒川伊保子
出版社
集英社インターナショナル 出版社ページへ
定価
756円
出版日
2017年04月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
著者
黒川伊保子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
集英社インターナショナル 出版社ページへ
定価
756円
出版日
2017年04月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

「あなたって、どうしてそうなの?」「なんで、わかってくれないの?」こんな言葉を女性から投げかけられたことがあれば、本書の出番だ。恋人、妻、母親、女性の上司・部下。男性なら、女たちの機嫌の地雷を踏んで「とほほ」となったことは、一度や二度あるのではないだろうか。「女の機嫌はわからない」、これは、男性たちの永遠のテーマかもしれない。しかし、脳科学上は、いとも簡単にその解決の糸口を見つけられるという。

男女の脳は、とっさの信号特性が違い、ときに全く別の装置になる。典型的な違いの1つは、会話の紡ぎ方である。一般的に男性はまずゴールを知りたがり、女性は共感を求めプロセスを語ろうとする。これでは相容れないのも当然だ。

著者は、男女の脳の違いが織り出す男女の機微を研究し、『妻のトリセツ』などのベストセラーを数多く生み出してきた人工知能研究者。本書は、研究の知見を活かしたコミュニケーションの秘訣の宝庫だ。読めば、「だからすれ違っていたのか!」と胸のすく思いがするだろう。「女心は複雑怪奇」と思っていた男性たちへの福音の書といってもいい。

女の機嫌の直し方を知れば、家庭や職場の人間関係が好転すること請け合いだ。女性も本書を読むことで、よりあたたかい目で男性を見つめられることだろう。もちろん、男と女のおかしくも哀しいすれ違いがあるからこそ、人生は面白い。男女が互いの個性を尊重しながら、幸せに生きるための、新たなコミュニケーションの教科書として、本書をおすすめしたい。

松尾 美里

著者

黒川 伊保子(くろかわ いほこ)
人工知能研究者、脳科学コメンテーター。1959年、長野県生まれ。奈良女子大学理学部物理学科卒業。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、2003年(株)感性リサーチ設立。著書に『日本語はなぜ美しいのか』(集英社新書)、『「ぐずぐず脳」をきっぱり治す!』(集英社)、『ヒトは7年で脱皮する』(朝日新書)、『恋愛脳』(新潮文庫)、『英雄の書』(ポプラ社)、『ことばのトリセツ』(インターナショナル新書、6月7日発売)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    脳の「とっさの使い方」には性差があり、それゆえ、男女の間には深いミゾがある。しかし、女性の機嫌の真相を学べば、よりよいコミュニケーションが生まれる。
  • 要点
    2
    女性の対話は「プロセス指向共感型」である。「思う存分経緯を思い出すこと」により、課題への答えが見えてくる。共感によって上手に話を聞いてもらうと、女性脳の演算の質が上がる。これに対し、男性の対話は「ゴール指向問題解決型」である。全体の主幹をシンプルにとらえようとし、結論を先に求める。女性と話す際は、相手の言葉を反復して共感で返すとよい。
  • 要点
    3
    心にないセリフでもかまわない。ことばが優しい気持ちを連れてくるからだ。

要約

【必読ポイント!】 脳には性差があるのか

人工知能研究から見えた「男女のミゾ」
BrianAJackson/gettyimages

男と女の間には、深いミゾがある。なぜ女性たちは、男性の思いもかけないところで機嫌を損ねるのか。さしたる法則性もないように見える。しかし、女の機嫌の損ねようには類型がある。本書の狙いは、人工知能や脳科学の観点から、男女の脳の違いと女の機嫌の直し方を学んで、対処できるようになることだ。

ヒトの脳の機能を精査していくと、男女の性差は歴然と存在することがわかっている。著者はかつて、人とロボットの対話の設計に関わっていた。感性の領域に踏み込む人工知能エンジニアとして、男女の対話を徹底的にシミュレーションしてきた。そこで発見したことの1つが、男女の対話スタイルの違いである。女性は、ことの発端から時系列に沿ってプロセスを語りたがる。一方、男性は、最初に話のゴールを知りたがる。これらが相容れないのも当然だ。

さらには、画像認識のシステムをつくるにあたり、男女の視点の運び方の違いにも気づいた。男性は遠くと近くを交互に見て、ものの輪郭と距離感をつかむ。これに対し、女性は、比較的近くにあるものの表面をなめるように見て、微細な変化も見逃さない。このため、デートをする際、女性は男性が注意力散漫に見えてしまう。自分に集中してくれておらず、愛が足りないと勘違いしてしまうのだ。これが人工知能の研究室で著者が知った、悲しい男女のミゾであった。

男と女の対話は、どうしたってすれ違う

では、先述したように、女性脳がプロセスを語ることを重視するのはなぜなのか。じつは女性は、ことの経緯を語るうちに、そこに潜む真実を探っている。そして、人間関係のひずみや自分の失言などに気づいていく。女性の対話は「プロセス指向共感型」なのだ。

重要なのは「思う存分経緯を思い出すこと」である。五感をフル回転して認識した状況をリアルに再体験し、経緯をこと細かに話すなかで、答えが見えてくるのだ。そのため、話の腰を折られると、真実を探る演算が中断されてしまう。逆に共感によって上手に話を聞いてもらうと、演算の質が上がる。これが女性脳には共感が必要といわれる所以だ。

これに対し、男性の対話は「ゴール指向問題解決型」である。男性は、全体の主幹をシンプルにとらえようとする。長らく狩りを担ってきた性であるためだ。全体を俯瞰して、ものの位置関係と距離感を正確に把握しようとし、公平性を重視する。

