マイ・ストーリー

未 読
無 料
マイ・ストーリー
ジャンル
著者
ミシェル・オバマ 長尾莉紗(訳) 柴田さとみ(訳)
出版社
定価
2,300円 (税抜)
出版日
2019年08月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
マイ・ストーリー
マイ・ストーリー
著者
ミシェル・オバマ 長尾莉紗(訳) 柴田さとみ(訳)
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,300円 (税抜)
出版日
2019年08月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

アメリカ合衆国で建国以来初のアフリカ系アメリカ人大統領となったバラク・オバマ。本書はその妻であるミシェル・オバマの自伝だ。ミシェルは、貧困街の生まれでありながらも、幼少期から利発で、名門プリンストン大学とハーバード・ロースクールを経て弁護士になる。そして、バラクと出会い、結婚し、ついにはファーストレディへ。

まさにサクセスストーリーのように聞こえるが、彼女の歩んできた道のりは決して平坦なものではない。「女性」であり「黒人」である彼女は、常にマイノリティであることを意識させられてきたのだ。有色人種は自分だけという状況や「黒人女性でありながら」という枕詞。弁護士をめざしたのは、そのような現状に一石を投じたい気持ちがあったからだと、ミシェルは振り返る。こうして手にした弁護士という職は、じつは彼女には向いていなかったのだという。

本書は、そんなミシェルが「自分らしさ」を探し出す物語だ。同時に、夫婦や家族の問題に向き合いながら、やがては社会をより良いものにするために自分に何ができるかを追求するストーリーでもある。ファーストレディとして世界から注目され、自由に自宅のバルコニーに出ることすらできないほど行動を制限されながらも、彼女はどのように変化を遂げていったのか。そしてホワイトハウスを出て、これからどんな自分を探すのか。ミシェルの軌跡をたどることで、読者の一人ひとりが、自分の人生でなすべきことに思いを巡らせることになるだろう。

池田 明季哉

著者

ミシェル・オバマ
Michelle Obama
2009年から2017年までアメリカ合衆国のファーストレディを務めた。プリンストン大学、ハーバード・ロースクールを卒業後、シカゴにあるシドリー・オースティン弁護士事務所でキャリアをスタートさせ、そこで夫となるバラク・オバマに出会う。その後はシカゴ市長執務室、シカゴ大学、シカゴ大学病院にて勤務。若者が公職の道に進むのを手助けするパブリック・アライズのシカゴ支部の設立者でもある。

本書の要点

  • 要点
    1
    スラム街で生まれたミシェルは、名門大学を卒業後、いくつもの幹部職を経て、ついにはホワイトハウスへとたどり着いた。しかし、その道のりは決して平坦なものではなく、ミシェルは多くの葛藤を経験した。
  • 要点
    2
    ミシェルがこれまで力を発揮し、「成功」してこれたのは、周囲からの愛情と高い期待があったからだとミシェルは受け止めている。
  • 要点
    3
    「Becoming」とは、前進する行為そのものである。より良い自分になろうとする旅に終わりはない。

要約

「十分な自分」になるために

人生を変えるかもしれなかった進路指導

貧困街に生まれたミシェルは、幼い頃から利発で、物事に対して自分の納得する理由を求めるタイプだった。合格した高校は、シカゴ初の、マグネットスクールと呼ばれる特別な英才教育を行う公立高校である。しかし、 入学当初のミシェルには「自分は十分なのか」という不安がつきまとった。 周囲のみんなが賢そうに見え、黒人中心の学校で優秀だっただけの自分は、「底辺の上澄み」なのではないか。そう感じたのだ。

しかし、ミシェルは高校でも成績がかなり良かったため、自信がつき、いつしかその不安はなくなっていった。大学は兄の通うプリンストンに進みたいと考えたが、初めての進路指導でカウンセラーからこう告げられた。「プリンストンに行けるほどの成績だと思えない」。もしカウンセラーのアドバイスを受け入れていたら、ミシェルはまた「自分は不十分」という不安に駆られることとなっただろう。しかし、彼女はそうしないと決めた。自分は優秀なはずだと信じ、他の信頼できる人にアドバイスを求め、努力した。そうして見事、プリンストン大学の合格を勝ち取ったのだ。

成功を求め、弁護士の道へ
utah778/gettyimages

1980年代頃のプリンストンは白人が中心で、男性の比率が高かった。黒人女性であるミシェルは、明らかに浮いていた。初めての白人中心のコミュニティに戸惑いを隠せない。当時、大学寮のルームメイトだった一人が、一人部屋へ移ったことがあった。後になってわかったことだが、その理由は、「娘が黒人と同室になった」という事実にショックを受けた母親からの抗議によるものだったのだ。

ミシェルは大学でとにかく勉強した。時間をかけてやるべきことに取り組めば、貧困街の生まれというハンデはなかったことにできると信じて。

自分のことを「賢くて分析好きの野心家」だと考えていたミシェルは、弁護士の素質に気づく。そして、ハーバード・ロースクールへの進学を決め、一流法律事務所の弁護士になった。「もう自問するべきことはないはず」。ミシェルはそう思っていた。弁護士になって、山を登り切ったのだから。

