これからの生き方。
自分はこのままでいいのか?と問い直すときに読む本

未 読
これからの生き方。
ジャンル
著者
北野唯我 百田ちなこ(絵)
出版社
世界文化社 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2020年08月21日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
これからの生き方。
これからの生き方。
自分はこのままでいいのか?と問い直すときに読む本
著者
北野唯我 百田ちなこ(絵)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
世界文化社 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2020年08月21日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
おすすめポイント

あなたには人生における明確な目標があるだろうか。また、どんな人間になりたいだろうか――。生き方とは、掴みどころのないものだ。どれだけ試行錯誤しても、いつの間にか煙に巻かれてしまう。そんなふうに感じたことはないだろうか。

有限でやり直しのきかないのが人生である。ならば後悔のないように、自分の好きなことをやり、好きなように生きてみたい。だが、心の中のモヤモヤは膨れ上がっていく。それはなぜなのか。要約者は本書を読んでそのワケがわかった。

本書の構成は実に斬新だ。まず漫画編があり、登場人物たちの生き方を通じて自己分析を深められるワーク編が続く。そして著者が読者に向けて綴った渾身のメッセージ、登場人物たちへのインタビューを通じて「働くこと」の意味を再考できる仕立てだ。ワークのベースとなっているのが、アメリカの心理学者、ドナルド・E・スーパー氏が提唱した「14の労働価値」だ。いわば、人が仕事をする上で大切にしている価値観を網羅したものである。

これからの生き方を考えていく際は、自分の価値観の解像度を上げて、言語化することが重要となる。本書はそれを促す、優れた自己理解・他者理解の指南書と言えるだろう。漫画の登場人物がどのような価値観を重視しており、どのような言動にそれが見て取れるか。またどんなキャリア戦略を立てていけばいいのか。こうしたことがタイプ別に提示されているため、自分に当てはめて考えやすい。読後には視界がクリアになり、前向きな気持ちで次のアクションを起こせることだろう。

ライター画像
金井美穂

著者

北野唯我(きたの ゆいが)
兵庫県出身、神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社。ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。現在取締役として人事領域・戦略領域・広報クリエイティブ領域を統括。またテレビ番組や新聞、ビジネス誌などで「職業人生の設計」「組織戦略」の専門家としてコメントを寄せる。
著書に『転職の思考法』『オープネス』(ダイヤモンド社)、『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)、『分断を生むエジソン』(講談社)がある。

百田ちなこ(ももた ちなこ)
福島県出身、埼玉県在住。
漫画家・イラストレーター。
コミックエッセイ、4コマ、広告漫画等を中心に活動中。
著作に『地方女子の就活は今日もけわしい』(KADOKAWA)、『理系夫とテキトー奥さん』(イースト・プレス)、WEB連載に「残念OLはキラキラ妄想がお好き」(マイナビニュース)等がある。
Twitter/Instagram @momotachinako
Blog:「ぐだぐだえにっき」http://ameblo.jp/mchinako/

本書の要点

  • 要点
    1
    「14の労働価値」とは、人が仕事をする上で大切にしている価値観である。
  • 要点
    2
    仕事に求める価値観は一つではないし、それらを100%満たせる職場もない。副業しやすい現代では、「分散して満たす」生き方も可能だ。
  • 要点
    3
    キャリアタイプには、「スキル型のキャリア」「意志型のキャリア」「チーム型のキャリア」「バランス型のキャリア」の4つがある。
  • 要点
    4
    「これからの生き方」を考えるには、まずは自身の価値観を明らかにすることだ。そのためには、感性を磨き、物事の感じ取り方を客観的に分析することが重要だ。

要約

漫画編『これからの生き方。』

あらすじ
zepp1969/gettyimages

出版社の雑誌編集部に勤める副編集長・小林希(29)は、史上最年少の編集長就任に意欲を燃やしていた。昇進するには、4年連続となる売上記録更新を実現しなければならない。

そこで希が企画したのは、チョコレート専門店「サンセリテ」のオーナーであり、伝説のショコラティエである土尾紀男(60)の巻頭インタビューだった。

ところが、希の強引な態度を好ましく思わない土尾は、元々メディア嫌いということもあって、なかなか取材を受けてくれない。シニア編集者の本間健太郎(52)は土尾と接点はあるものの、希を出世させまいと非協力的で、真っ向から対立する。

そんなとき、土尾の右腕・上山公二(34)がフランスの名門店での修行を終えて帰国する。すぐにでも新作を土尾に試食してもらい、実力を認めてもらいたいという野心に燃える。

なんとしても業界のレジェンドである土尾の特集を自身の手で成功させたい希は、上山に土尾との対談を言葉巧みに持ちかける。希が尊敬している編集長の横田航(42)は、希のために本間との仲裁に入るが、希と本間との衝突は激化する一方。希はいったいなぜ、そこまで土尾に執着するのか。希が編集長を目指す先に求めているものとは?

