ソニー再生
変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」

未 読
ソニー再生
ジャンル
著者
平井一夫
出版社
日本経済新聞出版社 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2021年07月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ソニー再生
ソニー再生
変革を成し遂げた「異端のリーダーシップ」
著者
平井一夫
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
日本経済新聞出版社 出版社ページへ
定価
1,760円(税込)
出版日
2021年07月12日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
おすすめポイント

ソニーが元気になった。ソニーは要約者の世代で言えば、ウォークマン、ハンディカム、VAIO、AIBOなど革新的でとにかくカッコ良くて、みんなから「へぇー」と言われる製品を世に出していた会社だ。今で言うと、アップルのような会社だったのではないか。

そんなソニーが主力のエレクトロニクス部門の構造的な赤字に苦しみ続け、プレイステーション3の失敗などもあり、「このままじゃ潰れる」という時代が2000年代に続いた。そんな中、異端のキャリアを経て社長になったのが、著者の平井一夫氏だ。

「平井氏に社長が務まるはずがない」――2012年に社長に就任して以来、これでもかというほどのバッシングに平井氏はさらされてきた。そんなソニーが復活したのだ。

この本は、ソニー社員が持つ情熱のマグマに再び火をつけ、力強く前を向く会社に蘇らせた、本物の企業リーダーの迫力あるストーリーになっている。奇をてらわない。戦術や戦略を実行する社員との信頼関係をどう築くか。ソニーの元経営トップの経営哲学と魂からほとばしる言葉に、我々は多くの学びや気づきをもらえるはずだ。

「この人といっしょに働きたい」と思われるリーダーになるためには、何を考え、どう行動すべきか。そのヒントがあふれんばかりに詰まっている一冊である。

ライター画像
たばたま

著者

平井一夫(ひらい かずお)
ソニーグループ シニアアドバイザー
1960年東京生まれ。父の転勤でニューヨーク、カナダなど海外生活を送る。1984年国際基督教大学(ICU)卒業後、CBS・ソニー入社。ソニー・ミュージックNYオフィス、ソニー・コンピュータエンタテインメント米国法人(SCEA)社長などを経て、2006年ソニー・コンピュータエンタテイメント(SCEⅠ)社長。2009年ソニーEVP、2011年副社長、2012年社長兼CEO、2018年会長。2019年より現職。

本書の要点

  • 要点
    1
    異邦人としての体験が、「異見」を取り入れる経営哲学を生み出した。
  • 要点
    2
    方向性を決め、責任を取ることがリーダーに必要な資質である。
  • 要点
    3
    コストカットは、いつまでにどうやればコストがいくら下がるのかを繰り返し検討し、実行する。近道などない。
  • 要点
    4
    リーダーはまずは聞き役に徹する。結論が出ない場合も、期限を決めて考える。そして一度決めたらぶれないことが大切だ。

要約

異邦人

「異なるもの」の見方や考え方に触れる

銀行で働く父の転勤で、ニューヨークに引っ越したのは、小学校1年生の頃だ。学校の授業では、何日たっても周りの子たちが何をしゃべっているのか分からない。この当時から、40年以上も後にソニーのかじ取りを託されるまで、著者はこのような「異」なる場所を転々と動き続けてきた。その中で、常に「異なるもの」の見方や考え方に触れ、その「異見」を取り入れようとしてきた。

異邦人としての体験はニューヨークにとどまらなかった。小学4年生になり、日本に帰国することになったのだ。この時の方が、カルチャーショックは大きかった。

その後も地元の中学に進学する直前にカナダへ渡り、2年半後にまた帰国した。今度は東京にあるアメリカンスクールに通い、大学も留学生や帰国子女の多い国際基督教大学(ICU)を選んだのだった。

日本人として日本で生きる

海外で育った時間が長いからこそ、日本人として日本で生きると真剣に考えていた。父の助言もあり、CBS・ソニーに入った。

入社した1984年、ソニーはすでに世界的なブランドへと駆け上がっていた。ウォークマンは1979年に発売されていた。CBS・ソニーでは、外国部に配属、主に海外アーティストの日本でのプロモーションを手伝った。

丸山茂雄さんとの出会い
Bim /gettyimages

ソニー本体に忖度する気など一切ない雰囲気の会社の中で、後に著者の人生を大きく変えることになる大先輩に会う。丸山茂雄さんだ。プレイステーションの誕生を陰で支えた功労者であり、新しいイノベーションの種を育てる先駆者だった。

新生活が軌道に乗り始めた1994年の年明け、上司に呼ばれ、「君にはニューヨークに行ってもらう」と告げられた。

後に経営者としての土台を創ることになるこのニューヨーク行きには、実は丸山さんが一枚かんでいたのだった。

プレイステーションとの出会い

人生最大のターニング・ポイント

「プレステの仕事さ。ちょっと手伝ってくんない?」そんな軽い口調でCBS・ソニーの丸山茂雄さんから電話がかかってきた。「ええ。いいですけど」とこんな返事をしたはずだ。これが会社員人生で最大のターニング・ポイントになった。

この続きを見るには...
この要約を友達にオススメする
一緒に読まれている要約
変える技術、考える技術
変える技術、考える技術
高松智史
未 読
リンク
FREE, FLAT, FUN
FREE, FLAT, FUN
伊藤羊一
未 読
リンク
伝える準備
伝える準備
藤井貴彦
未 読
リンク
失敗を語ろう。
失敗を語ろう。
辻庸介
未 読
リンク
室町は今日もハードボイルド
室町は今日もハードボイルド
清水克行
未 読
リンク
超入門カーボンニュートラル
超入門カーボンニュートラル
夫馬賢治
未 読
リンク
スタンフォードの権力のレッスン
スタンフォードの権力のレッスン
デボラ・グルーンフェルド 御立英史(訳)
未 読
リンク
ナラティブカンパニー
ナラティブカンパニー
本田哲也
未 読
リンク
今週の要約ランキング
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
おすすめ要約診断
イチオシの本
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2022年8月~9月)
2022.09.26 update
リンク
出版社のイチオシ#080
出版社のイチオシ#080
2022.09.16 update
リンク
「説明術本」のテッパン3冊
「説明術本」のテッパン3冊
2022.09.13 update
リンク
「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
【ベストセラーのポイント解説】 「ばかげたことを!」罵倒するジョブズを変えたのは誰?
2022.09.09 update
リンク
インタビュー
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
『攻殻機動隊』は未来の予言書だった?
2022.09.20 update
リンク
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
DX推進の立役者が語る、未来を先取りする読書術
2022.09.15 update
リンク
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
「哲学的ゾンビ」が、私の世界を変えた
2022.09.08 update
リンク
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
ダイエットに何度も失敗する人は「因数分解」してみよう
2022.09.05 update
リンク
1
ほっこり
ほっこり
伊藤裕
未 読
リンク
2
やらかした時にどうするか
やらかした時にどうするか
畑村洋太郎
未 読
無 料
リンク
3
経営12カ条
経営12カ条
稲盛和夫
未 読
リンク
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
稲盛和夫氏に学びたい、 仕事のこと。人生のこと。
2022.09.30 update
リンク
マネジャー必見! コーチングのマインドセットが身につく6選
マネジャー必見! コーチングのマインドセットが身につく6選
2022.04.13 update
リンク
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
エシカル・ビジネスで未来を拓く、白木夏子氏が伝えたかったこと
2022.06.07 update
リンク
この要約をおすすめする
さんに『ソニー再生』をおすすめする
保存が完了しました