対話型マネジャー
部下のポテンシャルを引き出す最強育成術

未 読
対話型マネジャー
ジャンル
著者
世古詞一
出版社
日本能率協会マネジメントセンター 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2020年06月10日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
対話型マネジャー
対話型マネジャー
部下のポテンシャルを引き出す最強育成術
著者
世古詞一
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本能率協会マネジメントセンター 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2020年06月10日
評点
総合
3.8
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

「自分はこのままでいいのか」という感覚は、ビジネスパーソンなら誰しも身に覚えがあるものだろう。日々の業務に追われているうちに仕事をこなすだけになり、「仕事はつまらないし、自分が成長している気もしないし、会社が目指すところもわからない」という気持ちになってしまいがちだ。本書で著者は、こうして「業務」「個人」「組織」の3つのレベルが乖離すると、やがて離職につながると指摘している。

本書では、マネジャー側の視点から、部下と充実した対話を行い、部下の「業務」「個人」「組織」のレベルをそれぞれ結びつけることによって、部下の成長を促し、成果へとつなげるための知識やスキルが多数掲載されている。ノウハウがなければ、1on1の時間を設けても、思いつきで話を進めたり、上司ばかり話してしまったりしがちだ。意図的に話題を選択し、部下にしゃべってもらうのは、特に口下手な人にとっては荷が重く感じられるだろう。

本書で紹介されている「すり合わせ9ボックス」の考え方はシンプルで理解しやすく、具体的な活用法、それぞれの場面で聞くべきこと、聞き方、いい対話の例なども豊富に掲載されており、細かい場面対応についても網羅されている。自分のマネジメント方法を見直したい、マネジメントに対話を取り入れたいと考えているマネジャーにとっては、参考にしたい情報ばかりだろう。本書を教科書に、部下との向き合い方を見つめ直してみてはいかがだろうか。

池田友美

著者

世古詞一(せこ のりかず)
1973年生まれ。千葉県出身。組織人事コンサルタント。1on1ミーティングで組織変革を行う1on1マネジメントの専門家。早稲田大学政治経済学部卒。 Great Place to Work® Institute Japanによる「働きがいのある会社」2015年、2016年、2017年中規模部門第一位の(株)VOYAGE GROUPの創業期より参画。営業本部長、人事本部長、子会社役員を務め、2008年独立。コーチング、エニアグラム、NLP、MBTI、EQ、ポジティブ心理学、マインドフルネス、ストレングスファインダー、アクションラーニングなど、10以上の心理メソッドのマスタリー。個人の意識変革から、組織全体の改革までのサポートを行う。
著書に『シリコンバレー式最強の育て方―人材マネジメントの新しい常識1on1ミーティング―』(かんき出版)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    組織に属する人がやりがいを持って成長し成果を上げていくには、上司と部下の間で対話を行い、「業務」「個人」「組織」の3つのレベルですり合わせを行っていくことが重要である。
  • 要点
    2
    「業務」「個人」「組織」の3つをそれぞれ「現在」「過去」「未来」の時間軸で分けた「すり合わせ9ボックス」を活用し、頭の中にある9つのボックスを開けていくイメージで対話してみよう。
  • 要点
    3
    対話では、部下の話に反応し、話を返し、質問をするなどして、部下にどんどん話してもらうようにする。

要約

なぜ企業に対話が必要なのか

3つの要素をすり合わせる
YinYang/gettyimages

会社や組織において、人は「業務」「個人(自分)」「組織(自分以外)」の3つの要素を考えなければならない。多くの人は入社当初には期待に胸を膨らませ、「早く仕事で結果を出して(業務)、能力を高めて(個人)、組織に貢献していこう(組織)」といったように3つの要素をつなげて考えているはずだ。しかしやがて、「今の仕事がつまらない(業務)から、成長実感も湧かないし(個人)、そもそも会社がどこに向かっているかわからない(組織)」と、3つの要素が乖離してやる気をなくし、組織から去っていってしまう。

本書は、業務、個人、組織の3つの要素について上司と部下が対話し、すり合わせをしていくことの重要性について説いている。対話もなく、上司からただ業務に必要な指示を出されているだけでは、部下はそれをこなすだけの生活になってしまう。一方、部下が自分の言いたいことを言えて、マネジャーがそれをしっかり受け止め、組織としての考えも伝えてくれる「対話」の場があれば、部下はもっと働きがいを持って仕事に取り組めるはずだ。

【必読ポイント!】 「何を」すり合わせるか

業務レベル、個人レベル、組織レベル

本書では、対話を次のように定義している。

「従業員の継続的な成果創出、モチベーション向上、成長促進、働きがい向上のために必要な業務・個人・組織に関する諸認識をすり合わせること」

組織の中でやりがいや働きがいを感じていくためには、何よりまず自分に課せられた「業務」で成果を上げる必要がある。目の前の業務を全うすることで、周囲からも認められて、自分に自信がつくからだ。

