ネガティブ・ケイパビリティ
答えのでない事態に耐える力

未 読
ネガティブ・ケイパビリティ
ジャンル
著者
帚木蓬生
出版社
朝日新聞出版 出版社ページへ
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2017年04月25日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ネガティブ・ケイパビリティ
ネガティブ・ケイパビリティ
答えのでない事態に耐える力
著者
帚木蓬生
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
朝日新聞出版 出版社ページへ
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2017年04月25日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

おそらく「ネガティブ・ケイパビリティ」という言葉を初めて聞く方が多いだろう。簡単にいうと、「分からないものを分からないまま、宙ぶらりんにして、耐え抜く能力」ということである。果たしてその能力が、どんな場面で役に立つのだろうか。

著者は、日本とフランスの病院での勤務経験がある精神科医で、数多くの文学賞に輝く作家でもある。著者がネガティブ・ケイパビリティという言葉に出会ったのは、ある医学論文の中だったそうだ。以来、著者がとても大切にしてきた概念である。

本書ではまず、ネガティブ・ケイパビリティという言葉を初めて使ったとされている詩人キーツや、その概念を精神分析学に用いたビオンの生涯とともに、この言葉についての歴史が語られる。さらには、ネガティブ・ケイパビリティが創作活動、医療現場、教育など、あらゆる場において、いかに重要であるかが丁寧に語られていく。医療や教育に携わる方や、創作活動に取り組んでいる方には必読の内容といえる。また、そうでなくても、この概念を知っているかどうかで、生き方や人との向き合い方が変わるといってもよい。

終末期医療の現場において有効であると同時に、シェイクスピアや紫式部も駆使していたとされるネガティブ・ケイパビリティ。その多種多様な状況への対応力を知るうちに、著者のようにその魅力に取り憑かれることになるだろう。そして、不確実性の高い現在を、心穏やかに生きるためのヒントを得られるのではないだろうか。

河合美緒

著者

帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)
1947年、福岡県生まれ。作家、精神科医。東京大学文学部、九州大学医学部卒業。九大神経精神医学教室で中尾弘之教授に指示。1979〜80年フランス政府給費留学生としてマルセイユ・聖マルグリット病院神経精神科(Pierre Mouren教授)、1980〜81年パリ病院外国人レジデントとしてサンタンヌ病院精神科(Pierre Deniker教授)で研修。その後、北九州市八幡厚生病院副院長を経て、現在、福岡県中間市で通谷メンタルクリニックを開業。多くの文学賞に輝く小説家として知られる。主な著書に、『白い夏の墓標』『三たびの海峡』(吉川英治文学新人賞)『閉鎖病棟』(山本周五郎賞)『逃亡』(柴田錬三郎賞)『ギャンブル依存とたたかう』『千日紅の恋人』『水神』(新田次郎文学賞)『ソルハ』(小学館児童出版文化賞)『やめられない ギャンブル地獄からの生還』『蠅の帝国』『蛍の航跡』(この2作品で日本医療小説大賞)『悲素』『受難』『生きる力 森田正馬の15の提言』『老活の愉しみ』など多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    ネガティブ・ケイパビリティとは、「事実や理由を性急に求めず、不確実さや不思議さ、懐疑の中にいられる能力」を意味する。
  • 要点
    2
    人間の脳には「分かろう」とする性質があるため、ネガティブ・ケイパビリティをもつことは難しい。しかし、安易に「分かろう」とする姿勢をやめ、ネガティブ・ケイパビリティを通して、発展的な深い理解をめざすことが重要となる。
  • 要点
    3
    終末期医療の現場や精神科医の診療だけでなく、創作活動や教育現場でも、ネガティブ・ケイパビリティが求められる。

要約

ネガティブ・ケイパビリティとは

詩人キーツと精神分析医ビオン
BrianAJackson/gettyimages

ネガティブ・ケイパビリティとは何か。それは、英国の詩人ジョン・キーツが兄弟に宛てて書いた手紙に出てくる言葉である。「事実や理由をせっかちに求めず、不確実さや不思議さ、懐疑の中にいられる能力」だという。普段、能力という言葉は、理解、解決、対処などに使われ、私たちはそれらを身につけようと努力している。

また、人間の脳には、物事を「理解」しようとする傾向もある。そして、性急な証明や理由を求めがちだ。しかし、そうではなく、分からないことを分からないまま、宙ぶらりんの状態で受け入れ、耐え抜く。この能力こそがネガティブ・ケイパビリティなのだ。

