首都感染

未 読
首都感染
ジャンル
著者
高嶋哲夫
出版社
定価
950円 (税抜)
出版日
2013年11月15日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
首都感染
首都感染
著者
高嶋哲夫
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
950円 (税抜)
出版日
2013年11月15日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
レビュー

フィクションは、時として現実以上に現実的だ。

本書は、未知の新型インフルエンザが世界中に広がる様子を描いたクライシスノベルである。大まかなストーリーは次のように進む。20XX年に中国で致死率60%の強毒性インフルエンザが出現し、それが世界中に拡散。東京都内にも患者が確認されたため、封じ込めのために空前絶後の“東京封鎖”が行われることになる、という流れだ。

本書が単行本として出版されたのは2010年だが、今回の新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックを受け、ふたたび多くの注目を集めている。実際、本書で描かれる事象は、奇妙なほどに今回の状況と一致している。とりわけ群集心理の描かれ方は、とても生々しい。もちろん現実とは異なる面も多いが、「こういう状況で、自分ならどう動くか」「なぜこの人はこういう発言/行動をするのか」と考えながら読むと、より一層興味深く読めるだろう。

「ウイルスと人間。永遠に終わらない戦いだ」と登場人物が語っているように、人類の歴史はウイルスとの戦いの歴史でもある。日頃から未知の事象に対する想像力を培っておくという意味でも、本書のような作品に触れておくことには、大きな意味があるはずだ。現実を雄弁に語るのは、なにもノンフィクションだけではない。「最近小説を読まなくなった」「普段はノンフィクションを読むことが多い」という方も、ぜひお手にとってみてはいかがだろうか。

石渡翔

著者

高嶋哲夫 (たかしま てつお)
1949年、岡山県玉野市生まれ。神戸市在住。慶應義塾大学工学部卒業。同大学院修士課程修了。日本原子力発電所(現日本原子力研究開発機構)研究員を経て、カルフォルニア大学に留学。‘79年、日本原子力学会技術賞受賞。‘94年、『メルトダウン』(講談社文庫)で第1回小説現代推理新人賞、‘99年、『イントゥルーダー』(文春文庫)で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞をダブル受賞。主な著書に『乱神』『衆愚の果て』(ともに幻冬舎文庫)、『ライジング・ロード』(PHP文芸文庫)、『東京大洪水』『震災キャラバン』『いじめへの反旗』(すべて集英社文庫)、『ミッドナイトイーグル』『風をつかまえて』『サザンクロスの翼』(すべて文春文庫)、『追跡 警視庁鉄道警察隊』(ハルキ文庫)、『命の遺伝子』(講談社文庫)、『東海・東南海・南海 巨大連動地震』(集英社新書)などがある。近著に『紅い砂』(幻冬舎文庫)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    中国で強毒性の新型インフルエンザが発生。かつて感染症対策の専門家として活躍していた主人公は、新型インフルエンザ対策のアドバイザーに任命される。
  • 要点
    2
    主人公たちの奮闘も虚しく、都内で感染者が次々と確認される。これを受けて、総理は東京封鎖を決断する。
  • 要点
    3
    封じ込めには成功するものの、封鎖ラインの中では数多くの感染者が発生し、多くの人が亡くなっていく。人々の我慢も限界に達していた。
  • 要点
    4
    ついに日本でワクチンが開発され、パンデミックの収束が宣言される。東京封鎖も解除された。だが最終的に420万人が感染し、58万人が死亡した。

要約

対策

中国で新型ウイルスが確認される
4X-image/gettyimages

医師である瀬戸崎優司は、もともと感染症対策の専門家として、WHOのメディカル・オフィサーを務めていた。だが仕事に忙殺されるなかで子供を失い、妻とも離婚。スイスから帰国して以降は、大学時代の友人の父が経営する黒木総合病院で内科医として勤務する日々を送っていた。

その頃世界は、中国で行われているワールドカップに熱中していた。日本も中国もともにベスト8まで勝ち上がり、両国の熱狂は最高潮に達している。次の対戦カードは日本対中国だ。だがそんなとき、中国の南西部で強毒性のインフルエンザウイルスが蔓延しつつあるという報告が政府のもとに入ってきた。すでに数千人は死んでいるという情報もある。中国政府もこの異変に気づいているようだったが、その事実は公式には伏せられていた。なんとしてでもワールドカップを成功させたかったからだ。

