0から1をつくる
まだないビジネスモデルの描き方

未 読
0から1をつくる
ジャンル
著者
佐々木哲也 黒木昭博
出版社
定価
1,944円
出版日
2016年06月21日
評点(5点満点)
総合
3.8
明瞭性
3.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
レビュー

社内での定期ミーティングで、企画立案に唸っている人は少なくないだろう。特にあなたがITの分野で働いている場合は、新規ビジネスの企画を立てる際、既存のビジネスへの解決方法とは違ったアプローチが求められる。そこで、新規ビジネスを成功させるには、スタートアップ企業が良い参考になると著者は言う。

本書では、新しいビジネスモデルを生み出す際に共通する取り組みを5つのステップに分け、具体的なアクションとともに、わかりやすく紹介していく。また、架空の製造業で働くチームメンバーの取り組みとともにステップが進行していくため、各ステップのポイントが頭に入りやすい。読者は本書を読むにつれ、自社で同僚と取り組む際に、何を心がけたらいいのかをありありと想像できるようになるだろう。

著者たちは、これまでさまざまなクライアントの課題解決に取り組んできた。そこでの経験に基づいた、実践的なノウハウが本書にちりばめられているため、その効果もお墨付きである。一人で実現できることは限られるが、メンバーを巻き込めば、期待以上の成果が生み出せる。

0から1をつくることは大変かもしれない。しかし、本書を参考に、メンバーと価値観を共有してアクションを起こせば、UberやAirbnbのように次世代を担うビジネスを生み出すことも、決して夢ではないだろう。

平賀 妙子

著者

佐々木 哲也(ささき てつや)
1980年神奈川県生まれ。株式会社富士通総研 チーフシニアコンサルタント。2003年法政大学社会学部卒業後、富士通総研入社。企業におけるビジネスモデルデザイン、イノベーション推進組織開発などに従事。昨今ではハッカソン、リーンスタートアップなどのイノベーションプログラムや、セクターを越えたオープンイノベーションのプロデュースなどを手掛ける。社会の課題を発掘し共に解決に向けてチャレンジするプラットフォーム「あしたのコミュニティーラボ」編集部にも所属する。

黒木 昭博(くろき あきひろ)
1983年宮城県生まれ。株式会社富士通総研 シニアコンサルタント。上智大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。修士(経営学)。2008年、富士通総研入社。主にメーカーに対するIT中期計画やテクノロジーを使った新規サービス開発のコンサルティングを手掛ける。企業と顧客が一体となって価値を生み出す「共創」を促進する手法の研究開発や実践にも取り組む。「明日のコミュニティーラボ」編集部にも所属する。

本書の要点

  • 要点
    1
    0からビジネスをつくる際、本質的な目的を意味するWhyを見つけることが重要である。
  • 要点
    2
    0から1を生み出すうえで共通するステップは、「暗黙の要望を理解する」「嬉しい5年後を描く」「問いを固める」「アイデアをカタチにする」「動かす環境を整える」という5つである。
  • 要点
    3
    課題を解決するための問いを固める際には、多様な可能性を探ることが求められる。
  • 要点
    4
    新規ビジネスの構築によって得た知見や経験を、社内外にオープンにしていき、共創の輪を広げていくことが大切だ。

要約

新規ビジネスに向けて

企画立案の手本となるスタートアップ企業

近年、ITを駆使した新規ビジネスの立ち上げが増えている。0からビジネスをつくる際は、基幹システムを対象とし、業務効率化やコスト削減を目的とする従来型のアプローチではうまくいかない。なぜなら、今後の新規ビジネスにおいては、Webシステムやスマートデバイスを活用するシステムが対象となり、企画の目的も収益の拡大となるためだ。

そこで新規ビジネスの企画立案で参考になるのが、ITを駆使したサービスを行うスタートアップ企業だ。ここからは、スタートアップ企業が企画する際に共通して行う、5つのステップを紹介していく。

暗黙の要望を理解する

1つ目のステップは、ユーザーが言葉で表現しきれない潜在的なニーズ、つまり「暗黙の要望」を把握する段階である。まずは、ユーザーが所属組織で大切にしていることや、コミュニケーションや判断のベースとなる「価値観」をあぶり出す。

