こころの相続

未 読
こころの相続
ジャンル
著者
五木寛之
出版社
SBクリエイティブ 出版社ページへ
定価
860円 (税抜)
出版日
2020年07月07日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
こころの相続
こころの相続
著者
五木寛之
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
SBクリエイティブ 出版社ページへ
定価
860円 (税抜)
出版日
2020年07月07日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

「相続」と聞いたらまず資産が思い浮かぶはずだが、著者のいう「こころの相続」は一味違う。私たちはモノとしての財産だけではなく、「形なきもの」を色濃く相続している。本書は、そうした無形の相続を読者と考えていくために書かれたものだ。

著者の五木寛之氏は、「形あるもの」だけが昨今の相続談義の対象になっていることに疑問を投げかける。私たちが親や家から相続するのは、目に見える財産だけではない。たとえば魚の食べ方や靴の脱ぎ方、歯磨きの仕方。こうした日常の所作に、親や家から受け継いだ、形のない「相続」がたくさん宿っているはずだ。著者は、この無形の相続を「こころの相続」と呼び、その重要性に光を当てていく。これは個人から個人の相続に限らず、社会や国家、文化、歴史などの社会的な相続をも含んでいる。

形のある財産の引き継ぎ方について考えたことがある人でも、形のない財産の相続について考えたことがある人は少ないのではないだろうか。親から引き継ぐ財産などないと思っていた方でも、聞いてみたい思い出話、引き継ぎたい習慣なら、思いつくかもしれない。

「こころの相続」は、忙しい生活ではつい後回しにしてしまいがちなトピックかもしれない。だが、自分が何を相続してきたか、相続したいか、そして子どもや子ども世代に何を相続させたいかを考える時間は、非常に価値あるものだろう。本書を入り口に、「こころの相続」について考え始めてみてはいかがだろうか。

池田友美

著者

五木寛之(いつき ひろゆき)
1932年福岡県生まれ。朝鮮半島で幼少期を送り、47年引き揚げ。52年早稲田大学ロシア文学科入学。57年中退後、編集者、ルポライターを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞、2010年『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞。代表作に『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『風の王国』『蓮如』『大河の一滴』『百寺巡礼』など。英文版『TARIKI』は2001年度「BOOK OF THE YEAR」(スピリチュアル部門)に選ばれた。02年に菊池寛賞を受賞。09年にNHK放送文化賞を受賞。10年『親鸞』で 第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞。

本書の要点

  • 要点
    1
    人は親や親世代から、形のないものや目に見えないものを数多く相続している。この無形のものの相続を、「こころの相続」と呼び、その重要性に気づくことが必要となる。
  • 要点
    2
    親は子に、生前できるだけ多く自分たちの歩いた道を語っておくほ...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

一億三千万人のための『論語』教室
一億三千万人のための『論語』教室
高橋源一郎
未 読
リンク
豊田章男
豊田章男
片山修
未 読
リンク
日本文化の核心
日本文化の核心
松岡正剛
未 読
リンク
養生訓
養生訓
前田信弘
未 読
リンク
あえて数字からおりる働き方
あえて数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
首都感染
首都感染
高嶋哲夫
未 読
リンク
私の仕事
私の仕事
緒方貞子
未 読
リンク
未来をつくる言葉
未来をつくる言葉
ドミニク・チェン
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク

イチオシの本

「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
【〈連載〉ニューノーマル時代のコミュニケーション 第2回】 「コミュニケーションの壁」を打破するための3冊
2020.10.27 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年9~10月)
2020.10.26 update
リンク
出版社のイチオシ#039
出版社のイチオシ#039
2020.10.23 update
リンク
時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第2回】 時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
2020.10.20 update
リンク

インタビュー

〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
〈対談〉「カルチャーづくり」をないがしろにしてはいけない
2020.10.14 update
リンク
1
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
2
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
3
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年2月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年2月号)
2019.02.01 update
リンク
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
世界最大のタブー、「トイレ問題」になぜ切り込めたのか?
2019.11.20 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『こころの相続』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る