異なる価値観を持つ登場人物たちの「生き方」がぶつかり合いながらも、事態は思わぬ展開を迎えることとなる。

【必読ポイント!】 「14の労働価値」で自分を知る

なぜ職場で人と衝突してしまうのか

人には仕事をする上で大切にしている価値観がある。アメリカの心理学者、ドナルド・E・スーパー氏は、それを「14の労働価値」として提唱した。

「14の労働価値」とは、「能力の活用」「達成」「美的追求」「愛他性」「自律性、自立性」「創造性」「経済的価値」「ライフスタイル」「身体的活動」「社会的評価」「危険性、冒険性」「社会的交流性」「多様性」「環境」である。

たとえば、これらを漫画編のキャラクターに当てはめると次のようになる。

最年少編集長の座を狙って4期連続の売上部数記録更新に挑むのが、主人公・小林希である。彼女が仕事で重視しているのは、「自分の能力を活用すること」「達成」「美的に追求できること」「自立的で創造的な仕事であること」だ。

それに対して、ことあるごとに希と対立するベテラン編集者の本間健太郎はどうか。彼が大切にするのは、「ライフスタイル」や「環境」だ。希が大切にする価値観は、本間にとってはそれほど重要ではない。

14の労働価値に照らして比較してみると、二人が仕事をする上で大切にしている価値観にズレがあることに気づくだろう。職場で起こる衝突は、たいていこういった価値観の相違に起因していることが多い。

なぜ尊敬する上司に不信感を抱いてしまうのか
Vitezslav Vylicil/gettyimages

もう一組のキャラクター、土尾と上山についても比較してみよう。

土尾紀男は日本を代表するショコラティエである。その右腕として働いていた上山公二は、パリの名門で5年間の修行を終えて意気揚々と帰国した。すぐさま土尾に新作を披露し、実力を認めさせたいと意欲に燃えていた上山にとって、特に大切な価値観は「経済的価値」と「社会的評価」である。

かたや土尾にとって、報酬や社会的評価の重要度は下がっていた。それゆえ以前ほどは仕事への厳しさもなく、自分でショコラを作ることもなくなっていた。それが上山には情熱を失ったように見えたのだ。

実際のところ、土尾は後進の教育に力を注ぐようになっていた。この価値観の相違によって、野心家の上山は尊敬する師匠へ不信感を抱くようになり、それが衝突を招いてしまう。

食事や衣服、住む場所などの「身体的な好き嫌い」は、お金があればなんとかなる。しかし「思想的な好き嫌い」はお金ではどうにもならない。これには唯一の正解はないからだ。

「自分と他人は違うものだ」と考えれば、気が楽になるかもしれない。だが、それでは永遠にわかり合える日は来ない。価値観が違う部分もあるが、わかる部分もあることを丁寧に再確認しながら少しずつ歩み寄る。それが大人になるということなのだ。

分散して満たす生き方

「今の仕事に100%満足しているか」と聞かれて、YESと答えられる人はなかなかいない。現実的には、100%完璧な職場など存在しないからだ。では、それでも満足のいく生き方をするためには、どうすればいいのか。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
10年後に食える仕事 食えない仕事
10年後に食える仕事 食えない仕事
渡邉正裕
未 読
リンク
新装版 目からウロコのコーチング
新装版 目からウロコのコーチング
播摩早苗
未 読
リンク
やってのける
やってのける
ハイディ・グラント・ハルバーソン 児島修(訳)
未 読
リンク
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
思うことから、すべては始まる
思うことから、すべては始まる
植木宣隆
未 読
リンク
藁を手に旅に出よう
藁を手に旅に出よう
荒木博行
未 読
リンク
ビジネスエリート必読の名著15
ビジネスエリート必読の名著15
大賀康史
未 読
無 料
リンク
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方
八木仁平
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
人生の目標を見つけたい! 必要なのはやっぱりお金?
2022.08.23 update
リンク
出版社のイチオシ#073
出版社のイチオシ#073
2022.06.03 update
リンク
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
“今日から試せる”「話し方」3つのコツ
2022.08.10 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『これからの生き方。』をおすすめする
保存が完了しました