危険人物をリーダーに選ばないためにできること
ナルシストとソシオパスの見分け方

未 読
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
ジャンル
著者
ビル・エディ 宮崎朔(訳)
出版社
プレジデント社 出版社ページへ
定価
2,200円(税込)
出版日
2020年06月29日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
危険人物をリーダーに選ばないためにできること
ナルシストとソシオパスの見分け方
著者
ビル・エディ 宮崎朔(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
プレジデント社 出版社ページへ
定価
2,200円(税込)
出版日
2020年06月29日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

香港では国家安全法が成立して、民主活動家たちが次々と逮捕された。ロシアでは、プーチン大統領の任期を2036年まで延長可能とする憲法改正案が承認された。コロナに便乗して “ 独裁者” たちが勢いを増していると感じるのは、私だけではないはずだ。

本書を読むと、「危機」は権力を集めるための必須ステップであることがわかる。時にかれらは危機をわざと作り出し、敵を定め、自分こそ民衆を救うヒーローであるというストーリーを仕立て上げる。それを繰り返しメディアで流し、人々の脳裏に刷り込んで支配していく。この手口で上り詰めた政治家の一人にアドルフ・ヒトラーがいるが、2020年のアメリカ大統領選で再選を目指すドナルド・トランプ氏もその一人かもしれない。本書では、2016年の大統領選で彼がどのようにふるまい、周囲がどう反応しているかもつぶさに分析している。

このような支配者たちは、一見魅力的でカリスマ性を持つが、権力の座につくと非常に危険な人物だ。本書は、心理学的な見地を援用しながらかれらの特性や言動パターンを読み解き、対処の仕方までを伝授するトリセツのような一冊である。

なお、ナルシストやソシオパスの特性を持つ人は世界中に一定数存在するが、そのすべてが危険な支配者になるわけではないことを付け加えておく。本要約では「危険な政治家」について言及している箇所にポイントを絞った。

コロナという大きな危機は、危険人物がのし上がる土壌となっている。うっかりかれらに旗を持たせることのないよう、すべての人にお読みいただきたい。

矢羽野晶子

著者

ビル・エディ Bill Eddy
個人や組織が「対立屋」に対処することを支援する会社、High Conflict Instituteの共同創立者兼トレーニングディレクター。アメリカ、サンディエゴにある国立紛争解決センター(National Conflict Resolution Center)シニアファミリーメディエーター。弁護士、臨床ソーシャルワーカーの資格を持ち、現在、ペパーダイン大学ロースクールのストラウス紛争解決研究所(Straus Institute)およびモナーシュ大学法科大学院の非常勤講師を務める。200万人以上の読者を持つPsychology Todayのウェブサイトに連載を持つ。本書を含めて14冊(共著含む)の著書がある。
www.HighConflictInstitute.com
www.NewWays4Families.com

本書の要点

  • 要点
    1
    対立を煽る政治家(対立屋)は、ナルシストやソシオパスといった特性を抱えていることが多い。かれらは人々の感情を刺激して対立を起こし、コミュニティを分断し、権力を自分のものにする。
  • 要点
    2
    対立屋は、架空の危機を作り出し、敵を特定し、それを救えるのは自分だけだと説く。
  • 要点
    3
    対立屋に対抗するには、事実に基づいた情報を、対立屋が行うのと同じ程度の情熱を持って堂々と主張することだ。

要約

【必読ポイント!】 支配したがる政治家たち

対立を煽るパーソナリティ
YuraDobro/gettyimages

大抵の人はふだん、揉め事に巻き込まれるとそれを解決しようとする。しかし「対立を煽るパーソナリティ」の持ち主(対立屋)は、その逆をする。あらゆる関係は本質的に敵対的なものだと考える。かれらは次から次へと不要な対立を生み、それを解消することには興味が無い。強烈な衝動に従って、自分が敵とみなした相手をコントロール、排除、破滅させようとする。

対立屋は、「敵」を執拗に非難し、何にでも白黒つけたがる。そして攻撃的な感情を抑制できず、極端に否定的な態度をとる。それゆえ、人づきあいに問題を抱え、対立の原因がたとえ自分にあったとしても反省せず、自分を変えようとしない。

対立屋はどこにでもいるが、特に政治の世界に多く見られる。対立屋は「権力」を持ち、それを行使することに強く惹きつけられる。そして常に「支配」したがり、強者であるためには手段を選ばない。「感情を煽るメディア」を使って、自身を「架空のヒーロー」に仕立て上げることもお手の物である。

ナルシストとソシオパス

対立屋には、ナルシストやソシオパスの特性がある程度備わっていると考えている。

ナルシスト的(自己愛性)特性の持ち主は、自分のことで頭がいっぱいである。特別扱いされる資格があると思い、壮大な構想を持って、無限の成功・権力を夢見る。そのため、しばしばかれらは政治に関心を持つ。政治的な争いは、自分が人より優れていることを見せる機会となるからだ。

