頭のいい人は「答え方」で得をする

未読
頭のいい人は「答え方」で得をする
頭のいい人は「答え方」で得をする
未読
頭のいい人は「答え方」で得をする
出版社
定価
814円(税込)
出版日
2018年05月15日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

しまった。部長から「取引先との商談、どうだった?」と聞かれて、咄嗟に「いい感じでしたよ」とだけ返してしまった。なんて幼稚なコメントだろう。呆れられてしまったに違いない――。誰しもこんなふうに、自分の「答え方」を悔いた経験があるのではないだろうか。もう決して後悔したくないなら、本書を手に取ってほしい。

著者は『頭のいい人は「短く」伝える』をはじめ、話し方や書き方のベストセラーを多く生み出してきた樋口裕一氏だ。本書はそんな樋口氏が「がっかりされない答え方、一目置かれる答え方」をまとめた一冊となっている。

本書で紹介されている「答え方」のうち、真っ先にマスターしたいのは「話の方向性を示す」+「ポイントを絞ってコンパクトにまとめる」の流れである。あなたは冒頭の例のように、上司から何かの進捗や様子を問われたとき、「いい感じでした」「盛り上がりました」などと小学生のような返事をしていないだろうか。そんなときは、まず言いたいことを「首尾よくまとまりました」「盛況でした」などと大人の表現でまとめてみよう。その後、ポイントをコンパクトに要約して伝えればいい。

本書にはそれ以外にも、一問一答形式で答えがちな人や、必要以上にダラダラと報告してしまう人、褒められたときにうまく対応できない人などに対する「答え方」のアドバイスが掲載されている。仕事を円滑に進めたい人や大人らしいコミュニケーションができるようになりたい人、上司や同僚からの信頼を獲得したい人に勧めたい一冊である。

著者

樋口裕一(ひぐち ゆういち)
1951年、大分県に生まれる。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程満期退学。
仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小学生から社会人までを対象にした小論文指導に携わり、独自の指導法を確立。通信添削による小論文・作文の専門塾「白藍塾」塾長。多摩大学名誉教授。MJ日本語教育学院学院長。
著書には『頭がいい人、悪い人の話し方』(PHP新書)、『小論文これだけ!』(東洋経済新報社)、『頭が悪くみえる日本語』(青春文庫)、『「頭がいい」の正体は読解力』(幻冬舎新書)、『頭の整理がヘタな人、うまい人』『頭のいい人は「短く」伝える』『頭のいい文章術』『頭のいい人は「答え方」で得をする』『頭のいい人の得する「会話術」』『頭のいい人は「質問」で差をつける』(だいわ文庫)等、多数がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    具体的な質問には抽象的に答え、抽象的な質問には具体的に答えよう。具体→抽象、抽象→具体というやり取りができれば、相手に「カンがいい」と思わせることができる。
  • 要点
    2
    部下から「辞めたい」と言われたときには、オープンクエスチョンで「何かあったの?」と返し、相手にしゃべらせるとよい。その上で、相手のいいところを具体的に褒めるのが効果的だ。
  • 要点
    3
    「善意の人」からしつこく誘われたり提案されたりしたときは、「できません」「無理です」「可能性はゼロです」などとはっきり断るべきだ。決してはぐらかしてはならない。

要約

【必読ポイント!】 バカと思われる答え方、思われない答え方

小学生レベルの感想を答える人
jacoblund/gettyimages

質問に対して、幼稚な感想しか言えない人がいる。仕事で講演会に行ったとして、上司から「講演会はどうだった?」と問われたときに、「おもしろかったです」としか答えられないような人だ。

上司からの「どうだった?」は、「きちんと報告しなさい」という意味だ。「講演会で何を発見したのか」という具体的な情報を求めている。

そんなときはまず、ひと言で話の方向性を伝えよう。ポイントは、知的な表現を選ぶことだ。「盛り上がりました」という言葉を「盛況でした」と言い換えてみると、幼稚な印象が消える。「首尾よくまとまりました」「盤石です」「ご立腹です」も便利なフレーズだ。

最初のひと言は、新聞記事の大見出しのようなものと考えればよい。「五輪開幕」「首脳会談成功」「ロケット打ち上げ延期」など、新聞記事は必ず内容がひと目でわかるキャッチーなフレーズではじまる。この大見出しがあるから、読者はできごとを予測しながら記事を読んでいけるのだ。口頭での報告も同様である。

話の方向性を簡単にまとめたら、自分なりの要約を続ける。「A社のパーティはどうだった?」「盛況でした。著名なゲストのトークコーナーもあり、例のM&Aの裏話も聞けました」といった具合だ。

主観だけでは幼稚だが、いきなり詳細な報告をはじめると、相手は話の先が見えずに戸惑う。「話の方向性を示す」+「ポイントを絞ってコンパクトにまとめる」の流れにすると、スマートかつわかりやすい報告になるはずだ。

一問一答で会話が続かない人

会話を広げるのが苦手な人は、相手の質問に対し、正しい情報を端的に伝えるのがベストだと思い込んでいる。たとえば次のようなやり取りだ。

「昨日の会議、結局どれくらいかかった?」

「フツーにいつも通りでした」

「そう。じゃあ、1時間くらい?」

「そうです」

「でも例の案件はまた解決しなかったんでしょう?」

「しませんでした」

もっと見る
この続きを見るには...
残り2804/3624文字
会員登録(7日間無料)

3,400冊以上の要約が楽しめる

要約公開日 2023.12.19
Copyright © 2024 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
聞いてはいけない
聞いてはいけない
山本直人
未読
雑談が上手い人が話す前にやっていること
雑談が上手い人が話す前にやっていること
ひきたよしあき
未読
物語思考
物語思考
けんすう(古川健介)
未読
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
新版 科学がつきとめた「運のいい人」
中野信子
未読
できるリーダーになれる人は、どっち?
できるリーダーになれる人は、どっち?
林健太郎
未読
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
仕事ができる人が見えないところで必ずしていること
安達裕哉
未読
付加価値仕事術
付加価値仕事術
田尻望
未読
瞬考
瞬考
山川隆義
未読
法人導入をお考えのお客様