リーダーシップ進化論

人類誕生以前からAI時代まで
未読
日本語
リーダーシップ進化論
リーダーシップ進化論
人類誕生以前からAI時代まで
著者
未読
日本語
リーダーシップ進化論
著者
出版社
定価
2,200円(税込)
出版日
2021年10月30日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「なぜ、あなたがリーダーなのですか?」。多くのリーダーが、この問いに答えようと努力している。そして、悩んでいる。

著者によれば、それはあるべきリーダー像、すなわちリーダーの正当性が組織に起因し、その組織がそのときどきの環境によって変化する。本書は、2011年刊行の『リーダーシップでいちばん大切なこと』で「自分らしいリーダーシップ」について論じた著者が、「自分らしいリーダーシップ」は現実には不都合と感じ、より現実に即したリーダーシップ論が必要だという思いから書かれた。リーダーシップは組織によって変わることを軸に、歴史の中でどのような組織が形成され、どのようなリーダーシップが求められてきたのかを整理し、これからあるべきリーダーシップを描き出している。

リーダーシップと聞くと、とかくビジネスシーンで求められるものと思われがちだ。しかし、私たちの普段の生活とリーダーは、密接につながっている。たとえば家族、たとえば趣味サークルの場面において――。

本書の最後は、あるべきリーダーシップがないと、人間の存続が危ぶまれることが指摘されている。大仰に聞こえるかもしれないが、私たちが常にリーダー側か、リーダーを支える側になる存在である以上、「あるべきリーダーシップ」という命題に向き合い続けなければならないであろう。

「私(たち)はこれからどう生きるべきか」。本書はリーダーシップ論を通じ、そのヒントを伝えてくれている。

ライター画像
藤平泰徳

著者

酒井 穣(さかい じょう)
株式会社リクシス創業者・代表取締役副社長。
1972年東京生まれ。慶應義塾大学理工学部卒。
TIAS School for Business and Society 経営学修士号(MBA)首席取得。
商社にて新規事業開発に従事後、オランダの精密機器メーカーに光学系エンジニアとして転職し、オランダに約9年在住する。
帰国後はフリービット株式会社(東証一部)の取締役(人事・長期戦略担当)を経て、2016年、ビジネスパーソンのための仕事と介護の両立支援サービスや人工知能を用いた高齢者支援サービスを提供する、株式会社リクシスを共同創業。
認定NPO法人カタリバ理事、プロ野球選手会顧問なども兼任。

おもな著書
『はじめての課長の教科書』
『ビジネスパーソンが介護離職をしてはいけない これだけの理由』
『ビジネスパーソンの父が子どもたちに伝えたい21世紀の生き方』(以上ディスカヴァー)
『「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト』(光文社新書)

本書の要点

  • 要点
    1
    リーダーシップは、組織の在り方と密接に関係する。組織の何らかの行動変化が勝負の行方も左右する環境において、リーダーが求められる。
  • 要点
    2
    「自然に生まれるリーダーがよいリーダー」とは限らない。自己組織化の弊害を超克し、真の平和を目指すためのリーダーシップが求められている。
  • 要点
    3
    人間は将来、生態系のトップの座を人工知能(人工生命)に明け渡すことになる。現代のリーダーに求められるのは、その世界的な議論に参加し、可能であれば主導権を握ることだ。

要約

リーダーシップとは

リーダーと組織

世の中にあるリーダーシップに関するテキストは膨大だ。一説によると、リーダーシップに関する書籍は1万5000冊もあり、記事ともなれば年間数千もの単位で発表されている。

私たちはリーダーシップが重要と理解している。しかし、リーダーシップの本質を掴むのは難しい。リーダーシップをめぐる成功や失敗が、どのようなインパクトを持っているか、体験を通じて理解している。

リーダーシップは、組織の在り方と密接に関係する。むしろ組織の存在がリーダーを生み出している。一方、何も変化させる必要がないほどにパフォーマンスが高いチームでは、リーダーは必要ない。裏返せば、すでに失敗や敗北が確定している状況下では、リーダーが出現しても意味がない。チームの生産性が中程度、すなわちチームの何らかの行動変化によって勝負の行方も変化する環境だけが、リーダーを求める。つまり、リーダーシップ論とは組織論である。

自己組織化の超越
Cheryl Ramalho/gettyimages

原子は、ランダムな存在ではなく、規則的に振る舞う。それが集まると分子になったり結晶化したりする。このように、個々の要素に与えられている単純な規則が複雑なパターンを作り出すプロセスのことを、「自己組織化」と呼ぶ。

組織がリーダーを求めれば、リーダーは自然に生まれる。その組織に問題がなければ、リーダーに関する研究の意味はない。

チンパンジーの群れは、協力し合うという本能によって、むしろ組織だった争い、戦争を行う。人間の社会における自己組織化もまた、究極的には戦争につながっている。「自然に生まれるリーダーが、よいリーダー」とは限らない。

現代のリーダーシップ研究もまた、争いに勝てるリーダーの観察になってはいないか。競争が進化を生むという性質上、仕方のないことかもしれない。しかし、地球規模の大量絶滅が進行しつつある今、手をこまぬいていられない。自己組織化の問題点を超越し、真の平和を目指すためのリーダーシップが求められている。

リーダーシップの変遷

旧石器時代以降のリーダーシップ

リーダーシップは、2人以上の人間がいる組織においてのみ生じる概念だ。もし世界で唯一残された最後の人間だとしたら、リーダーシップに悩むことはないだろう。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)
POSITIVE DEVIANCE(ポジティブデビアンス)
リチャード・パスカルジェリー・スターニンモニーク・スターニン原田勉 (訳)
未読
コトラーのH2Hマーケティング
コトラーのH2Hマーケティング
フィリップ・コトラーヴァルデマール・ファルチウーヴェ・シュポンホルツ鳥山正博(監訳・解説)石丸由紀(訳)大坂裕子(訳)
未読
キャリア・ウェルネス
キャリア・ウェルネス
村山昇
未読
「やめる」という選択
「やめる」という選択
澤円
未読
考えて、考えて、考える
考えて、考えて、考える
丹羽宇一郎藤井聡太
未読
心はどこへ消えた?
心はどこへ消えた?
東畑開人
未読
最新版 戦略PR
最新版 戦略PR
本田哲也
未読
「怒り」が消える心のトレーニング
「怒り」が消える心のトレーニング
安藤俊介
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様