リモートワークの達人

未読
リモートワークの達人
出版社
定価
880円(税込)
出版日
2020年07月15日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

新型コロナウイルスの影響でリモートワークになった人は多いのではないだろうか。突然の働き方の変化に戸惑っている人もいれば、「どうやってリモートワーク体制をうまく回そうか」と悩んでいる経営者もいるだろう。本書はそんな、リモートワークという働き方に課題を抱えている人におすすめの一冊だ。

本書の著者は、IT業界で非常に有名なプロジェクト管理ツール「ベースキャンプ」を運営している企業の創業者と共同経営者だ。同社は、1999年の創業以来20年にわたってリモートワークで経営されてきた。そしてベースキャンプは、世界中に数百万人ものユーザーがおり、業績は好調だ。

本書には、リモートワークで大きな成果を上げてきた経営者だからこそ語れるリモートワークのヒントが詰まっている。リモートワークのメリットはもちろん、リモートワークの落とし穴や、さらにはリモートワークを円滑に行うための人材採用術にまで言及している。リモートワークだとテキストでのやり取りがメインとなるため、ちょっとした言葉のあやで空気が悪くなりかねない。そのため、人柄に注目して社員を採用すべきだというアドバイスは、リアリティに溢れていた。

リモートワークは今後、日本でも浸透する可能性が高い。実践的なノウハウが詰まった本書を読んで、来るリモートワークの流れに乗ろう。

著者

ジェイソン・フリード(Jason Fried)
世界適に著名なソフトウェア開発会社「ベースキャンプ」(2014年に「37シグナルズ」から社名変更)の創業者・CEO。同社は1999年の創業以来20年にわたりリモートワークで業績を上げ続け、プロジェクト管理ツール「ベースキャンプ」は世界中で数百万のユーザーに愛用されている。ハンソンとの共著に本書のほか、ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーとなり日本でもITエンジニア大賞(ビジネス部門)を受賞した『小さなチーム、大きな仕事』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)、『NO HARD WORK!』(早川書房)、Getting Realがある。

デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson)
ベースキャンプ共同経営者。オープンソースのウェブ開発フレームワーク「Ruby on Rails」の開発者。Ruby on RailsはTwitter、クックパッド、Hulu、Airbnbなど100万を超えるウェブ・アプリケーションに使用されている。

本書の要点

  • 要点
    1
    クリエイティブな仕事に集中したい人にとって、昼間の会社は最悪だ。会社は邪魔に満ちている。
  • 要点
    2
    リモートワークに対する誤解に、相手の作業内容が見えないというものがある。しかし現在、離れた場所にいる人どうしのコラボレーションを助けてくれるツールは多数ある。慣れると同じ部屋にいる感覚で作業ができる。
  • 要点
    3
    リモートワークでは良質なコミュニケーションが不可欠だ。トラブルを防ぐには、前向きな人や、人の気持ちを思いやり、雰囲気を盛り上げてくれるタイプの人が必要だ。

要約

リモートワークをすすめる理由

なぜ会社にいると仕事ができないのか
fizkes/gettyimages

本当に集中したい場合、あなたはどこへ行くだろうか? 「会社」と答える人はほとんどいないだろう。会社だとしても朝早くの誰もいないうちか、みんな帰った夜中、あるいは週末を選ぶはずだ。仕事をしたい人にとって、昼間の会社は最悪だ。

昼間の会社はまるでフードプロセッサのような場所だ。同僚に話しかけられたり、どうでもいいミーティングに呼ばれたりして、まとまった時間が取れなくなってしまう。クリエイティブな仕事にはまとまった時間が必須なのに、会社ではそれが不可能だ。

そこでリモートワークの出番である。会社の外にいれば、誰にも邪魔されることなく仕事に集中でき、生産性は格段に向上する。

もちろん家で仕事をするにしても、テレビの誘惑がある。カフェで仕事をするなら、隣の会話が気になって集中できないかもしれない。しかし、そうした要因は、避けようと思えば避けられるものばかりだ。隣の会話がうるさいならヘッドフォンで音楽を聴けばいい。

通勤は人生の無駄づかい

通勤時間は、誰にとっても苦痛なものだ。朝は早く起きなければならないし、帰ってくるのは遅くなる。平日の時間は通勤時間に圧迫され、こまごまとした仕事を片づけていたら、週末の半分は終わってしまう。朝の渋滞はイライラを引き起こすし、混みあった電車やバスに乗るのは最悪だ。

通勤が体に悪いことは、科学的にも明らかになっている。通勤時間の長い人は太りやすく、ストレスが多く、ゆううつな気分になりやすい。さらには肥満やストレス、不眠や肩こり、高血圧などストレス性の病気も引き起こす。心臓発作やうつ病のリスクが高まり、離婚率が上がることも判明している。

通勤時間はまた、ビジネスにもネガティブな影響をもたらす。片道45分かけて通勤している人の場合、1日に1時間半、1週間で7時間半もの時間が通勤に費やされている。1年で300時間から400時間が通勤のために消えるのだ。

著者が自社の主力製品「ベースキャンプ」の制作にかかった時間は、400時間だ。400時間が自由に使えれば、かなりのことができるだろう。

9時5時からの解放

リモートワークでは、働く場所が自由になるだけでなく、働く時間も選べる。

たとえばベースキャンプでは、平均労働時間を週に40時間とし、その時間配分は個々人に委ねている。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3161/4138文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2020.08.04
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
リビング・シフト
リビング・シフト
柳澤大輔
未読
集中力
集中力
井上一鷹
未読
「超」勉強力
「超」勉強力
中野信子山口真由
未読
未来をつくる言葉
未来をつくる言葉
ドミニク・チェン
未読
超成長都市「福岡」の秘密
超成長都市「福岡」の秘密
石丸修平
未読
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未読
言葉を減らせば文章は分かりやすくなる
言葉を減らせば文章は分かりやすくなる
山口謠司
未読
問いのデザイン
問いのデザイン
安斎勇樹塩瀬隆之
未読
法人導入をお考えのお客様