そして、継続的に成果を出し続けていくためには、その土台となる「個人」の能力や資質を磨き、キャリア観など自分の軸をつくっていくことが不可欠だ。加えて、所属する「組織」の成り立ちやそこにいるメンバー、組織の方向性への理解を深めていく必要がある。

要するに、主に業務から派生するテーマである「業務レベル」、個人の成長やライフスタイルに関する「個人レベル」、組織やチームに関する「組織レベル」の各レベル(領域)の中で、上司と部下の諸認識をすり合わせていくこと、そして各レベル間をつなげていくことこそ、対話の目的なのだ。3つのレベルがつながっていくほど、業務成果を出すことが自分の将来を見すえた能力開発となり、同時に組織貢献になっているという手ごたえ、つまりやりがいを感じることができる。

といっても、「対話によってモチベーションを上げよう」と意気込んで失敗してしまうケースも多い。モチベーションが上がるのは結果であって、対話の焦点をそこに合わせるべきではない。業務レベルの対話の焦点は「成果」、個人レベルでは「成長」、組織レベルでは組織の方向性についての「共感」であるべきだ。

すり合わせ9ボックス
画像提供/日本能率協会マネジメントセンター

本書では、対話のテーマを明確にするために、「業務」「個人」「組織」それぞれを時間軸で3分割した、「すり合わせ9ボックス」を利用する。横軸が現在、過去、未来の時間軸、縦軸が業務、組織、個人の3つのレベルを表す3×3の9つのボックスを想像していただきたい。それぞれのテーマが人の頭の中の箱に詰まっていて、該当テーマについて対話をしながら、その箱を開けて中身を探っていくようなイメージだ。

業務レベルの「現在」時間軸では、部下が抱えている業務不安の解消や解決がテーマだ。対話を通して、顕在化している不安だけでなく、潜在的に抱えているモヤモヤを具現化していく。

業務レベルの「過去」時間軸では、

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

課長の心得
課長の心得
安部哲也
未 読
リンク
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
ビル・エディ 宮崎朔(訳)
未 読
リンク
無意識がわかれば人生が変わる
無意識がわかれば人生が変わる
前野隆司 由佐美加子
未 読
リンク
超雑談力
超雑談力
五百田達成
未 読
リンク
頭を「からっぽ」にするレッスン
頭を「からっぽ」にするレッスン
アンディ・プディコム 満園真木(訳)
未 読
リンク
コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方
コロナ後に生き残る会社 食える仕事 稼げる働き方
遠藤功
未 読
リンク
超速フレームワーク
超速フレームワーク
大嶋祥誉
未 読
リンク
自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方
自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方
島村華子
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
伝える準備
伝える準備
藤井貴彦
未 読
リンク
2
サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学
サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学
阿部誠(監修)
未 読
リンク
3
「スルーされない人」の言葉力
「スルーされない人」の言葉力
ひきたよしあき
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

9月11日は「米同時多発テロから20年」
9月11日は「米同時多発テロから20年」
2021.09.09 update
リンク
2000年前から時間は足りない!
【ビジネスパーソンのための 一生使える教養】 2000年前から時間は足りない!
2021.09.06 update
リンク
出版社のイチオシ#060
出版社のイチオシ#060
2021.09.03 update
リンク
9月4日は「クラシック音楽の日」
9月4日は「クラシック音楽の日」
2021.09.02 update
リンク

インタビュー

なぜ「絵」を描くとヒラメキ溢れる会議になるのか?
なぜ「絵」を描くとヒラメキ溢れる会議になるのか?
2021.09.01 update
リンク
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
「心のクセ」を知れば、もっと快適に生きられる
2021.08.30 update
リンク
いまビジネスパーソンがデッサンを学ぶべき理由
いまビジネスパーソンがデッサンを学ぶべき理由
2021.08.25 update
リンク
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
福岡市市長が、「福岡市から日本を変える」ことにこだわるワケ
2021.07.22 update
リンク
1
伝える準備
伝える準備
藤井貴彦
未 読
リンク
2
サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学
サクッとわかる ビジネス教養 行動経済学
阿部誠(監修)
未 読
リンク
3
「スルーされない人」の言葉力
「スルーされない人」の言葉力
ひきたよしあき
未 読
リンク
おうち時間を楽しくする7冊
おうち時間を楽しくする7冊
2021.08.06 update
リンク
8月24日は「ラグビーの日」
8月24日は「ラグビーの日」
2021.08.22 update
リンク
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
あなたの咲くべき場所はそこじゃない?
2021.06.09 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『対話型マネジャー』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る