GE巨人の復活
シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦

未 読
GE巨人の復活
ジャンル
著者
中田敦
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2017年06月19日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
GE巨人の復活
GE巨人の復活
シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦
著者
中田敦
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,600円 (税抜)
出版日
2017年06月19日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

20世紀最高のCEOと呼ばれたジャック・ウェルチ。彼の作り上げた「脱・製造業」のGEは、大きな敗北を喫した。中核とした金融業などが2008年のリーマンショックで大損失を出してしまったためだ。もう一方の経営の柱だった重電機も、グーグルやIBMなどの「デジタル破壊」によりボロボロになってしまった。これに対し、金融危機のさなかでも、シリコンバレーは悠々と成長を続けていた。「なぜ(それが)我々ではないのか」。ウェルチの後を継いだジェフリー・イメルトCEOは、ここで「デジタル製造業」へと大きく舵をきる決断をくだした。

至上命題は、すでにある資産から得られる収入を最大化すること。GEは、自社で製造する産業機器の生産効率をアップさせるサービスを展開し、サービス料を得るようにした。ハードに関する専門知識を持つことは、他のITベンダーにはない強みだと考えていた。めざすは産業機器界のエアビーアンドビー、そしてウーバーだ。そのためにエンジニアをかき集め、ソフト、プラットフォームも全て自社で開発する。シリコンバレー式の方法論も自社風に作り替え、社内に徹底した。その分野は製品、サービス開発の最前線はもちろん、経理や人事などのバックオフィスにも及んだ。

それからたった数年で、GEは革命による成功の果実を手にしつつある。デジタル変革をめざすのなら、GEの復活劇の背景をつぶさに描き出した本書から学ばない手はない。

著者

中田 敦(なかだ あつし)
日経BP社シリコンバレー支局長。1998年慶應義塾大学商学部卒業、同年日経BP社に入社。『日経レストラン』『BizTech』『日経Windowsプロ』『ITpro』『日経コンピュータ』の各編集部を経て、2015年4月から「シリコンバレー支局」に駐在。共著に『クラウド大全』(日経BP社)がある。1975年4月、富山市生まれ。

本書の要点

  • 要点
    1
    リーマンショックと「デジタル破壊」による挫折を機に、イメルトは従来の「脱・製造業」路線を捨て、「デジタル製造業」へと歩みを進めている。
  • 要点
    2
    GEはモノを売らずにサービスを売ることで、産業機器界のエアビー、ウーバーをめざしている。
  • 要点
    3
    シリコンバレー式の「リーンスタートアップ」を、バックオフィスを含んだ社内のあらゆる分野で徹底することで、デジタル文化革命を促進した。

要約

設立125年のスタートアップ

リーマンショックの余波
peshkov/iStock/Thinkstock

2015年4月。GEは160億ドル(約1兆9000億円)の特別損失を計上した。この特損は、2008年のリーマンショックによる金融危機と、それに伴う同社中核事業の金融事業撤退によるものだった。金融事業撤退は、20世紀最高のCEOと呼ばれたジャック・ウェルチの進めてきた「脱・製造業」の路線と真逆に進むことを意味した。つまり「製造業回帰」だ。

GEは、ウェルチ時代に買収したテレビ放送・映画事業から撤退し、白物家電事業などを売却した。一方で製造業に関する巨額の買収も進めた。このころ、同社のものづくりは大きな痛みを抱えていた。生産性と売り上げの低迷が著しく、金融危機の影響は金融業だけでなく製造業にまで影響を与えていたのである。

デジタル破壊が新たな脅威に

GEがデジタル化を決心した当時、世界中のあらゆる産業が「デジタルディスラプション(デジタル破壊)」による構造変化を始めていた時期だった。GEも、傘下事業のテレビ・映画部門がネットフリックスなどに浸食されるだけでなく、中核事業のインフラや電力などの分野がグーグルに攻められていた。