ナルシストは、一見とても説得力のある、魅力的な人物に見えることがある。しかし、自分の構想や能力を無自覚に誇張しようとするため、自分自身を含め、多くの人を騙す傾向がある。たとえばナルシストが社長になると自身の手腕を過剰評価するため、会社の業績が不安定になることは、複数の研究結果からわかっている。

一方ソシオパスは、支配欲が高く、嘘や言いくるめが言動に多くて、強い攻撃性をもち、良心の呵責が欠如している、という特徴がある。ソシオパスの対立屋は、ビジネス、組織のリーダーなど他人を支配できる立場に引き寄せられる。リスクの高い行為を楽しむところがあり、「公金が横領できるから」という理由で政治に惹きつけられる人もいる。

悪性のナルシスト
Olivier Le Moal/gettyimages

これらの両方を備えている人を「悪性のナルシスト」と呼ぶ。悪性のナルシストは、壮大な計画を推進している時には非常に魅力的なカリスマに見えることがある。一方で無慈悲で情け容赦なく、良心に欠けている。専門家によると、かれらは強い破壊衝動を持ち、非難の標的、そして最終的には自分自身をも破滅させようとする。

この診断を最初にしたのは、ドイツの精神科医エーリッヒ・フロムである。フロムは悪性のナルシストについて、次のように説明している。「悪性のナルシストの障害を持つ人物は、生涯狂気が増していく傾向にある。神になろうとすればするほど人間離れしていき、その孤独がさらに恐れを生み、誰もが自分の敵となる」

多くの人は対立屋の行動にうろたえるが、練習していけばかれらの言動パターンを簡単に見つけられるようになる。対立屋は自分の言動を変えないため、普通の人よりも「予測しやすい」のである。

人の感情を操る対立屋

対立を煽る感情戦

対立屋は、家庭、職場、政党、国家、同盟国など同じチームにいる人々とさえ敵対する。これらの人たちを「非難の標的」と設定して繰り返し批判し、ひどい場合は暴行を加えることもある。これらの行為は感情をもとに行われ、標的となった人や周囲の人からも強い感情を引き出す。この「対立を煽る感情戦」は、次の4つのステップで進んでいく。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

鈍感な世界に生きる敏感な人たち
鈍感な世界に生きる敏感な人たち
イルセ・サン 枇谷玲子(訳)
未 読
リンク
課長の心得
課長の心得
安部哲也
未 読
リンク
会社に行きたくない。さて、どうする?
会社に行きたくない。さて、どうする?
和田秀樹
未 読
リンク
ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか
ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか
酒井大輔
未 読
リンク
無意識がわかれば人生が変わる
無意識がわかれば人生が変わる
前野隆司 由佐美加子
未 読
リンク
対話型マネジャー
対話型マネジャー
世古詞一
未 読
リンク
日本型組織 存続の条件
日本型組織 存続の条件
山本七平
未 読
リンク
トレイルブレイザー
トレイルブレイザー
マーク・ベニオフ モニカ・ラングレー 渡部典子(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
「ニューノーマル」最強仕事術
「ニューノーマル」最強仕事術
濱田秀彦
未 読
リンク
2
ブレイクセルフ 自分を変える思考法
ブレイクセルフ 自分を変える思考法
伊藤羊一
未 読
リンク
3
あなたを閉じこめる「ずるい言葉」
あなたを閉じこめる「ずるい言葉」
森山至貴
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

コロナ禍の休日、どう過ごす?
【要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ!】 コロナ禍の休日、どう過ごす?
2021.04.20 update
リンク
出版社のイチオシ#051
出版社のイチオシ#051
2021.04.16 update
リンク
ポジティブになるために読んでおきたい5冊
ポジティブになるために読んでおきたい5冊
2021.04.14 update
リンク
出版社のイチオシ#050
出版社のイチオシ#050
2021.04.09 update
リンク

インタビュー

〈対談〉私が小説を書く意味
〈対談〉私が小説を書く意味
2021.04.19 update
リンク
「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
「ジョブ型」時代にチャンスをもらえる人、もらえない人
2021.04.15 update
リンク
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
環境の力で、「すぐやれる自分」になる
2021.04.08 update
リンク
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
「自分」×「仕事」で分析すれば、仕事は楽しくなる
2021.03.31 update
リンク
1
「ニューノーマル」最強仕事術
「ニューノーマル」最強仕事術
濱田秀彦
未 読
リンク
2
ブレイクセルフ 自分を変える思考法
ブレイクセルフ 自分を変える思考法
伊藤羊一
未 読
リンク
3
あなたを閉じこめる「ずるい言葉」
あなたを閉じこめる「ずるい言葉」
森山至貴
未 読
リンク
人工知能、どう生かす? おすすめAI関連書
人工知能、どう生かす? おすすめAI関連書
2021.04.07 update
リンク
出版社のイチオシ#050
出版社のイチオシ#050
2021.04.09 update
リンク
適職の「当たり前」をアップデートせよ
適職の「当たり前」をアップデートせよ
2021.03.05 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『危険人物をリーダーに選ばないためにできること』をおすすめする

保存が完了しました

新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る