スイスの凄い競争力

未 読
スイスの凄い競争力
ジャンル
著者
R.ジェイムズ・ブライディング 北川知子(訳)
出版社
定価
3,456円
出版日
2014年11月04日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

スイスと聞いて、何を思い浮かべるだろうか。万年雪を抱いたアルプスの山々。テニスプレーヤーのフェデラー選手。銀行。チョコレート。腕時計を思い浮かべる人もいるかもしれない。

中世のスイスは山間の貧しい社会であり、主な輸出品は他国の戦争で活躍する傭兵だったという。子供たちはドイツなどの裕福な家庭に送り込まれ、奴隷のように働いた。翻って、現代のスイスはきわめて豊かな社会である。観光、食品、医療技術、銀行、時計など、多岐にわたる様々なイノベーションが結びついてスイス経済を支えている。1970年代の経済危機でも深刻な打撃は受けず、2007年以降の失業率はEU平均の半分以下である。

なぜ、多くの傑出したアイデアやイノベーション、製品がスイスで生まれたのか。本書では、主にスイスの起業家たちに焦点を当て、スイス成功の秘密を多方面から分析している。分厚い本だが、ネスレやスウォッチ、高級ホテル経営で名高いセザール・リッツなど、馴染みのある企業や起業家が多く登場するので、最後まで面白く読み進めることができる。

ハーバードビジネススクール教授の竹内弘高氏は、本書の序文で「天然資源の乏しい小国で、険しい山に囲まれ、優れた輸送・鉄道システムを構築し、何よりも几帳面さを誇る」など、日本とスイスの共通点を指摘している。山間の小国が、いかにして国際競争力ランキング1位(世界経済フォーラム2014)のイノベーション大国へと成長したのか。豊富な事例の中から、日本でのビジネスに役立つヒントが必ず見つかるはずだ。

髙橋 三保子

著者

R.ジェイムズ・ブライディング
チューリッヒの投資会社ネサンス・キャピタルの創業者。ハーバード大学ケネディスクールと、IMDで修士号取得。公認会計士。プライスウォーターハウス、ロスチャイルド・コーポレートファイナンス、テンプルトン・インベストメント・マネジメントに勤務。エコノミスト誌のスイス特派員を務め、現在はフィナンシャル・タイムズ、ウォールストリート・ジャーナルなどに寄稿している。著書にWirtschafswunder Schweiz(「スイスの奇跡」、共著)。

本書の要点

  • 要点
    1
    スイスは小国ながらも多様性に富むため、異なる文化を持つ人々を理解し、必要に応じて開放的にならざるを得なかった。このため早くから移民の受け入れが進み、彼らの中から傑出した起業家が生まれた。
  • 要点
    2
    世界有数の食品会社ネスレは、80年代、買収戦略の成功によって黄金時代を迎えた。当時のCEOマウハーは「買収では、相手企業ではなく人材がすべてだ」という信念を持っていた。
  • 要点
    3
    スイスの時計産業は「クォーツ時計」の普及により一度は危機的状況に陥ったが、薄くてファッション性の高いスウォッチの開発により、再び蘇った。

要約

【必読ポイント!】 スイスとはどんな国か

はじまりは慎ましく

スイス国立銀行(SNB)の元総裁ジャン=ピエール・ロートは、スイスは貧しい小国だったからこそ発展した、と述べたという。スイスの成功がもたらされた背景は、どう見ても展望のないものだった。

鉱物資源が乏しく、ほとんどの土壌は不毛で、地形は農耕に適さない。山が多いため、交通や通信の発展は遅れた。外海に面していないため、海を利用して、植民地の富を獲得することもなかった。山間の孤立した地域が多く、それぞれが独自の社会構造や特性を備え、宗派も異なる。人びとはやむなく協調して生きる道を見出し、様々な文化的背景を持つ移民も早くから受け入れてきた。現在、人口のほぼ3分の1は移民かその子孫である。

スイスの起業家の特徴
HYWARDS/iStock/Thinkstock

スイス繁栄の基盤は、複数の産業にまたがる長期的な起業活動が繰り返された結果だ。しかし、傑出した起業家の多くはスイス人ではなく、大半は移民だった。アンリ・ネスレはドイツからの亡命者であり、スウォッチのニコラス・ハイエクはレバノン出身、テニスの伝説的プレイヤー、ロジャー・フェデラーの母親は南アフリカ出身だ。

