「洞察力」があらゆる問題を解決する

未 読
「洞察力」があらゆる問題を解決する
ジャンル
著者
ゲイリー・クライン 奈良潤(訳)
出版社
フォレスト出版
定価
1,700円 (税抜)
出版日
2015年11月13日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
「洞察力」があらゆる問題を解決する
「洞察力」があらゆる問題を解決する
著者
ゲイリー・クライン 奈良潤(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
フォレスト出版
定価
1,700円 (税抜)
出版日
2015年11月13日
評点
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

偶然にも新しい物事を発見した人々――浴槽に浸かって浮力を発見したアルキメデスのような――は、どのようにしてその閃きを得ているのだろうか。火事の現場でとっさに逃げ道を思いつくなど、閃きによって窮地を脱することもあるが、そうした閃きはどこからか降ってくるようなものなのだろうか。本書の著者は、閃きを導き出す、そもそも見えていない問題を見抜く力(=洞察力)の不思議に興味をもち、まるでその魅力にひきずりこまれるように、研究を重ねることになった。

洞察力とは何かを考えるにあたって、著者は「洞察力は何によって触発されるのか」「なぜ洞察力の発揮が妨げられるのか」「洞察力を発揮するための方法とは何か」を探る。注目すべきは、本論は、人の意思決定を観察する認知心理学者である著者の名を世界に知らしめた、現場主義的意思決定(NDM理論)」によって支えられているということだ。NDM理論とは、「人工的に設計された課題を実験室の中で被験者に考えさせるのではなく、実際の現場でどのように人が考えるのかを研究する」という学問分野を指す。したがって、著者の考察は日常生活に即した多くの事例を含んでいる。

洞察力は、個人の思考と行動を変えるだけでなく、企業経営に活かせば大きなイノベーションを起こす力にもなる。本書を通して、洞察力を味方にするための方法をぜひ知ってほしい。

流石香織

著者

ゲイリー・クライン
米国認知心理学者。1944年、ニューヨーク市出身。1969年にピッツバーグ大学で実験心理学の博士号を取得。1989年、『現場主義的意思決定(Naturalistic Decision-Making,NDM)理論』を構築したことで世界的名声を博す。オークランド大学助教授、ウィルバーフォース大学准教授を経て、米空軍省に研究者として勤務。1978年にR&D企業クライン・アソシエイツを創業。2005年に同社を売却。現在、マクロコグニション社の上級研究員。ホワイトハウス・シチュエーションルームのリーダーの1人として活躍した経験がある。米国心理学会、米国人間工学会の各役員。2008年、米国人間工学会よりJack A. Kraftイノベーション賞を受賞。著書に『決断の法則―人はどのようにして意思決定するのか?』(佐藤洋一訳/トッパン)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    洞察力は、出来事のつながりから新しいよりどころを得て閃きに至る、など3種類の思考プロセスをもとにして発生し、考え方や行動を根本的に変えるような力を持つ。
  • 要点
    2
    洞察力は、誤った考えへの固執や、情報の意味を受け止められないことで、発揮を妨げられてしまう。また、IT技術や、予定外の行動を容認しない組織風土も、洞察力の発揮を阻害する。
  • 要点
    3
    洞察力を日常的に発揮するためには、3つの思考プロセスに対応した方法を用いる必要がある。洞察力を発揮したい企業は、洞察力を使わなければ衰退していくことを認識し、意志的に変革への行動を起こすべきだ。

要約

見えない問題を見抜く力

洞察力の研究に乗り出す
Misterfullframe/iStock/Thinkstock

著者がなにげなくためていた新聞記事に、こんな話があった。ある警察官が渋滞中、たまたま目をやった別の車の運転手が、タバコの灰を車の中に落としていた。それを見て、警察官は「自分の車を灰で汚すはずがない。あれは盗難車だ」と気が付いたのだという。そもそも盗難車を追っていたわけでもないのに、閃きを得て盗難の犯人を見つけたこの力こそ、「見えない問題を見抜く力」である。

「見えない問題を見抜く力」は、物事の本質(問題)を見抜く力、つまり洞察力であるといえる。

著者によると、個人、組織において生産性などのパフォーマンスを向上させようと思ったら、「目に見えるミス」を減らし、「見えない問題を見抜く力」を増強させるという2つの方向の努力が両方とも必要になる。著者は、長年意思決定学者たちが取り組んできた、ミスを減らす方法でなく、見えない問題を見抜く洞察力を高める方法とは何かに興味を抱き、力を注ぐことになった。

著者は「現場主義的意思決定(NDM理論)」を提唱してきた研究者である。よって、実験室での実験結果でなく、実際の現場での結果を重視する。そのため、洞察力が発揮された事例を調査し、「洞察力は何によって触発されるのか」「なぜ洞察力の発揮が妨げられるのか」「洞察力を発揮するための方法とは何か」を探ることにした。

洞察力は何によって触発されるのか

洞察力を導く5つの認識パターン

20世紀初頭のウォーラスという研究者の学説によると、洞察力が発揮されるまでのメカニズムは、「準備、発案、閃き、確証」という4段階を経るという。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

明日のプランニング
明日のプランニング
佐藤尚之
未 読
リンク
どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力
どんな業界でも記録的な成果を出す人の仕事力
伊藤嘉明
未 読
リンク
アクション・バイアス
アクション・バイアス
ハイケ・ブルック スマントラ・ゴシャール 野田智義(訳)
未 読
リンク
2020年 世界経済の勝者と敗者
2020年 世界経済の勝者と敗者
ポール・クルーグマン 浜田宏一
未 読
リンク
会議に呼ばれる人 はずされる人
会議に呼ばれる人 はずされる人
野呂エイシロウ
未 読
リンク
本を読む人だけが手にするもの
本を読む人だけが手にするもの
藤原和博
未 読
リンク
「無知」の技法 Not Knowing
「無知」の技法 Not Knowing
スティーブン・デスーザ ダイアナ・レナー 上原裕美子(訳)
未 読
リンク
シンプルだけれど重要なリーダーの仕事
シンプルだけれど重要なリーダーの仕事
守屋智敬
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
雑談の一流、二流、三流
雑談の一流、二流、三流
桐生稔
未 読
リンク
3
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク

イチオシの本

「歴史」から現在と未来を見通す3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第3回】 「歴史」から現在と未来を見通す3冊
2020.12.01 update
リンク
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
2020.11.30 update
リンク
読書の秋に読んでおきたい名著5選
読書の秋に読んでおきたい名著5選
2020.11.20 update
リンク
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
ストレスに負けそうなときに読んでおきたい5冊
2020.11.18 update
リンク

インタビュー

人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
〈対談〉なぜ、いま攻めのCFOが求められているのか?
2020.10.28 update
リンク
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
〈対談〉『個人力』著者がおくる、ありたい自分に正直に生きる秘訣
2020.10.21 update
リンク
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
「あたりまえ」が揺らぐなかで問われる「個人力」とは?
2020.10.15 update
リンク
1
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
越川慎司
未 読
リンク
2
雑談の一流、二流、三流
雑談の一流、二流、三流
桐生稔
未 読
リンク
3
1日誰とも話さなくても大丈夫
1日誰とも話さなくても大丈夫
鹿目将至(著) 鳥居りんこ(取材・文)
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年5月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年5月号)
2019.05.01 update
リンク
自分を成長させる最強アイテム、PDCAノートとは?
自分を成長させる最強アイテム、PDCAノートとは?
2017.07.05 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『「洞察力」があらゆる問題を解決する』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る