カルチャーモデル
最高の組織文化のつくり方

未 読
無 料
カルチャーモデル
ジャンル
著者
唐澤俊輔
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2020年08月30日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
カルチャーモデル
カルチャーモデル
最高の組織文化のつくり方
著者
唐澤俊輔
未 読
無 料
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン 出版社ページへ
定価
1,800円 (税抜)
出版日
2020年08月30日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

就職・転職先を選ぶとき、最も気になるのが「自分がその会社に合うかどうか」ではないだろうか。情報サイトやデータバンクなどで、その企業の業績や職務内容、給与水準はある程度わかる。しかし、社内の雰囲気や暗黙のルールなどといった言語化しづらい部分については、入社しないとわからないことが多い。口コミサイトが人気を集めているのは、その不安のあらわれだろう。

著者は本書で、「その会社らしさ」を表す企業のカルチャーを、「経営戦略」のように明確に設定すべきだと説いている。なんとなくの雰囲気で共有している会社のカルチャーを明文化・言語化し、社内外に認知・浸透させることで、事業がうまく回るというのだ。

人口減少が進む中、優秀な人材を獲得してより長く勤めてもらえなければ、会社の存続はむずかしい。特に今は、新型コロナウイルスの影響で、求職者は会社と直接コミュニケーションをとりづらい。求める人材を採用できなかったり、せっかく採用した人材が「会社に合わなかった」という理由で辞めてしまったりする不幸は、最小限に食い止めなければならない。そのためにも、会社のカルチャーを一から見直し、体系的なカルチャーモデルをつくりあげ、積極的に発信することが急務と言える。

働き方の多様化・分散化が進む今、企業が社員を囲う強制力は弱まってきている。社員が自発的に「この会社で働きたい、貢献したい」と思える求心力は、これからの企業経営に欠かせない。カルチャーがその核になることは、本書をお読みいただければわかるだろう。

矢羽野晶子

著者

唐澤俊輔(からさわ しゅんすけ)
Almoha LLC, Co-Founder
大学卒業後、2005年に日本マクドナルド株式会社に入社し、28歳にして史上最年少で部長に抜擢。
経営再建中には社長室長やマーケティング部長として、社内の組織変革や、マーケティングによる売上獲得に貢献、全社のV字回復を果たす。
2017年より株式会社メルカリに身を移し、執行役員VP of People & Culture 兼 社長室長。採用育成制度設計労務といった人事全般からカルチャーの浸透といった、人事組織の責任者を務め、組織の急成長やグローバル化を推進。
2019年には、SHOWROOM株式会社でCOO(最高執行責任者)として、事業成長を牽引すると共に、コーポレート基盤を確立するなど、事業と組織の成長を推進。
2020年より、Almoha LLCを共同創業し、人組織を支援するサービスツールの開発を進めつつ、スタートアップ企業を中心に組織開発やカルチャー醸成の支援に取り組む。
グロービス経営大学院 客員准教授。

本書の要点

  • 要点
    1
    企業はビジネスモデルと同様に、組織のカルチャーモデルを考えなければならない。カルチャーモデルは事業の生産性や人材の採用にも関わる、経営の根幹となるものだ。
  • 要点
    2
    カルチャーが言語化され、社内外に共有されれば、企業と社員の期待値ギャップをなくせる。
  • 要点
    3
    カルチャー設計は、5つのプロセスで進める。すなわち、(1)現状のカルチャーを棚卸する、(2)ビジョン・ミッションを設定する、(3)カルチャーの方向性を決める、(4)カルチャーを言語化する、(5)カルチャーを浸透させる、だ。

要約

なぜ企業にカルチャーが必要なのか

期待値ギャップをなくせる
alvarez/gettyimages

「弊社は人を大切にしています」とは、よく聞かれる言葉である。だが、「人材を大切にしている」といいながら、社員が不幸になってしまっているケースも多いものだ。

超優秀な社員が入ってきても、大きな成果を出せずにすぐ退職してしまう。新卒社員が夢を抱いて入社しても、入社数カ月もすれば辞めていく。人を大切にしているはずなのに、なぜこのようなことが起きてしまうのだろうか。