また、GEにとっての脅威は、IBMによる「スマーター・プラネット」(2008年)構想だった。さまざまな産業機器にとりつけたセンサーデータを、ビックデータにより効率化する新サービスである。GEの提供する産業機器を使って、IBMが顧客から収入を得るという事態が発生しようとしていた。こうした脅威に対抗するため、同社のCEOイメルトが出した結論は、「GEをシリコンバレー化し、製造業をデジタル製造業へ進化させる」ことだった。

モノを売らずにサービスを売れ

GEのデジタル化への取り組みには3つの戦略がある。第一は、自社の製造ラインをデジタル化し、生産性を高めることだ。世界150箇所の製造拠点で、産業機器にセンサーを取り付けて稼働データを収集・分析し、運用におけるムダや問題点を排除することで生産性を高める「インダストリアル・インターネット(II)」などを指す。

第二は、ものづくりからデジタルサービスへの転換である。自社で実施するデジタル製造業を顧客の現場でも行い、サービス料を得るようになっていった。

第三は、デジタル製造業のために開発した技術を、新規顧客に販売することだ。IIを実現するために開発した「Predix」というソフトウェアを、誰でも利用可能なプラットフォームとして公開する。こうしたデジタル収入を2020年までに150億ドルに伸ばすのが、GEの新たな目標となる。

GEデジタルはこうして生まれた

シリコンバレーの穴場へ進出
zimmytws/iStock/Thinkstock

2011年はGEがデジタル製造業へ転換する第一歩となった。この年はシリコンバレーIT大手から引き抜いたビル・ルーをリーダーに据え、「GEのデジタル事業の診断と戦略立案」に注力する年となった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

ITビッグ4の描く未来
ITビッグ4の描く未来
小久保重信
未 読
リンク
宇宙ビジネス入門
宇宙ビジネス入門
石田真康
未 読
リンク
インダストリーX.0
インダストリーX.0
エリック・シェイファー 河野真一郎(監訳) 丹波雅彦(監訳) 花岡直毅(監訳) 井上大剛(訳)
未 読
リンク
ロードアイランド・スクール・オブ・デザインに学ぶクリティカル・メイキングの授業
ロードアイランド・スクール・オブ・デザインに学ぶクリティカル・メイキングの授業
ロザンヌ・サマーソン 久保田晃弘(監訳) 大野千鶴(訳)
未 読
リンク
ぼくらの未来をつくる仕事
ぼくらの未来をつくる仕事
豊田剛一郎
未 読
リンク
新編 教えるということ
新編 教えるということ
大村はま
未 読
リンク
技術屋の王国
技術屋の王国
片山修
未 読
リンク
メガトレンド
メガトレンド
川口盛之助
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク

イチオシの本

テクノロジーへの苦手意識をなくす3冊
テクノロジーへの苦手意識をなくす3冊
2020.07.14 update
リンク
『ワイルドサイドをほっつき歩け』
『ワイルドサイドをほっつき歩け』
2020.07.13 update
リンク
出版社のイチオシ#034
出版社のイチオシ#034
2020.07.10 update
リンク
読書がもっと好きになる3冊
読書がもっと好きになる3冊
2020.07.07 update
リンク

インタビュー

【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
【対談】人生の主導権を取り戻すカギは「早寝」にある
2020.06.30 update
リンク
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
テレワークで欠かせない「コミュニケーション」の秘訣とは?
2020.06.29 update
リンク
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
リモートワーク時代の「風呂敷畳み人」の流儀とは?
2020.05.15 update
リンク
荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
【これからの本屋さん】 荻窪の本屋Titleが選ぶのは「人間の幅を広げてくれる本」
2020.05.05 update
リンク
1
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
昨日も22時に寝たので僕の人生は無敵です
井上皓史
未 読
リンク
2
あえて、数字からおりる働き方
あえて、数字からおりる働き方
尾原和啓
未 読
リンク
3
フューチャーワーク
フューチャーワーク
高砂哲男
未 読
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年8月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年8月号)
2019.08.01 update
リンク
ブックライターの先駆者、上阪徹の「相手の本音を引き出すコツ」
ブックライターの先駆者、上阪徹の「相手の本音を引き出すコツ」
2015.09.30 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『GE巨人の復活』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る