デジタル・ジャーナリズムは稼げるか

未 読
デジタル・ジャーナリズムは稼げるか
ジャンル
著者
ジェフ・ジャービス 夏目大(訳) 茂木崇(監修)
出版社
東洋経済新報社
定価
2,200円 (税抜)
出版日
2016年06月09日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
デジタル・ジャーナリズムは稼げるか
デジタル・ジャーナリズムは稼げるか
著者
ジェフ・ジャービス 夏目大(訳) 茂木崇(監修)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
東洋経済新報社
定価
2,200円 (税抜)
出版日
2016年06月09日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

誰もが情報の送り手となれる時代において、多くの報道機関が経営悪化の一途をたどっている。マスメディアはどうすれば生き残れるのか?

本書は、起業ジャーナリズムを標榜し、ニューヨーク市立大学大学院ジャーナリズム学科で教鞭をとるジェフ・ジャービスが、ジャーナリズムの危機をどう乗り越えるかという課題に立ち向かった意欲作だ。起業ジャーナリズムとは、新しい、持続可能なジャーナリズムの会社を立ち上げ、運営することを指す。

著者によると、ジャーナリズムは「公共奉仕」をミッションとしつつも、今後は「人間関係ビジネス」の様相を呈していくという。ジャーナリストは、サービスの提供者、プラットフォーム構築者、社会のまとめ役といった多様な役割を担うようになる。そのため、市民を「マス」ととらえるのではなく、一人一人のニーズを細やかに把握する必要があると述べている。さらには、「ジャーナリストはコンテンツクリエイターではない。人々の下僕になれ。」といった刺激的な提言が所狭しと並ぶ。同時に、記事を「サービス提供のためのツール」ととらえ、キュレーション、プラットフォーム、エコシステムなどの概念を紹介し、新しい時代のニュース・サービスのあり方を考察している。

激流が渦巻くメディアの集積地ニューヨークから見える「メディアの未来図」が描かれた本書が、あらゆるメディアに関わる人にとっての必読書であることは間違いない。

松尾美里

著者

ジェフ・ジャービス
Jeff Jarvis
ニューヨーク市立大学大学院ジャーナリズム学科教授。メディア事業、ジャーナリズムの未来に関する論客として注目を集めており、メディアとコミュニティの新たな関係について頻繁に発言している。メディア/テクノロジー関連でもっとも高い人気を誇るブログのひとつ Buzzmachine.com を運営している。2007~2014年の世界経済フォーラムでは、「世界のメディア・リーダー100人」の一人に連続して選ばれている。著書に『グーグル的思考』(PHP研究所)、『パブリック――開かれたネットの価値を最大化せよ』(NHK出版)がある。

本書の要点

  • 要点
    1
    今後メディアに携わる人にとっては、ユーザーと人間関係を構築するスキルが必須となる。
  • 要点
    2
    ジャーナリズムはサービス業となり、コンテンツはジャーナリストの提供するサービスやコミュニティで用いるツールの一つとなる。
  • 要点
    3
    報道機関の役割は、「コミュニティのまとめ役」となっていく。ジャーナリストは、民衆の利益になるかという点を第一義に、報道の有無を判断しなければならない。
  • 要点
    4
    メディア企業は、特定の分野や地域に集中し、徹底的に効率を求める必要がある。

要約

【必読ポイント!】 ユーザーとの新たな関係の始まり

メディアの成功をどう測るのか?
macgyverhh/iStock/Thinkstock

国民が一斉に同じメディアを体験する時代は、もはや過去のものとなった。インターネットの台頭により、大勢を「マス」ととらえる概念自体が崩れ去ったのだ。ところが、マスメディアの多くは、個々の顧客が何に興味を持ち、何を必要としているかという情報を集める手段を持っていない。ネット上ですら、ページビューといったマスメディアの既存の基準でメディアの成功度合いを測り続けている。

著者によると、今後メディアに携わる人に不可欠なのは、ユーザーと人間関係を構築するスキルだという。ユーザーの住所や勤務地、興味の対象といった情報を得られれば、個々人に、よりふさわしいサービスを提供し、より適切な広告を提示できるようになる。そのためには、相手が個人情報を明かしたくなるような、価値あるサービスを提供し、ユーザーと信頼関係を築く必要がある。その先駆的存在であるグーグルは、メール、地図、ドキュメント、ユーチューブなどのサービスを無料提供し、その価値を高めている。

ローカルのオンラインニュースサイトを例にとろう。ユーザーの声から、がん患者が多数いるとわかれば、がん専門医のブログやがん患者のコミュニティをサイトに加えるなど、よりユーザーにとって優先度の高い情報を提供できる。今後のメディアが生き残るには、ユーザーとの関係性を強化し、得られた情報の分析をもとに、サービスを向上させなくてはならない。