よって、女性の、着地点のわからない話に寄り添うことは、男性にはかなり難しい。つい、「何がいいたいんだ?」「結論は?」と話を遮ってしまう。

たとえば、妻が「なんだか、腰が痛くて」といったとしよう。男性がいきなり「医者に行ったのか」と返したら、対話は破綻する。正解は、相手の言葉を反復して共感で返すことだ。「腰が痛いのか。それはつらいね」。これだけで女性の脳のストレス信号が減少し、不調が軽減することもある。

このように、対話には、女性が好むプロセス指向共感型と、男性が好むゴール指向問題解決型の2種類があることに留意したい。

女性はなぜ共感してもらいたがるのか?
Tamara Dragovic/gettyimages

男性なら、こんな疑問をもつかもしれない。女性はなぜ、「転びそうになって転ばなかった話」をし、共感を求めるのか。じつは、男性脳からすると情報量ゼロの話が、女性脳にとっては情報価値の宝庫なのだ。

「怖い」「つらい」といったストレスを伴う感情が起こるとき、女性脳は、ストレス信号が男性脳の何十倍も強く働き、何百倍も長く残る。ただし、共感してもらうと、この余剰な信号が沈静化していく。安心感を得て、自分の感情を客観視できるためだ。

この余剰な信号は、危険な事態を記憶して、二度と同じ状況に自分を追い込まないための防衛手段である。哺乳類のメスにとって、自分や自分の子どもを守るためには、「自己保全」が第一の条件となる。そのため、脳が強く反応した体験を思い返すことで、今後に活かせる知恵やセンスを創出していくのである。

したがって、女性の部下をもつ男性上司は、女性のこうした感情の吐露には、共感する必要がある。余剰な感情が長引かない男性脳には、共感は難しいかもしれない。しかし、共感が女性の仕事への集中力やモチベーションを高めることにつながっていく。

右左脳連携の違いが、脳の性差を生む

脳の性差は生まれたときから存在する。それは、右脳と左脳を連携させる神経線維の束(脳梁)が、女性脳のほうが太いことに起因する。しかも、女性脳のほうが連携の頻度と密度が高い。右脳は「感じる領域」、左脳は「顕在意識と直結して言葉を紡ぐ領域」である。このため、右脳と左脳の連携がよい女性脳は、感じたことが、次々に言葉になって意識に上がってくる。これが、女たちが察する天才であり、臨機応変に行動できる理由だ。

もちろん、男性にも女性にも、その性に生まれたからといってできないことは何一つない。職能のような恣意的な領域で、「女性だから」という理由で劣っていることなど、何もない。

ただし、脳には性差がないと考えると、男女は互いに同じ入力に対し、同じ出力を期待して、すれ違いに悶々としてしまう。脳には明らかに性差があると認めたほうが、日々の暮らしはずっと楽になる。

女性脳とはいかなる装置か

女性脳の真骨頂、臨機応変力のカギは「共感」にあり

女性脳は共感でまわっている。女性たちが口にする「カワイイ~」は、「可愛い」という評価を伝える言葉ではない。「私、心が動きました、あなたも動いた?」というほどの意味である。

女性脳では、一部の体験記憶が、その体験時の「心の動き」とセットでしまわれており、「心の動き」を検索キーとして、検索エンジンにひも付けされていく。そのため、予想外のことが起きたとき、「心の動き」をトリガーにして、過去の関連記憶を芋づる式に引き出せる。よって、女性はとっさに行動するのが得意なのだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
女の機嫌の直し方
女の機嫌の直し方
著者
黒川伊保子
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
集英社インターナショナル 出版社ページへ
定価
756円
出版日
2017年04月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
女の機嫌の直し方
未 読
女の機嫌の直し方
ジャンル
自己啓発・マインド トレンド
著者
黒川伊保子
出版社
集英社インターナショナル 出版社ページへ
定価
756円
出版日
2017年04月12日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

まず、この質問で雑談はうまくいく
まず、この質問で雑談はうまくいく
青木毅
未 読
リンク
頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
頭が冴える! 毎日が充実する! スゴい早起き
塚本亮
未 読
リンク
科学的に正しい筋トレ 最強の教科書
科学的に正しい筋トレ 最強の教科書
庵野拓将
未 読
リンク
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
科学的に証明された究極の「なし遂げる力」
ショーン・ヤング 児島修(訳)
未 読
リンク
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
すべては「好き嫌い」から始まる
すべては「好き嫌い」から始まる
楠木建
未 読
リンク
死ぬ瞬間の5つの後悔
死ぬ瞬間の5つの後悔
ブロニー・ウェア 仁木めぐみ(訳)
未 読
リンク
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
児島修(訳) ブライアン・R・リトル
未 読
リンク
2
突破力
突破力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
世界で学べ
世界で学べ
大谷真樹
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『ランキングのカラクリ』
『ランキングのカラクリ』
2019.09.09 update
リンク
秋に読みたい本
秋に読みたい本
2019.09.02 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年9月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年9月号)
2019.09.01 update
リンク
出版社のイチオシ#019
出版社のイチオシ#019
2019.08.30 update
リンク

Interview
インタビュー

成功する人は「見た目の教養」を身につけている
成功する人は「見た目の教養」を身につけている
2019.09.03 update
リンク
脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
【これからの本屋さん】 「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク
1
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
児島修(訳) ブライアン・R・リトル
未 読
リンク
2
突破力
突破力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
世界で学べ
世界で学べ
大谷真樹
未 読
リンク
政府も後押しする「働き方改革」を実践したい人のための5冊
政府も後押しする「働き方改革」を実践したい人のための5冊
2017.11.01 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク