おもてなしを科学する
グロースハッカーが大活躍

未 読
おもてなしを科学する
ジャンル
著者
西村崇 日経情報ストラテジー(編)
出版社
日経BP社
定価
500円
出版日
2015年03月20日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

東京・銀座の和食店、がんこ銀座四丁目店。会食でも頻繁に利用され、おもてなしの限りを尽くしたくつろぎ空間の立役者が「グロースハッカー」だと聞くと驚かれるだろうか。実際には、仲居さんにセンサーをつけ、行動を分析し、おもてなしレベルを向上させ、売上増につなげているのだという。ITや統計学による科学的・工学的アプローチが、様々なおもてなしのフィールドにおける顧客満足度アップに貢献しているのだ。

本書では、A/Bテストやデータマイニングといった、最前線の試みと、その成功の秘訣をわかりやすく解説されている。グロースハッカーは、ネットビジネスだけでなく、接客レベルが顧客満足度を左右するサービス業や、おもてなしを製品の差別化として取り入れている製造業においても、顧客満足度と売上の伸長に大きな力を発揮してくれる。

本書は、データ分析を経営に活かすことをコンセプトとした『日経情報ストラテジー』2014年6月号の特集記事「おもてなしを科学する」をスマホ向けに再構成したものである。移動中などのスキマ時間の30分ほどで、一気に読めてしまうし、見やすいインフォグラフィックにもぜひ注目してほしい。様々な業界に応用できるグロースハックの最新活用事例をさくっと知りたい人には、うってつけの一冊だといえる。グロースハッカーの卓越した発想力と技術力と、その効き目の大きさに思わず膝を打つはずだ。

松尾 美里

本書の要点

  • 要点
    1
    経験や勘だけでなく、グロースハッカーの科学・工学的手法によって、接客の品質を高める動きが、旅館や料理店などのサービス業において広がってきている。
  • 要点
    2
    商品購入率が高いパターンを分析するA/Bテストや、顧客の声をテキストデータとして蓄積・解析するデータマイニングなどの手法が、顧客満足度や売上を高める鍵を握っている。
  • 要点
    3
    顧客の情報収集や意思決定プロセスを可視化する「カスタマージャーニー」の活用や、予測アルゴリズムの開発が、おもてなしを科学するうえで重要だ。

要約

【必読ポイント!】 サービス向上の立役者、グロースハッカー

高級旅館、星野リゾートのおもてなしを「工学」する
DAJ/Thinkstock

顧客に最上級のおもてなしを提供することを目指す高級旅館「星のや軽井沢」。2005年の開業以来、サービスの改善を繰り返していることで好評を博している。しかし、菊池昌枝総支配人は「おもてなしが接客担当者の経験に基づいた感覚的なものであることが多い」という現状を懸念していた。特に意欲がある20歳代の若いスタッフが、善かれと思って行うサービスが的外れで、顧客の不満を招く恐れがある。

そこで、2013年春、「工学的アプローチ」によってスタッフ個々の接客スキルを高める改革に乗り出した。「顧客満足度の向上」という目標を、「接客」「所作」などに細分化し、各研修をスタッフに受講してもらう。現場での実践度を数値化し、研修の効果を分析するのだ。2014年2月時点で宿泊客の満足度が徐々に上がり、成果が出始めている。

総支配人は、満足度向上に直結する研修メニューが何なのかを多角的に検証したいと今後の展望を語る。

経験や勘だけでなく、科学・工学的手法で接客品質を高める「星のや軽井沢」の施策は、オリンピック・パラリンピックの誘致で注目を集めた「おもてなし」の質を高める「宣言」だといえる。

「仲居センサー」と「調理場シミュレーター」で和食店を変革

こうした取り組みの立役者は、データ分析でサービスレベル向上や事業成長を促す人材「グロースハッカー」だ。サービス業では、顧客の評価に直結する接客の善しあしが、現場スタッフの経験や気配り次第になっているため、科学的アプローチがレベル向上の鍵となる。その代表的な成功事例は、「仲居センサー」で変革を進めている和食店、がんこ銀座四丁目店だ。

がんこフードサービスの新村猛副社長は、銀座四丁目店のスタッフが十分な接客時間を取れていないのではないかと不安を抱いていた。サービス工学の研究者でもある彼は、行動観測のエキスパートとともに、センサーにより仲居さんの行動記録を分析した。すると、スタッフが夜間に配膳に時間を取られ、接客エリアに40%未満しかいられない一方、午後2~5時には注文が少ないという現状が明らかになった。そこで、接客時間の振り分けを改善した結果、注文件数を以前より約4割も増やすことができた。

同社はセンサーによるスタッフの位置情報とPOSデータによる注文受付件数を分析し、スタッフの最適な配置計画に役立てた。さらには、調理場と料理人の動きをPC上でシミュレーションする「調理場シミュレーター」を店舗設計に生かした。シミュレーターで発見した課題を見直すことで、顧客満足度に直結する「リードタイム」の短縮を実現させたのだ。実際のところ、調理場の設計にシミュレーターを使った店舗は、そうでない店舗に比べ、売上高が3割高いことが分かった。料理提供のリードタイムを縮め、顧客満足度と売上の両方を高めたがんこの取り組みは、現場におけるグロースハックの好例といえる。

A/Bテストで数億円の増収へ
shironosov/iStock/Thinkstock

統計学とプログラミングでネットサービスを急成長させるグロースハッカー。彼らの活躍は、フェイスブックやツイッターなど海外のネット企業に限った話ではない。実は日本でもグロースハッカーが目覚ましい成果を上げている。

要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
おもてなしを科学する
未 読
おもてなしを科学する
ジャンル
マーケティング サイエンス
著者
西村崇 日経情報ストラテジー(編)
出版社
日経BP社
定価
500円
出版日
2015年03月20日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

加算混合の発想(2015年新装版)
加算混合の発想(2015年新装版)
大前研一
未 読
リンク
ブランド「メディア」のつくり方
ブランド「メディア」のつくり方
嶋浩一郎
未 読
リンク
レジリエンスとは何か
レジリエンスとは何か
枝廣淳子
未 読
リンク
毎日の掃除で、会社はみるみる強くなる
毎日の掃除で、会社はみるみる強くなる
大森信
未 読
リンク
やっぱりすごいよ、日本人
やっぱりすごいよ、日本人
ルース・ジャーマン・白石
未 読
リンク
突き抜けた人材 “異能ベーター”
突き抜けた人材 “異能ベーター”
川又英紀 山端宏実 加藤慶信 日経情報ストラテジー(編)
未 読
リンク
繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい
繁盛したければ、「やらないこと」を決めなさい
阪本啓一
未 読
リンク
プロデューサーシップ
プロデューサーシップ
山下勝
未 読
リンク
1
プライベートバンカー
プライベートバンカー
杉山智一
未 読
リンク
2
トヨタ流「5S」最強のルール
トヨタ流「5S」最強のルール
原マサヒコ
未 読
リンク
3
生きている会社、死んでいる会社
生きている会社、死んでいる会社
遠藤 功
未 読
リンク
0から1を生み出す楽しさを伝えたい
0から1を生み出す楽しさを伝えたい
2016.09.29 update
リンク
心が折れそうになったときに読みたい本5選
心が折れそうになったときに読みたい本5選
2017.03.09 update
リンク