GENIUS LIFE ジーニアス・ライフ

万全の体調で生き抜く力
未読
日本語
GENIUS LIFE ジーニアス・ライフ
GENIUS LIFE ジーニアス・ライフ
万全の体調で生き抜く力
未読
日本語
GENIUS LIFE ジーニアス・ライフ
出版社
東洋経済新報社

出版社ページへ

定価
1,980円(税込)
出版日
2021年06月24日
評点
総合
3.5
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

2020年から本格化したコロナ禍では心身の健康への関心が世界的に高まった。ウイルスを避けることや抵抗力を上げることの重要性が日々伝えられ、他に比べて陽性者が少ない人種・地域の人たちの生活習慣にも注目が集まった。

さらに、リモートワークによる運動不足や肥満、メンタルヘルスの不調など、生活の変化によって生じる健康問題が次々と取り上げられた。ストレスの多い非日常的な状況が続く中、自分の体調の変化を自覚し、健康のための新しい取り組みをはじめた人も少なくないだろう。

『GENIUS LIFE ジーニアス・ライフ』は本来の健康を取り戻す方法を提案する実践的なガイドだ。著者は、パーキンソン病、アルツハイマー病、膵臓の腫瘍に苦しむ母を長年見守り、2018年に看取りを経験した。母の悲劇が繰り返されないようにという願いが本書に込められている。その内容は食生活や体内時計の改善、ビタミンDの重要性、エクササイズの方法、有害な化学物質の除去、メンタルヘルスの不調への対処法、さらには他者との関わり方まで多岐にわたる。本書を読み進めることで、脳とからだ、からだと環境の密接な結びつきに気付かされる。

心身の健康と環境を整えることは必ずしも容易ではない。それを著者も心得ており、個々人の状況に応じて、「では実際にどう日常生活で取り入れるか?」という現実的なアドバイスをしてくれる。まずはできるところからより良い選択を重ねていくことが、「ジーニアス・ライフ」への第一歩となるだろう。

ライター画像
豊岡愛美

著者

マックス・ルガヴェア(Max Lugavere)
映画製作者。健康・科学専門のジャーナリスト。著書Genius foods: Become Smarter, Happier, and More Productive While Protecting Your Brain for Life(未邦訳)はニューヨークタイムズ・ベストセラーとなり、8カ国語で出版された。iTunesの健康関連ポッドキャストでナンバーワンとなった「The Genius Life」のホストを務める。メディアへの寄稿や、世界各国からの講演依頼も多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    現代人は心とからだの健康に多くの問題を抱えている。本書は、この数百年で生じた環境の急激な変化が引き起こす心身の不調を「ジーニアス・ライフ」によって改善することをめざす。
  • 要点
    2
    心はからだの、からだは環境の影響を受ける。健康的な人生を送るためには、食生活や体内時計の改善、エクササイズ、有害物質の除去などにより、心とからだと環境のすべてに働きかけることが重要だ。
  • 要点
    3
    健康を手に入れるたったひとつの答えはない。だが、正しい知識によって日々を重ねることで、健康的な暮らしが実現できるだろう。

要約

【必読ポイント!】 脳とからだに悪い現代の生活

本来の生活を取り戻す「ジーニアス・ライフ」

著者の母は、健康的に暮らしていたものの、パーキンソン病とアルツハイマー病、そして膵臓の腫瘍の闘病生活の末に亡くなった。それを機に、病の原因は何だったのか、予防の手立てはあったのか、自分自身が今後健康に長生きするにはどうすればよいかを考えるようになった。

疾患の発症リスクは遺伝要因とともに環境要因も考慮する必要がある。1960年代には20人にひとりだった女性の乳がん罹患率は、今では8人にひとりにまで上昇しているという。だが、その間遺伝子に変わりはなく、一方で食生活や生活習慣、化学物質をはじめとして、人間を取り巻く環境には大きな変化があった。そこで著者が提案するのが、人間の健康を損なうような環境要因や生活習慣を改善する「ジーニアス・ライフ」だ。

脳とからだと環境
tadamichi/gettyimages

現代人が直面する心身の不調を解消するには、脳とからだと環境の関係を修復することが重要だ。からだは脳に影響を与え、そのからだは環境の影響を受ける。かつて遮断されているものと考えられてきた脳とからだは、近年の研究によって密接なつながりがあることが明らかになった。代謝の異常による炎症が不安や精神の疲労を引き起こしたケースや、逆に炎症を抑えることで抑うつが改善されたケースもある。

過去数百年の環境の激変により、現代人のからだと脳には多大な負担がかかっている。だが、環境を整えることによって、がんや認知症といった疾患を予防することが可能であるというのが著者の考えだ。

食生活を改善する

「ジーニアス・ライフ」の基盤は食事だ。現代の加工食品に用いられる精製済みの穀物や食用油、必須栄養素が失われた食品は、脳とからだの健康を大きく損なってしまう。私たちの脳が強く求める砂糖、脂肪、塩分を含むこれらの食品は、まるでポルノのように依存性を招く。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
HAPPY STRESS
HAPPY STRESS
青砥瑞人
未読
生きのびるための流域思考
生きのびるための流域思考
岸由二
未読
精神科医が見つけた3つの幸福
精神科医が見つけた3つの幸福
樺沢紫苑
未読
仕事のアンラーニング
仕事のアンラーニング
松尾睦
未読
気にしない練習
気にしない練習
名取芳彦
未読
考え方
考え方
稲盛和夫
未読
外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント
外資系コンサルが教えるプロジェクトマネジメント
山口周
未読
無(最高の状態)
無(最高の状態)
鈴木祐
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様