かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方

未読
日本語
かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方
かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方
未読
日本語
かくれ繊細さんの「やりたいこと」の見つけ方
出版社
定価
1,540円(税込)
出版日
2022年05月14日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「元気なのに傷つきやすい」「外向的で明るいのに、ささいな発言でクヨクヨして反省会をしている」「一人になるとどっと疲れて表情がなくなる」。もし当てはまるものが多ければ、あなたは「かくれ繊細さん」かもしれない。

2019年頃から、「HSP:Highly Sensitive Person」(生まれつき感受性が強く敏感な気質を持った人)の概念が日本でも広がってきた。「かくれ繊細さん」とは、外交的で感受性が強いが、その突出した部分を表面化しないよう社交的な側面でカバーしている人々のことだ。HSPは人口の約20%で、HSS型は人口の約6%を占めるという。かくれ繊細さんは人にどう思われるかを優先するため、自分を抑えて「やりたいこと」がわからなくなることが多いという。

自身も「かくれ繊細さん」であり、その専門カウンセリングをおこなってきた著者は、かくれ繊細さんが「やりたいこと」の分野で活躍し、充実した生き方をするための道筋やワークを教えてくれる。なぜ「やりたいこと探し」を終えられないのか。どうすればやりたいことが見つかるのか。どんな働き方が合っているのか。そして、自身の現在地を知り心と体を解放するところまで、余すところなく紹介されている。これまで生きづらさを感じてきた方も、可能性を解き放つヒントを得られるはずだ。

かくれ繊細さんではない方も、かくれ繊細さんの特性を知ることで、同僚や友人とのコミュニケーションがより円滑で豊かなものになるだろう。

著者

時田ひさ子(ときた ひさこ)
HSS型HSP専門心理カウンセラー
HSP/HSS LABO代表
早稲田大学文学部心理学専修卒業。生きづらさ研究歴は高校時代より35年。生きづらさを解消するヒントを得るために早稲田大学文学部心理学専修に進学。卒業時の論文テーマは、人の興味の持ち方、失い方に、学習過程を掛け合わせた視点を観察し考察する研究。さらに、思春期の子どもとの関係を改善するために、臨床心理学を大学院で学ぶ。アドラー心理学、認知行動療法、フォーカシング、退行催眠、民間の手法まで多数の心を取り扱う方法を習得するものの、自身の生きづらさの完全解明にはつながらなかった。その後、心理カウンセラーとして、HSS型HSPへのカウンセリングをのべ1万5000時間実施。講座受講生からのメール、LINEのやりとりは月100時間以上、かくれ繊細さんオンラインコミュニティ主催。著書に『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』(フォレスト出版)がある。

HSP/HSS LABO
https://hsphsslabo.com
HSS型HSPの才能、強みを見つけて伸ばすブレーん塾 podcast
https://anchor.fm/hsphsslaocom

本書の要点

  • 要点
    1
    「かくれ繊細さん」とは、感受性が強いHSPという特性を、社交性などのHSSという特性で表面化しないようにカバーしている「HSS型HSP」という特性を持つ人々のことである。
  • 要点
    2
    かくれ繊細さんは強い好奇心を持ちながらも、周囲からの視線に敏感である。そのため、やりたいことがあってもそれを抑えつけてしまうケースが多い。
  • 要点
    3
    かくれ繊細さんがやりたいことに向けて行動するためには、自分の気持ちに気づき、その良し悪しを判断しないことが大切である。

要約

「かくれ繊細さん」とは?

好奇心と繊細さをあわせもつ人

「何をやっても満足できない」「得意なことが何もない」「つい面倒くさくなり、最後までやり通せない」。こんなふうに感じている人はいないだろうか。最近では、「やりたいことをやる人生がクール」という価値観が広がってきている。そんななか、やりたいことを見つけられず不安になり、成果を出せない自分に落ち込んでいるうちに、「やりたいこと」がわからなくなってはいないだろうか。こうした悩みを抱える人の中には、「好奇心が強いのに怖がりである」「没頭しやすいけれど長続きしない」などの相反する性格特性を持つ人々がいる。心当たりがある人は、「かくれ繊細さん」(HSS型HSP、あるいはHSE)かもしれない。

最近では、アメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が発見した概念「HSP:Highly Sensitive Person」(生まれつき感受性が強く敏感な気質を持った人)が日本で話題になることが増えてきた。この「HSP」のなかでも、「共感能力が高く繊細で傷つきやすい側面(HSP)を、外向性、社交性、積極性、好奇心旺盛さという別の側面(HSS:High Sensation Seeking)によって表面化しないようカバーしている人たちのことを「HSS型HSP」という。本書のかくれ繊細さんとは、そのHSS型HSPという特性を持った人たちのことを意味する。

かくれ繊細さんの特徴
fcscafeine/gettyimages

「まわりの期待に応えたい」「誰かに喜んでもらえるなら、自分の気持ちは抑え込む」「9の長所よりも1の短所にクヨクヨしやすい」「自己卑下し、不安を感じやすい」「疲れやすく、まわりにペースを合わせ続けられない」。これらはかくれ繊細さんの特徴だ。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
気にしない習慣
気にしない習慣
内藤誼人
未読
仕事も人間関係もうまくいく! 「脳」の地図帳
仕事も人間関係もうまくいく! 「脳」の地図帳
加藤俊徳
未読
話し合いの作法
話し合いの作法
中原淳
未読
サクッとわかる ビジネス教養 アドラー心理学
サクッとわかる ビジネス教養 アドラー心理学
岩井俊憲
未読
「頑張る」をやめてみる
「頑張る」をやめてみる
根本裕幸
未読
「ありがとう」の教科書
「ありがとう」の教科書
武田双雲
未読
脳の名医が教える すごい自己肯定感
脳の名医が教える すごい自己肯定感
加藤俊徳
未読
共働きのすごい対話術
共働きのすごい対話術
あつたゆか
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様