雑談が上手い人が話す前にやっていること

未読
雑談が上手い人が話す前にやっていること
雑談が上手い人が話す前にやっていること
未読
雑談が上手い人が話す前にやっていること
出版社
定価
1,595円(税込)
出版日
2023年10月12日
評点
総合
3.5
明瞭性
3.5
革新性
3.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

毎日の会話において雑談が占める割合は意外と多く、その役割は大きいものだ。家族や友人との雑談の重要性は言うまでもないが、仕事においても、雑談は人間関係を良好なものにしたり、新たなアイデアにつながったりすることがある。

ところが、多くの会社で研修講師を務めてきた著者、ひきたよしあき氏によれば、会社におけるコミュニケーションの悩みランキング1位は「雑談が苦痛」だそうだ。そんな人も、本書を読めば、「雑談が苦痛」という気持ちがずいぶんやわらぐだろう。

著者は博報堂でクリエイティブディレクターとして数々のCMを手がけてきたひきたよしあき氏だ。大手企業などのスピーチライターとしても活動し、『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』などのベストセラーも生み出してきた、コミュニケーションのプロである。そんな著者だが、もとは雑談が苦手だったという。だからこそ、本書のメソッドは信頼できるものだ。

日々の生活や仕事において、雑談を避けて通ることはできない。雑談が苦手でなくなれば、格段にストレスが減ることだろう。「初対面の人と話せない」「沈黙が怖い」「相手の話にどう反応していいかわからない」といった悩みを抱える人や、コロナ禍で人と会う機会が減り、雑談力が落ちたと感じている人におすすめしたい一冊だ。

ライター画像
鈴木えり

著者

ひきたよしあき
コミュニケーション コンサルタント。
スピーチライター。
大阪芸術大学芸術学部放送学科 客員教授。
早稲田大学法学部卒業。博報堂に入社後、クリエイティブディレクターとして数々のCMを手がける。
政治、行政、大手企業などのスピーチライターとしても活動し、幅広い業種・世代の価値観、世代間のギャップ、言葉遣いの違いなどを分析し、コミュニケーション能力が高まる方法を伝授する。
また、大阪芸術大学、明治大学、慶應MCCなどで教え、「はじめて『わかった!』と心の底から思えた講義」「一生ものの考える力が身につく」と学生や社会人から支持を集める。
教育WEB「Schoo」では毎回事前予約が約20,000人、朝日学生新聞社「みんなをつなぐ新聞WEB」では、毎回1,200人近い子どもと保護者が参加する人気。
著書に『5日間で言葉が「思いつかない」「まとまらない」「伝わらない」がなくなる本』(大和出版)、『大勢の中のあなたへ』(朝日学生新聞社)、『トイレでハッピーになる366の言葉』(主婦の友社)など。

本書の要点

  • 要点
    1
    雑談では、必ずしも自分から話をする必要はない。相手の話を聞くだけでもいいし、うなずいたり笑ったりツッコんだりして、みんなの会話を一緒になって楽しむ「観覧者」という役割も重要だ。
  • 要点
    2
    「あぁ、この人とは合わない」と思っても、意見をぶつけるのではなく、とりあえず共感を示そう。具体的には、「そうですねぇ」「いい感じですねぇ」「困りますねぇ」と語尾を伸ばしたり、「わかります」という言葉を使ったりする。
  • 要点
    3
    「自分語り」は嫌われがちだが、失敗談とV字回復の物語は例外だ。失敗から学んだことをセットにして話すのも喜ばれる。

要約

雑談がラクになる心がけ

「観覧者」としての役割を果たす

雑談には、「話す人」だけでなく、それを受けとめる「聞く人」も必要だ。話すのが苦手なら「聞く人」になればいい。

「話す人」と「聞く人」に加えて、雑談には「観覧者」という役割もある。話す人、その話を聞く人の他に、「そのやりとりを楽しむ人」という観覧者がいてこそ、さらに話が盛り上がっていくのだ。

うなずいたり笑ったりツッコんだりして、みんなの会話を一緒になって楽しむ――観覧者も雑談において必要な役割である。

店員さんに「ありがとう」と言う

家ではよくしゃべるのに、外に出ると全然しゃべれない人がいる。自分に自信がなかったり、知らない人に心を開くのが苦手だったり、失敗するのが怖かったりして、なかなかうまくコミュニケーションが取れない人だ。

その解決策は、知らない人(利害関係がない人)にあいさつをしてみることだ。具体的には、コンビニやスーパーで店員さんに「ありがとう」と言う習慣をつけるとよい。外食したときは、帰り際に「おいしかった。ありがとうございました」と声をかけよう。

知らない人にあいさつするようになると、他者に対する心の壁が低くなり、脳が「雑談ができるモード」に切り替わっていく。

「私のせいで」という考えは捨てる
lielos/gettyimages

誰かに話しかけてもらっても、気の利いた返事ができず、会話が止まってしまう。そんな自分にストレスを感じる――このような心情を、著者は「雑談罪悪感」と名づけている。

もっと見る
この続きを見るには...
残り3050/3660文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.12.25
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
頭のいい人は「答え方」で得をする
頭のいい人は「答え方」で得をする
樋口裕一
未読
世界の一流は「雑談」で何を話しているのか
世界の一流は「雑談」で何を話しているのか
ピョートル・フェリクス・グジバチ
未読
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
安達裕哉
未読
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子
未読
仕事は初速が9割
仕事は初速が9割
越川慎司
未読
質問の一流、二流、三流
質問の一流、二流、三流
桐生稔
未読
聞いてはいけない
聞いてはいけない
山本直人
未読
はじめる習慣
はじめる習慣
小林弘幸
未読
法人導入をお考えのお客様