キーツは、シェイクスピアがネガティブ・ケイパビリティを有していたと書き記している。これは、私的な手紙の中に、しかも文学の分野で使われた言葉だった。それを、精神分析の分野に持ち込んだのが、英国の精神分析医であるウィルフレッド・R・ビオンである。ビオンの主張はこうだ。精神分析医には、「患者との間で起こる現象、言葉に対して、不可思議さ、神秘、疑念をそのまま持ち続け、性急な事実や理由を求めないという態度」が必要となる。精神分析学には多くの知見があるため、精神分析医は理論を患者に当てはめて、患者を理解しようとしがちである。ビオンはそうした態度に警鐘を鳴らすために、ネガティブ・ケイパビリティという概念を提唱した。

ネガティブ・ケイパビリティと脳の性質

分かろうとする脳

ネガティブ・ケイパビリティを身につけるのは難しい。私たちの脳は生来、物事を「分かろう」とするからだ。人類はその歴史の中で、「分かる」ために様々な努力をしてきた。文字や数字、図形などの記号によって世界を記すことや、何かしら一貫した法則を見出そうとすることもその一環である。ハウツー本が流行るのも、「分かろう」とする姿勢の現れといえる。しかし、「分かろう」として、ごく浅い理解でとどまってしまうことも多い。

神経心理学者の山鳥重氏は、「分かる」には浅い理解と深い理解があるとしている。浅い理解で止まってしまいやすいのは、小さな理解を積み重ねて全体を理解しようとする、「重ね合わせ的理解」だ。

それに対して、深い理解とは「発見的理解」である。これは、自分で立てた仮説に沿って物事を観察し、仮説を検証することのくり返しによって到達できる理解だ。不可解な事柄を無視したり、拙速な答えを出したりせず、その宙ぶらりんな状態を観察し続けることが求められる。つまり、深い理解とはネガティブ・ケイパビリティによってもたらされるといえる。

「分かろう」とする脳が、分からないものを前にしたときに苦しむ例は、音楽と絵画だろう。クラシック音楽や抽象画に初めて接すると、多くの人は「分からない」という。しかし、分かることを拒否した上で、高い次元で感覚に訴えかけてくるのが、音楽や抽象画である。脳はそこで「分かりたい」という欲望から解放され、進化した喜びを感じているかもしれない。

【必読ポイント!】 ネガティブ・ケイパビリティと医療

ネガティブ・ケイパビリティと終末期医療
ThitareeSarmkasat/gettyimages

現代の医学教育は、なるべく早く患者の問題を見つけ、すみやかに解決を図ろうとする。いわば、ネガティブ・ケイパビリティの逆の「ポジティブ・ケイパビリティ」だ。

診療の記録も、SOAPという、ポジティブ・ケイパビリティに沿った方法で記される。SOAPとは、Subject、Object、Assessment、Planの頭文字を取ったものだ。それぞれ、「患者の主観的な言動や症状」、「主治医が診察や検査で得た客観的なデータ」、「SとOからの判断評価」、「解決のための計画、治療方針」を指す。この方法をとると、問題の早期発見や迅速な解決につながる。

しかし、現実には問題が見つからない場合、複雑すぎる場合、解決策がない場合なども存在する。たとえば、末期ガンの患者の場合は、解決策がないといってよい。こうなると、ポジティブ・ケイパビリティのみを身につけた主治医は、無力感を覚えるため、患者のそばに行くことすら苦痛となる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

勉強の哲学
勉強の哲学
千葉雅也
未 読
リンク
大きな嘘の木の下で
大きな嘘の木の下で
田中修治
未 読
リンク
教養としてのコンピューターサイエンス講義
教養としてのコンピューターサイエンス講義
ブライアン・カーニハン 酒匂寛(訳) 坂村健(解説)
未 読
リンク
ぜんぶ、すてれば
ぜんぶ、すてれば
中野善壽
未 読
リンク
フルライフ
フルライフ
石川善樹
未 読
リンク
ゼロからはじめる力
ゼロからはじめる力
堀江貴文
未 読
リンク
ズボラPDCA
ズボラPDCA
北原孝彦
未 読
リンク
他人とうまくやっていく
他人とうまくやっていく
アラン・ピーズ バーバラ・ピーズ 藤田美菜子(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク

イチオシの本

出版社のイチオシ#038
出版社のイチオシ#038
2020.10.02 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年10月号)
2020.10.01 update
リンク
今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
【〈連載〉わたしたちの未来の話をしよう 第1回】 今だからこそ読みたい、未来を考えるための3冊
2020.09.29 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.09.28 update
リンク

インタビュー

なぜ、いま「これからの生き方」が問われるのか?
なぜ、いま「これからの生き方」が問われるのか?
2020.09.30 update
リンク
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、6月のイチオシ!
要約の達人が選ぶ、6月のイチオシ!
2018.06.30 update
リンク
「コロナ期」になぜ「独学」が重要なのか?
「コロナ期」になぜ「独学」が重要なのか?
2020.05.04 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『ネガティブ・ケイパビリティ』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る