これからのメディアの成功を測る尺度は、発行部数やページビューといった「匿名の人をいかに集めたか」ではなく、「個々の顧客、ユーザーとどれだけ良好な関係を築けたか」になるだろう。具体的な指標は、ユーザーが個人情報を提供してでも利用したいサービスがあるか、集めた情報をユーザーの利益のためにどれだけ利用できているか、情報を自社の広告料や利用料の増加にどれだけ役立てられているかなどになるはずだ。あくまでジャーナリズムの追求すべき価値は、利用者の目標達成に役立つことなのである。

コンテンツクリエイターでは生き残れない
Mihajlo Maricic/iStock/Thinkstock

ジャーナリストが自分のことをコンテンツクリエイターだと見なしてしまうと、つくったものを自分の所有物だと考えがちになる。しかし、コンテンツをつくるだけでは、ジャーナリストという職業は成り立たない。今後ジャーナリズムはサービス業となり、コンテンツはジャーナリストの提供するサービスやコミュニティで用いるツールの一つとなるだろう。

今や、一般の人でも第三者を介さずに直接コミュニケーションができる時代だ。ジャーナリストに求められるのは、情報を入手し、他者とコミュニケーションできる場を提供することである。そのためには、ツイッターやフェイスブック、アメリカ最大級のソーシャルニュースサイトのレディットなど、既存のプラットフォームを活用するのが有効だ。その際、ジャーナリストは「読者は自分よりものを知っている」という前提に立つことが必要となる。現に、コンテンツの受け取り手が制作過程にも関わる動きも始まっている。

しかし、コミュニティ内のやり取りだけでは必要な情報が得られるとは限らない。そこでジャーナリストの出番となる。ジャーナリストは専門家や関係者への取材を通じて、誰も答えられない問いに答えたり、断片的な情報を体系化したり、情報の重要度や信ぴょう性を選別し、知らせたりする役割を担うのだ。さらには、実りある議論のためのイベントの開催や、情報を活かした活動の支援といったスキルも活かせるだろう。

従来のように、情報の出口に門番のように立ち、どの情報を流すかを独占的に決めるのは不可能である。むしろ、今後は情報の入手は一般の人々に委ね、ジャーナリストは情報に付加価値をつけることに注力すべきだと著者は説く。

このように、ジャーナリストと一般の人々との関係性は様変わりする。すると、人々の声に耳を傾けることがますます重要となり、その手段として、考えや知識を共有し合えるプラットフォームの構築が必要となるだろう。つまり、人々の提供する情報を整理し、わかりやすく提示し直すのがジャーナリストの役割となる。ジャーナリズムとは、コミュニティの知識の体系化を助ける仕事なのである。

生き残るための秘策は「協調」

20世紀後半のアメリカでは、報道は垂直統合型の寡占産業だった。それが可能だったのは、コンテンツをつくり、流通させるための資源の「希少性」による。しかし、デジタル化によって、情報提供においてメディアの仲介や審査が不要となった現在、かつてのメディアの事業は縮小せざるを得ない。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

バリアバリュー
バリアバリュー
垣内俊哉
未 読
リンク
Gamechangers
Gamechangers
Peter Fisk
未 読
リンク
決定版 これがガバナンス経営だ!
決定版 これがガバナンス経営だ!
冨山和彦 澤陽男
未 読
リンク
ORIGINALS
ORIGINALS
アダム・グラント 楠木建(監訳)
未 読
リンク
錆と人間
錆と人間
ジョナサン・ウォルドマン 三木直子(訳)
未 読
リンク
インドビジネス40年戦記
インドビジネス40年戦記
中島敬二
未 読
リンク
為末大の未来対談
為末大の未来対談
為末大
未 読
リンク
アリエリー教授の人生相談室
アリエリー教授の人生相談室
ダン・アリエリー 櫻井祐子(訳)
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク

イチオシの本

未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
未来屋書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年8~9月)
2020.09.28 update
リンク
「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第1回】 「プレゼン力」を上げたい方の必読書3冊
2020.09.22 update
リンク
今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
【〈連載〉大人の教養シリーズ 第1回】 今こそ必須の「数学的思考力」を鍛える3冊
2020.09.15 update
リンク
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
知的筋力を鍛えよう!「ビジネスワークアウト」にぴったりの5冊
2020.09.14 update
リンク

インタビュー

戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
戦略コンサルタントが語る、いま知るべき「働き方の潮流」
2020.09.04 update
リンク
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
50万部超のベストセラーを連発! 敏腕編集者の「考える技術」を公開!
2020.07.22 update
リンク
ポストコロナライフの未来予測
ポストコロナライフの未来予測
2020.07.15 update
リンク
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
1
考え続ける力
考え続ける力
石川善樹
未 読
リンク
2
コンサル一年目が学ぶこと
コンサル一年目が学ぶこと
大石哲之
未 読
リンク
3
あなたの知らない あなたの強み
あなたの知らない あなたの強み
古野俊幸
未 読
リンク
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
絶対はずせないプレゼンの前に読んでおきたい本 5選
2015.09.03 update
リンク
『山と溪谷』通巻1000号
『山と溪谷』通巻1000号
2018.07.19 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『デジタル・ジャーナリズムは稼げるか』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る