移民の成功は、スイスの環境と移民自身の気質によるものだ。スイスは小国ながらも多様性に富むため、異なる文化を持つ人々を理解し、必要に応じて開放的にならざるを得なかった。だからといって、移民が温かく歓迎されているわけではない。他の国同様、移民は自らの価値を証明するまでは、疑いの目を向けられる。自らの生存のために戦わなくてはならないし、成果を示してこそ尊敬を勝ち得ることができる。

移民の成功以上に驚くべき点は、海外で活躍するスイス人起業家・企業家の多さだ。スイス流のホテル経営を輸出したセザール・リッツや、シボレー・モーター・カンパニーの共同創設者ルイ・シボレーをはじめ、成功を手にしたスイス人は数多い。

スイス企業の特徴
Ruslan Olinchuk/Hemera/Thinkstock

スイスでは、大学教育とともに、伝統的な職業訓練(徒弟制)が今も重視されている。地味な職業でも専門資格を持っていれば尊敬されるため、職業に誇りを持つことができる。このため、安定した幅広い中間層が形成された。

国内市場が狭いため、多くの産業は早くに国際化を遂げた。スイス企業は外国人労働者やその文化を受け入れ、海外で活躍する起業家や企業人は、外国語を学び、謙虚に振る舞うのが得意だ。また、スイス企業は、買収した海外企業の文化を自社の風土に巧みに統合してきた。買収した企業に自律性を認める風土から買い手として好まれ、このことは国際競争でも優位に作用している。

スイス政府の特徴

官民のバランスは、他の多くの先進国とは大きく異なっている。企業や業界が拡張拡大主義であるのに対し、スイス政府は内向きだ。スイスは他国を占領したことも、戦争を仕掛けたこともない。スイスの統治構造の特徴は、大組織への疑念(「小さいことはいいことだ」)、連邦制(州の自治権はアメリカやカナダと比べても強い)、国民の権利尊重の三原則にある。こうした原則によって、ボトムアップの社会がもたらされる。

永世中立国であることもまた、スイスの発展にとって重要な役割を果たしてきた。ヨーロッパで何世紀にもわたって繰り広げられた武力闘争の多くは、スイスの商人や製造業者に格好の機会をもたらし、迫害された有能な人材が移民として流入した。

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
スイスの凄い競争力
未 読
スイスの凄い競争力
ジャンル
経営戦略 マーケティング 産業・業界 グローバル
著者
R.ジェイムズ・ブライディング 北川知子(訳)
出版社
日経BP社 出版社ページへ
定価
3,456円
出版日
2014年11月04日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

宇宙の「一番星」を探して
宇宙の「一番星」を探して
谷口義明
未 読
リンク
透明マントを求めて
透明マントを求めて
雨宮智宏
未 読
リンク
CEOからDEOへ
CEOからDEOへ
マリア・ジュディース クリストファー・アイアランド 坂東智子(訳)
未 読
リンク
それでも、人を愛しなさい
それでも、人を愛しなさい
佐々木常夫
未 読
リンク
ロバート・ライシュ 格差と民主主義
ロバート・ライシュ 格差と民主主義
ロバート・ライシュ 今井章子(訳) 雨宮寛(訳)
未 読
リンク
僕たちは「会社」でどこまでできるのか?
僕たちは「会社」でどこまでできるのか?
小杉俊哉 塩見哲志編集
未 読
リンク
研究者のための思考法 10のヒント
研究者のための思考法 10のヒント
島岡要
未 読
リンク
大統領のリーダーシップ
大統領のリーダーシップ
ジョセフ・S.ナイ 藤井清美(訳)
未 読
リンク
1
プライベートバンカー
プライベートバンカー
杉山智一
未 読
リンク
2
トヨタ流「5S」最強のルール
トヨタ流「5S」最強のルール
原マサヒコ
未 読
リンク
3
生きている会社、死んでいる会社
生きている会社、死んでいる会社
遠藤 功
未 読
リンク
世界で通用するグローバル人材は何が違うのか?
世界で通用するグローバル人材は何が違うのか?
2016.09.08 update
リンク
スタンフォードから学ぶ! 自分と世界に「変革」を起こすための5冊
スタンフォードから学ぶ! 自分と世界に「変革」を起こすための5冊
2017.05.31 update
リンク