リーダーは話し方が9割

未読
日本語
リーダーは話し方が9割
リーダーは話し方が9割
未読
日本語
リーダーは話し方が9割
出版社
定価
1,650円(税込)
出版日
2022年12月12日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

2020年から2022年まで3年連続で「一番読まれたビジネス書」(日販調べ)に輝いた大ベストセラー『人は話し方が9割』。本シリーズの最新刊のテーマは「リーダーの話し方」だ。

本書における「リーダー」とは、企業の経営者やマネジャーだけではない。コミュニティの責任者やパートのチーム長、学校の先生、お子さんがいる人など、「1人でも導くべき人がいる人」を対象にしていると著者はいう。便宜上「部下」「下の立場の人」などと表現されているものの、子ども、メンバー、生徒、後輩などに読み換えられる仕立てだ。

リーダーの話し方ひとつで「部下」の仕事ぶりはガラリと変わる。本書の印象的なエピソードを紹介しよう。

著者が行きつけの飲食店に入店したところ、いつもとは様子が違うことに気づいた。カウンター席に座ってよく観察してみると、いつもなら場を仕切っている店長が後ろに下がり、別のスタッフがメインに立っている。スタッフの胸には「キッチンの新米リーダーの高橋です」の名札。緊張している様子の新米リーダーに、周りのスタッフたちは「はっきり指示出して!」と強い口調で呼びかけている。

そこで店長が放ったひと言が空気を変えた。「高橋! しっかりと指示を出せ! お前がリーダーだ。俺はお前の指示で動く!」。高橋さんはこのひと言で自信を取り戻し、場はうまく回り始めた。

「そんな気の利いたセリフ、自分には出てこないな」と思った人には、ぜひ本書を手に取ってほしい。「どうして伝わらないんだろう」「なぜあの人は動いてくれないのか」という悩みが解決に近づくこと間違いなしである。

著者

永松茂久(ながまつ しげひさ)
株式会社人財育成JAPAN 代表取締役。
センチュリー出版オフィス 主幹。
大分県中津市生まれ。
2001年、わずか3坪のたこ焼きの行商から商売を始め、2003年に開店したダイニング陽なた家は、口コミだけで毎年4万人(うち県外1万人)を集める大繁盛店になる。
自身の経験をもとに体系化した「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人材育成法には定評があり、全国で多くの講演、セミナーを実施。「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ており、講演の累計動員数は延べ60万人にのぼる。
2016年より、拠点を東京麻布に移し、現在は自身の執筆だけではなく、次世代の著者育成、出版コンサルティング、経営コンサルティング、出版支援オフィス、講演、セミナーなど、数々の事業を展開する実業家である。
著作業では2021年、『人は話し方が9割』(すばる舎)がすべての書籍を含む年間ランキングで総合1位(日販調べ)、ビジネス書部門で2年連続1位(日販調べ)、トーハンのビジネス書年間ランキング(トーハン調べ)で1位に輝く。2022年2月、同書が単冊で100万部を突破。2022年上半期も総合1位(日販調べ)、ビジネス書部門では日販、トーハン、オリコンすべてで1位となり3冠を獲得。2022年のビジネス書年間ランキング(日販調べ)では史上初の3年連続1位に輝く。
著書に『人は聞き方が9割』『喜ばれる人になりなさい』(すばる舎)、『君は誰と生きるか』(フォレスト出版)、『自分を整える』(マガジンハウス)、『人生を言いなりで生きるな』『40代をあきらめて生きるな』『30代を無駄に生きるな』『20代を無難に生きるな』『影響力』『言葉は現実化する』『心の壁の壊し方』『男の条件』『人生に迷ったら知覧に行け』(きずな出版)、『在り方』(サンマーク出版)、『感動の条件』(KKロングセラーズ)など多数あり、累計発行部数は330万部を突破している。

本書の要点

  • 要点
    1
    リーダーに必要なものは特別な能力や実績、カリスマ性ではない。「人をやる気にさせ、能力を引き出す話し方」だ。
  • 要点
    2
    自己肯定感を満たすだけでは部下は動かない。「自己重要感」を刺激し、高める必要がある。
  • 要点
    3
    部下に注意しなければならないとき、相手の緊張感をやわらげつつ、リーダー自身の心を軽くするコツは「話し終わった後の、部下の状態を先に伝えること」である。

要約

人を動かすリーダーの共通点

話し方で相手をやる気にさせ、能力を引き出す

「もっと部下が思った通りに動いてくれれば……」「どうすればチームがまとまるんだろう?」「指示を出さなくても、人が自然と動いてくれるリーダーになりたい」などと、伝え方に悩むリーダーは多いものだ。一方、ごく一握りだが、部下のやる気と能力を見事に引き出しているリーダーもいる。

悩むリーダーとうまくいくリーダーの違いは特別な能力や実績、カリスマ性ではない。「人をやる気にさせ、能力を引き出す話し方」をしているかどうかだ。

部下の自己重要感を刺激する
kazuma seki/gettyimages

「相手の自己肯定感を満たせばうまくいく」と思っている人もいるかもしれないが、自己肯定感を満たすだけでは部下は動かない。意識すべきは「自己重要感」だ。

自己肯定感と自己重要感はどう違うのか。自己肯定感は、その人自身が自分の存在を肯定する感覚のこと。自己肯定感の高い人は、社会的立場や実績とは関係なく、自身の存在を肯定できる。

一方、自己重要感は、社会での立ち位置や実績があってこそ満たされるものだ。「大きな仕事を任された」「ポジションが1つ上がった」「何かで一等賞を取った」「すごい人から目をかけられている」「組織で期待されている」などといった感覚に基づくものである。

ひと言で表現すると、自己肯定感は安心感、自己重要感は特別感だといえる。うまくいくリーダーや慕われるリーダーは、話し方を通して部下やメンバーたちの特別感を高めているのだ。

「フォーユートーク」を実践する

相手の自己重要感を高める話し方を、著者は「フォーユートーク」と呼ぶ。フォーユートークのポイントは7つある。

1つ目は、「あなたは~」と、相手を主役にして話すこと。誰しも自分自身に一番興味があるため、自分を主役にして話してくれる人に心をひらくものだ。

2つ目は、相手に疎外感を与えないこと。優秀なリーダーは、常に目の前にいる人と関係のある話をする。自分の話や、相手とかけ離れた立場にある人の話ばかりを続けていては、相手は疎外感を覚えて心の扉を閉じてしまうからだ。

3つ目は、相手を否定しないこと。ダメ出しされると、人は自分の存在を全否定された気分になる。相手と良好な関係を構築したいなら、まずは相手の考えや気持ちを受け入れよう。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
[メンタルモンスター]になる。
[メンタルモンスター]になる。
長友佑都
未読
東大教授の考え続ける力がつく 思考習慣
東大教授の考え続ける力がつく 思考習慣
西成活裕
未読
話し方の正解
話し方の正解
桐生稔
未読
言語化の魔力
言語化の魔力
樺沢紫苑
未読
人生をもっと“快適”にする 急がない練習
人生をもっと“快適”にする 急がない練習
名取芳彦
未読
成功する人の仕事のやり方
成功する人の仕事のやり方
高崎拓哉(訳)ナイジェル・カンバーランド
未読
アサーティブ・コミュニケーション
アサーティブ・コミュニケーション
戸田久実
未読
人を選ぶ技術
人を選ぶ技術
小野壮彦
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様