そこで有用なのは、相手の回答内容に潜む、言語化できない本音を汲み取る、「デプスインタビュー」というインタビューの手法である。インタビューのテーマは、「現状」と「ありたい姿」という2つに大別される。相手が本音で話しているかを見極めるには、相手の表情に注目するとよい。また、気軽に話してもらえるよう、手ぶらでインタビューに臨むことを心がけたい。

本質的な目的、Whyを見つける
marekuliasz/iStock/Thinkstock

次に、インタビューなどを通して得たユーザーの情報をもとに、「暗黙の要望」を導いていく。具体的には、価値観にまつわる情報から共通項を見出して、ラベル分けをする。そして、ラベル同士の関係性を見出して、より大きな単位でくくるのである。そこから、ユーザーの課題や要望を推し量り、本質的な目的を意味するWhyを見つけていく。

0からビジネスをつくる場合は、企業や部署として、どうありたいかが重要となる。そこで、このWhyこそがユーザーや関係者を巻き込み、実現したい価値を考えるうえでの土台となってくれる。

嬉しい5年後を描く

変化の予兆を集め、関係づける

2つ目のステップは、実現させたい「嬉しい5年後」を描くというものである。まずは、考えるテーマを設定し、法規制や税制、人口動態などの社会情勢についての変化の予兆をチームで集めてみる。150〜300個ほど集まったら、直感的に気になる予兆にマークをつける。その後、模造紙にマークをつけた予兆を書き込み、書き込んだ理由を話し合いながら、関係のありそうな予兆を線でつないでいく。こうすれば、未来のシナリオが徐々に見え始める。

このステップで大事なのは、未来の可能性を最大限探ることである。そのうえで、描いたシナリオに対し、自分のとりたい行動を決めていくのだ。

問いを固める

当事者意識を醸成する
Creative-idea/iStock/Thinkstock

3つ目のステップは、「嬉しい5年後」にたどり着くために、どのように課題を解決していくのかを問う段階である。まずは仮の問いを設定することから始める。メンバーが重要だと思う課題を「問い」の形式にして挙げ、意見を交換する。「どうすれば〜?」などと質問形式にしたり、「私」、「私たち」を主語にしたりすることで、多様なアイデアが出やすくなる。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
0から1をつくる
未 読
0から1をつくる
ジャンル
経営戦略 起業・イノベーション
著者
佐々木哲也 黒木昭博
出版社
日経BP社 出版社ページへ
定価
1,944円
出版日
2016年06月21日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ニュースで学べない日本経済
ニュースで学べない日本経済
大前研一
未 読
リンク
ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか
ライザップはなぜ、結果にコミットできるのか
上阪徹
未 読
リンク
<わたし>は脳に操られているのか
<わたし>は脳に操られているのか
エリエザー・スタンバーグ 太田直子(訳)
未 読
リンク
アイデアは交差点から生まれる
アイデアは交差点から生まれる
フランス・ヨハンソン 幾島幸子(訳)
未 読
リンク
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法
1枚のはがきで売上げを伸ばす方法
竹田陽一
未 読
リンク
ビジネスモデルの教科書【上級編】
ビジネスモデルの教科書【上級編】
今枝昌宏
未 読
リンク
ミニマル思考
ミニマル思考
鈴木鋭智
未 読
リンク
超予測力
超予測力
フィリップ・E・テトロック ダン・ガードナー 土方奈美(訳)
未 読
リンク
1
残念な職場
残念な職場
河合薫
未 読
リンク
2
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
ビジネススクールで教えている武器としてのITスキル
グロービス経営大学院
未 読
リンク
3
エンジェル投資家
エンジェル投資家
ジェイソン・カラカニス 滑川海彦(訳) 高橋信夫(訳) 孫泰蔵(日本語版序文)
未 読
リンク
世界初!マサイの戦士 兼 ウェブライター の誕生
世界初!マサイの戦士 兼 ウェブライター の誕生
2018.05.11 update
リンク
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
「ウェブ」ではなく「本」を読まなければならない理由
2018.03.14 update
リンク