だがワールドカップが終わるのを待っていると、その間にウイルスが世界中に広がってしまう。総理大臣である瀬戸崎の父は、「新型インフルエンザ対策本部」を立ち上げ、優司に参加してほしいと呼びかけた。一度は断るものの、優司は父の誘いを受けることにする。

募る焦燥感

第1回「新型インフルエンザ対策会議」にアドバイザーとして呼ばれた優司だったが、閣僚たちの間にはあまり危機感が感じられず、今はまだ対策を講じる段階にないという声が多数だった。

厚生労働省からマンションに戻る途中、優司はなじみのスナックに寄った。珍しく店は満員で、全員が日本対中国の試合に釘付けだ。結局、試合は中国が逆転勝ちした。これにより大量の日本人が、中国から帰国することが予想された。

第2回の対策会議の雰囲気は、前回とはまったく違う張り詰めたものになった。「国際空港はすべて封鎖すべきだ」と主張する優司。受け入れられるわけがないとわかっていたが、そうでもしなければ水際対策などできないという考えだった。当然、閣僚からは反発が続出した。とはいえウイルスの潜伏期間を考えると、最低5日間は隔離して様子を見なければならないのも確かだった。

最後は総理大臣の鶴の一声で、すべての乗客をホテルに5日間隔離することが決まった。乗客からは不満が相次ぎ、マスメディアにも批判的な文言が並んだ。だが優司は強い決意で、明日以降も同様の措置を取ると宣言した。

ワールドカップの中止

こうした日本政府の対応について、不気味なほど中国からの反応は薄かった。中国が正式に口を開くのは、ワールドカップが終わってからになるかもしれない。だがそれでは遅すぎる。すでに2~3000人が死亡しているという情報もある。しかし中国は準決勝でイタリアを破り、ブラジルとの決勝に向けて盛り上がるばかりだ。

しかし翌日から突然さまざまな情報が入り始め、中国政府からもその夕方に重要発表が伝えられた。それによると雲南省を中心に原因不明の感染症が広がっており、北京でも複数の患者が確認されたとのことだ。これによりワールドカップ決勝戦は中止となった。

中国の発表を受けて、政府は新型インフルエンザ対策のレベルを引き上げた。強毒性の新型インフルエンザ。WHOがつかんだ情報によると、その感染者数はすでに800万を超えていた。

【必読ポイント!】 感染

広がるウイルス
filipefrazao/gettyimages

日本でも本格的に対策本部が設置され、各省庁に新型インフルエンザ対策室が設けられた。優司は厚生労働省の「新型インフルエンザ対策センター」のセンター長に任命された。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

養生訓
養生訓
前田信弘
未 読
リンク
こころの相続
こころの相続
五木寛之
未 読
リンク
世界観をつくる
世界観をつくる
山口周 水野学
未 読
リンク
感染症の世界史
感染症の世界史
石弘之
未 読
リンク
東京改造計画
東京改造計画
堀江貴文
未 読
リンク
私の仕事
私の仕事
緒方貞子
未 読
リンク
レイシズム
レイシズム
ルース・ベネディクト 阿部大樹(訳)
未 読
リンク
2050年 世界人口大減少
2050年 世界人口大減少
ダリル・ブリッカー ジョン・イビットソン 倉田幸信(訳) 河合雅史(解説)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
「超」勉強力
「超」勉強力
中野信子 山口真由
未 読
リンク
2
集中力
集中力
井上一鷹
未 読
リンク
3
リモートワークの達人
リモートワークの達人
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 高橋璃子 (訳)
未 読
リンク

イチオシの本

意外と知らない「お金」の知識が詰まった3冊
意外と知らない「お金」の知識が詰まった3冊
2020.08.04 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年8月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年8月号)
2020.08.01 update
リンク
出版社のイチオシ#035
出版社のイチオシ#035
2020.07.31 update
リンク
コロナ・ショックを生き抜くためのクライシス・ノベル3冊
コロナ・ショックを生き抜くためのクライシス・ノベル3冊
2020.07.28 update
リンク

インタビュー

50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
1
「超」勉強力
「超」勉強力
中野信子 山口真由
未 読
リンク
2
集中力
集中力
井上一鷹
未 読
リンク
3
リモートワークの達人
リモートワークの達人
ジェイソン・フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン 高橋璃子 (訳)
未 読
リンク
『ゆめタウンの男』
『ゆめタウンの男』
2019.09.30 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『首都感染』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る