そんなある日、事務所のシニアパートナーから、夏の学生インターンの教育係をやってほしいと頼まれた。そこでミシェルのもとにやってきたのが、バラク・オバマだ。

バラク・オバマとの出会い

バラクはインターン前からすでに、「逸材」として事務所内で噂になっていた人物である。初日から遅刻してきたバラクに対し、ミシェルは最初は良い印象を抱かなかった。しかし、バラクは物怖じしないひたむきな態度で、ミシェルとは対照的に自分の生き方に自信を持っている。そんな姿にミシェルは惹かれていく。

メンターとして週に1度は昼食をともにし、徐々に互いへの理解を深めていったミシェルとバラク。ある日ミシェルは、バラクから「僕たち、付き合うべきだと思う」と告白される。最初ははぐらかしたものの、バラクのアプローチはとまらない。会社のイベントを2人で抜け出したり、パーティーでは2人で行動したりするなど、つかず離れずの関係が続く。バラクに強く惹かれているという事実は、もはや否定できないほどになった。バラクがインターンを終えてロースクールへ戻る前、道路脇でアイスを食べながら2人はキスを交わすのだった。

バラクとの破天荒な結婚生活

自分の幸せになれる道を求めて
fotoguy22/gettyimages

交友関係も広く優秀だったバラクは、『ハーバード・ロー・レビュー』という名誉ある雑誌の編集長に選出され、ニューヨーク・タイムズで取り上げられた。それを機に、バラクには大量のチャンスが押し寄せた。給料の良い弁護士事務所も選び放題だったが、バラクは人権派弁護士になるという信念を貫くこととなる。

一方、ミシェルは、自分が弁護士に向いていないと認めざるを得なかった。そもそも弁護士になろうとしたのは、人から承認されたいという欲求が少なからずあったからではないか――。大学からロースクールまで休まず勉強し、学生ローンも抱えていたので、そのことを認めるのは悲しかった。しかし、弁護士を辞めて自分の幸せになれることを見つけようとする選択について、バラクだけが前向きに応援してくれた。

離れ離れの新婚生活

バラクが司法試験を終えたお祝いのディナーの席で、ミシェルはバラクからサプライズでプロポーズをされた。ミシェルはシカゴの市役所の行政職に転職し、バラクも法律事務所から内定が出た。2人は結婚し、ハネムーンもすませ、順風満帆な新婚生活が始まるかに見えた。ところが、ミシェルにとっては予想外のことが起こる。

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
マイ・ストーリー
マイ・ストーリー
著者
ミシェル・オバマ 長尾莉紗(訳) 柴田さとみ(訳)
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
2,300円 (税抜)
出版日
2019年08月23日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
マイ・ストーリー
未 読
無 料
マイ・ストーリー
ジャンル
グローバル トレンド
著者
ミシェル・オバマ 長尾莉紗(訳) 柴田さとみ(訳)
出版社
定価
2,300円 (税抜)
出版日
2019年08月23日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

Move Fast and Break Things
Move Fast and Break Things
Jonathan Taplin
未 読
無 料
リンク
82年生まれ、キム・ジヨン
82年生まれ、キム・ジヨン
チョ・ナムジュ 斎藤真理子(訳)
未 読
無 料
リンク
ユダヤの商法
ユダヤの商法
藤田田
未 読
無 料
リンク
夢みるチョコレート工房
夢みるチョコレート工房
伊藤紀幸
未 読
リンク
一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money
一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money
Ken Honda 本田健(訳)
未 読
無 料
リンク
Think clearly
Think clearly
ロルフ・ドベリ 安原実津(訳)
未 読
リンク
The Leadership Lab
The Leadership Lab
Chris Lewis Pippa Malmgren
未 読
リンク
好きなことしか本気になれない。
好きなことしか本気になれない。
南章行
未 読
無 料
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
自分の頭で考える
自分の頭で考える
松村謙三
未 読
リンク
2
好きなことしか本気になれない。
好きなことしか本気になれない。
南章行
未 読
無 料
リンク
3
グーグルが消える日
グーグルが消える日
武田玲子(訳) ジョージ・ギルダー
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

最強のインプット&アウトプット本はこれだ!
最強のインプット&アウトプット本はこれだ!
2019.10.16 update
リンク
『神様がくれたピンクの靴』
『神様がくれたピンクの靴』
2019.10.15 update
リンク
出版社のイチオシ#021
出版社のイチオシ#021
2019.10.11 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年10月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年10月号)
2019.10.01 update
リンク

Interview
インタビュー

TSUTAYA馬事公苑店のファミリー客がビジネスパーソン向けの本を購入する理由
【これからの本屋さん】 TSUTAYA馬事公苑店のファミリー客がビジネスパーソン向けの本を購入する理由
2019.09.24 update
リンク
成功する人は「見た目の教養」を身につけている
成功する人は「見た目の教養」を身につけている
2019.09.03 update
リンク
脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
1
自分の頭で考える
自分の頭で考える
松村謙三
未 読
リンク
2
好きなことしか本気になれない。
好きなことしか本気になれない。
南章行
未 読
無 料
リンク
3
グーグルが消える日
グーグルが消える日
武田玲子(訳) ジョージ・ギルダー
未 読
リンク
いま旬なテクノロジートレンドを理解するための本5選
いま旬なテクノロジートレンドを理解するための本5選
2017.06.21 update
リンク
激震、ブロックチェーン技術の思わぬ落とし穴
激震、ブロックチェーン技術の思わぬ落とし穴
2018.02.13 update
リンク