その原因の一つが「期待値ギャップ」だ。期待値ギャップとは、社員が会社に対して抱いていた期待と、実際の働く環境や条件に差分がある状態のことをいう。そのギャップが大きければ大きいほど、不満が生まれやすい。そう考えると、「社員が期待する環境と、会社が提供する環境のギャップがない(少ない)会社」が「いい会社」だと定義できる。

企業は、事業戦略として「ビジネスモデル」を考えるように、組織戦略としての「カルチャーモデル」も考えなければならない。カルチャーが言語化され、社内外に共有されることで、企業と社員の間の期待値ギャップがなくなる。そして社員が会社に満足し、ロイヤルティ(忠誠心)高く働き続けてくれることが、企業の発展につながる。企業のカルチャーは、事業にも直接的に影響するのだ。

ビジネスをスピーディーに進められる

カルチャーは羅針盤のようなものだ。会社にとって何を優先すべきで、どのような意思決定をし、どんな戦略を立てるかの指針になってくれる。

たとえば、1年前に立ち上げた新規事業がうまくいかず、赤字を垂れ流していたとする。そんなとき、事業責任者はどうすべきか。「まだ見込みはあるから、なんとか頑張ろう」とハッパをかけるか、「傷が浅いうちに撤退して、新たなビジネスを検討しよう」と考えるか。

会社によって、導かれる答えは異なるだろう。「長期的な目線で考える」というバリューを持つ会社なら前者を選択するだろうし、スピード重視なら後者を選ぶはずだ。どちらが正しいということではなく、カルチャーに沿ったその会社らしい意思決定を、納得感を持ってすることに意味がある。

自社のカルチャーが浸透していれば、ギリギリの判断が求められるような場面でも、スピーディーに意思決定できる。意思決定後に「なぜそうするのか」を周知する必要もない。

変化の激しい時代、組織内のコンセンサスに時間をかけることはできない。カルチャーは、スピード感を持ってビジネスを推進するために不可欠だ。

自社に合う人材を採用できる
pixelfit/gettyimages

カルチャーが対外的に最も影響するのは採用である。

かつては新卒を一括で採用し、自社のカルチャーに染め上げるのが一般的であった。社員も、多少理不尽なことがあったとしても「仕事とはこういうもの」と納得して仕事をしていた。一方、Z世代(1996〜2012年生まれ)と呼ばれる若い世代は、「自分らしさ」「個人」を大切にする。だからコストをかけて新卒採用しても、カルチャーに染め上げる前に退職してしまう。

彼らはインターネットで情報を収集して、大企業とスタートアップを同じ評価軸で見定める。企業側はSNSやオウンドメディアで発信し、会社の価値観やカルチャーに共感してくれそうな人を採用する。

ここでも期待値コントロールが重要になってくる。どんなに「私たちの会社はオープンかつフラットです」と発信していても、実情が伴わなければ、口コミサイトなどに書き込まれてしまう。「実はワンマンらしい」などという評判がたてば、せっかくのブランディングも台無しだ。会社に興味を持ってくれたはずの優秀な人は警戒し、採用につながりにくくなる。

大切なのは、

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

新装版 目からウロコのコーチング
新装版 目からウロコのコーチング
播摩早苗
未 読
無 料
リンク
サーベイ・フィードバック入門
サーベイ・フィードバック入門
中原淳
未 読
リンク
個人力
個人力
澤円
未 読
リンク
ゼロからつくるビジネスモデル
ゼロからつくるビジネスモデル
井上達彦
未 読
リンク
戦略読書[増補版]
戦略読書[増補版]
三谷宏治
未 読
リンク
現代経済学の直観的方法
現代経済学の直観的方法
長沼伸一郎
未 読
リンク
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
マインドフルネスが最高の人材とチームをつくる
荻野淳也
未 読
リンク
これからの生き方。
これからの生き方。
北野唯我 百田ちなこ(絵)
未 読
無 料
リンク

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
3
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク

イチオシの本

読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年11月号)
2020.11.17 update
リンク
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
『頭を「からっぽ」にするレッスン』
2020.11.16 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
3
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク
4月ですね! ピカピカの新入社員の必読書5選
4月ですね! ピカピカの新入社員の必読書5選
2016.04.14 update
リンク
ブックコーディネーター直伝、アイデアを生み出す「本とのつき合い方」
ブックコーディネーター直伝、アイデアを生み出す「本とのつき合い方」
2016.07.14 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『カルチャーモデル』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る