中村修二劇場

未 読
中村修二劇場
ジャンル
著者
日経BP社特別編集班
出版社
日経BP社
定価
1,728円
出版日
2014年11月18日
評点(5点満点)
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

中村修二氏というと何を思い浮かべるだろうか。ノーベル物理学賞受賞という科学者として最大の栄誉をつかみ取った人、青色LEDを開発して世の中に多大なインパクトを残した人、中村裁判で古巣の企業相手に抗争し6億円強の和解に至った人、などその印象は多様であろう。ただ、多くの人は中村氏のことをマスコミを通じて理解しているに留まっており、その生の声を体系的に把握している方は少ないのではないだろうか。

そのような中で、本書の帯に「読めば分かる」とあるように、中村氏が青色LEDの開発の成功からノーベル賞の受賞まで、その時点での取材内容やインタビューがそのまま掲載された本書を一読すれば、読者自身で中村氏が何を考えて個々の決断をしていたのか、その全体像が分かるだろう。

日本の科学者や技術者には、金銭的な報酬を求めず、知的好奇心のおもむくままに好きな研究をすることで満足せよ、という風習がある。しかし本当にそれで、日本はイノベーションが活発に行われる技術立国になれるのだろうか。近年イノベーションが活発な米国では、優秀な技術者が次々とベンチャーに流れる、ダイナミックな仕組みがある。

本書では中村氏の生き様が中心に語られており、それを感じ取るだけでもとても面白い書籍であろうが、中村氏が起こした訴訟の背景を想像すると日本の社会や企業が抱える問題点も明らかになり、どうすれば日本という国家が第二第三の中村修二を生み出せるのかを考える契機にもなろう。

大賀 康史

本書の要点

  • 要点
    1
    中村修二氏が就職したころの日亜化学工業は地元では知られた会社、という状況。使える資源がほとんどないからこそ、装置の自作を重ね、青色LED研究に必要な技術を身に付けた。
  • 要点
    2
    「ほかの人がやってないから」という理由で、他の研究者と全く異なるアプローチを重ねた結果、飛躍的に開発が進み、実用化は21世紀になってからと言われた青色LEDが1993年に発売された。
  • 要点
    3
    マスコミが伝える内容は、記事として注目を浴びるために仕込まれたものであり、その中には中村氏が違和感を感じざるを得ない内容も多かった。

要約

【必読ポイント!】世紀の発明、その道程

44kawa/iStock/Thinkstock
語るも涙の開発課員時代

徳島県阿南市、日亜化学工業の本社のある所在地だ。その日亜化学工業が世界に名を馳せることになった、輝度1cdの青色発光ダイオードを発売したのは1993年の暮れのことである。この分野の技術者・研修者に大きな驚きを与えたのが、地方の化学メーカーだったということも、大きなニュースになった。

その開発を担ったのは、徳島大学大学院の修士課程を修了後、日亜化学工業に入社した中村修二氏である。

日亜化学工業の第一印象は、「なんと汚い会社か」というものだったという。配属は開発課で、最初に担当したのはリン化ガリウム。開発すれば売れそうだという目的で取り組むも、予算がないため、製造装置類も自分で作っていた。

その結晶成長のためには高価な石英管を使っていたため、使い捨てをしないように再生利用していた。高温に加熱した際に圧力が上がることから、石英管の爆発も相次ぎ、無事でいられたことが不思議なほどだった。中村氏はそんな危険も乗り越え、1982年にこの開発テーマを完了させた。

次の開発はヒ化ガリウムだった。リン化ガリウムの時に鍛えた石英の溶接技術も活かして、開発に成功。研究から製造、品質管理、営業まですべてこなしていた。評価を自社で行えるようにするため、LED製造も内製化していく。

事業化に成功するも、爆発的に売れなければ評価されない。周りの中途入社の人にも出世争いでどんどん先にいかれる。そんな課題認識の上で、中村氏は開発テーマとして製品化すれば必ず売れるだろう高輝度青色LEDを選んだのだった。

失意の帰国、ゼロからの出発

1988年3月に、中村氏は米国フロリダ大学に派遣される。青色LED用の単結晶膜を形成する手法の1つで、装置の価格に手が届くMOCVD法に挑戦するためだった。米国に行くことについて、小川信雄社長(当時)に打診したところ、その場で決まった。

順風満帆かと思いきや、フロリダ大学に着くと、2台あるはずのMOCVD装置がなくなっていた。1台は隣の研究室に取られ、残りの1台はこれから作るという状況だった。まるで日本にいたころのように、装置作りに追われ、装置が完成したのは派遣期間の1年間のうち、わずか1カ月を残したタイミングだった。

結局3、4回の結晶成長実験をしただけで、日本に帰国することになった。米国で得たものもなく、帰ってきても居場所がない。そんなゼロからのスタートを余儀なくされた。それでも2人の新入社員とともに、数億円の投資も受け、装置作りを開始した。半年が過ぎても青色LEDの発光層となる窒化ガリウムができず苦戦していた。

発光材料として窒化ガリウムを選んだのは、「ほかの人がやってないから」という理由だったが、さらにヒーターで1000℃に加熱するという人と違う方法をとり、ヒーターの故障との戦いに明け暮れる。そんな中、新入社員の1人はあきらめ、退職してしまう。

転機は切れないヒーターの完成だった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
中村修二劇場
未 読
中村修二劇場
ジャンル
起業・イノベーション 産業・業界 サイエンス
著者
日経BP社特別編集班
出版社
日経BP社
定価
1,728円
出版日
2014年11月18日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ロボコン
ロボコン
ニール・バスコム 松本剛史(訳)
未 読
リンク
殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?
殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?
ポール・シーブライト 山形浩生(訳) 森本正史(訳)
未 読
リンク
掟破り
掟破り
原田泳幸
未 読
リンク
立花隆の「宇宙教室」
立花隆の「宇宙教室」
立花隆 岩田陽子
未 読
リンク
ときめき昆虫学
ときめき昆虫学
メレ山メレ子
未 読
リンク
地球外生命 9の論点
地球外生命 9の論点
立花隆 佐藤勝彦ほか 自然科学研究機構(編)
未 読
リンク
低温「ふしぎ現象」小事典
低温「ふしぎ現象」小事典
低温工学・超電導学会
未 読
リンク
定理が生まれる
定理が生まれる
セドリック・ヴィラーニ 池田思朗 松永りえ(訳)
未 読
リンク
1
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
2
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
グロービス経営大学院
未 読
リンク
3
エンジェル投資家
エンジェル投資家
ジェイソン・カラカニス 滑川海彦(訳) 高橋信夫(訳) 孫泰蔵(日本語版序文)
未 読
リンク
身近なことを科学する本5選
身近なことを科学する本5選
2016.11.04 update
リンク
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
「勝ち」はゴールではない。「勝ち続ける」企業をつくる条件とは?
2016.02.04 update
リンク