99%の日本人がわかっていない国債の真実

未 読
99%の日本人がわかっていない国債の真実
ジャンル
著者
高橋洋一
出版社
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2017年07月18日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
99%の日本人がわかっていない国債の真実
99%の日本人がわかっていない国債の真実
著者
高橋洋一
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,300円 (税抜)
出版日
2017年07月18日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.5
革新性
4.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

金融関係には疎いが、興味はあるし、もう少し詳しくなったほうがいい気もしている――こう考えている人は意外と多いのではないか。そんな人は、試しに本書を数ページめくってみてほしい。目からウロコが落ちるような事実に引きこまれ、軽妙かつ辛辣な物言いに苦笑しながらも、すごい勢いで読み終えてしまうにちがいない。

本書のテーマはタイトルのとおり「国債」だ。しかし金融商品としての国債だけでなく、財務省がなぜ財政破綻すると騒いでいるのか、その背景も理解できるようになる。そもそも日本政府の財政状態は、破綻するほど悪化しているのか、それは国債という借金のかさみが原因なのか。長年抱いてきた疑問の答えが、本書にはある。

メディアというのはどうしても、なんらかの思惑が入り込んでしまうものだ。財務省ですら、その言動の裏側には、みずからの保身を第一に考えている形跡がある。事実にもとづき正しく判断するためには、やはり自分の頭で考えなければならない。ただしそのとき、「半径1メートルの思考で、世の中全体を見てはいけない」と著者は警告する。とくに個人がする借金と、企業や政府がする借金を、同じように考えては判断を誤ることになる。

専門的な内容をかなり簡略化して説明しているため、金融のプロフェッショナルにとっては物足りない内容かもしれない。しかしそうではない人にとっては、とても親切でわかりやすい内容となっている。メディアに誘導されないためにも、ぜひ読むべきだと強調したい一冊だ。

金井美穂

著者

髙橋 洋一 (たかはし よういち)
1955年東京都生まれ。都立小石川高等学校(現・都立小石川中等教育学校)を経て、東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。
1980年に大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)等を歴任。
小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍し、「霞が関埋蔵金」の公表や「ふるさと納税」「ねんきん定期便」など数々の政策提案・実現をしてきた。2008年退官。
現在、嘉悦大学ビジネス創造学部教授、株式会社政策工房代表取締役会長。
『バカな外交論』『バカな経済論』『【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で「21世紀の資本」は読める』『【図解】地政学入門』『【図解】経済学入門』(以上、あさ出版)、第17回山本七平賞を受賞した『さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白』(講談社)など、ベスト・ロングセラー多数。

本書の要点

  • 要点
    1
    日銀は民間金融機関から国債を買い、利子収入を得ている。日銀はそれを国庫納付金として政府に納める。それは最終的に政府の税外収入になる。
  • 要点
    2
    国債は政府の借金である。その金利は、お金を貸す相手の信用リス...
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする

一緒に読まれている要約

MIND OVER MONEY
MIND OVER MONEY
クラウディア・ハモンド 木尾糸己(訳)
未 読
リンク
子ども格差の経済学
子ども格差の経済学
橘木俊詔
未 読
リンク
GE巨人の復活
GE巨人の復活
中田敦
未 読
リンク
中国人の本音
中国人の本音
工藤哲
未 読
リンク
技術屋の王国
技術屋の王国
片山修
未 読
リンク
メガトレンド
メガトレンド
川口盛之助
未 読
リンク
人生100年時代のお金の不安がなくなる話
人生100年時代のお金の不安がなくなる話
竹中平蔵 出口治明
未 読
リンク
人生100年時代の国家戦略
人生100年時代の国家戦略
藤沢烈
未 読
リンク

今週の要約ランキング

1
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
未 読
リンク
2
ブレインメンタル強化大全
ブレインメンタル強化大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
3
「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本
「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本
権藤優希
未 読
リンク

おすすめ要約診断

イチオシの本

「雑談力」を磨きたいならこの3冊
【〈連載〉ニューノーマルのコミュニケーション第3回】 「雑談力」を磨きたいならこの3冊
2021.01.15 update
リンク
三洋堂書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
三洋堂書店“フライヤー棚”で売れた今月のベスト3(2020年10~11月)
2021.01.13 update
リンク
出版社のイチオシ#043
出版社のイチオシ#043
2021.01.08 update
リンク
今年こそ!大人の学び直しにおすすめの3冊
【〈連載〉レッツ・ビジネスワークアウト第3回】 今年こそ!大人の学び直しにおすすめの3冊
2021.01.05 update
リンク

インタビュー

1本1万円のネギに込めた「初代葱師」の挑戦
1本1万円のネギに込めた「初代葱師」の挑戦
2021.01.12 update
リンク
なぜ、世界最高峰の大学MITは「音楽」を重視するのか?
なぜ、世界最高峰の大学MITは「音楽」を重視するのか?
2020.12.28 update
リンク
共感を呼ぶことばはいかにして生まれるのか
【これからの本屋さん】 共感を呼ぶことばはいかにして生まれるのか
2020.12.21 update
リンク
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
なぜいま、「対話型マネジャー」が求められるのか?
2020.12.16 update
リンク
1
人生を変えるモーニングメソッド
人生を変えるモーニングメソッド
ハル・エルロッド 鹿田昌美(訳)
未 読
リンク
2
ブレインメンタル強化大全
ブレインメンタル強化大全
樺沢紫苑
未 読
リンク
3
「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本
「話すのが苦手、でも人に好かれたい」と思ったら読む本
権藤優希
未 読
リンク
アウトプット力を鍛えたいときに読む本
アウトプット力を鍛えたいときに読む本
2021.01.13 update
リンク
時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
時間の使い方を見直したいときにおすすめの3冊
2020.10.20 update
リンク
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
人気投資系YouTuberに聞く「投資家のマインドセット」とは?
2020.11.24 update
リンク

この要約をおすすめする

さんに『99%の日本人がわかっていない国債の真実』をおすすめする

保存が完了しました

保存した「学びメモ」はそのままSNSでシェアすることもできます。
新機能「学びメモ」誕生!
要約での「学び」や「気づき」をシェア! アウトプットの習慣づけに役立ちます。
みんなのメモが見れる!
新しい視点で学びがさらに深く!
「なるほど」「クリップ」ができる!
みんなの学びメモにリアクションしたり、保存したりできます。
ガイドライン
「学びメモ」をみなさんに気持ちよくご利用いただくために、ガイドラインを策定しました。ご確認ください。
「学びメモ」には自分自身の学び・気づきを記録してください。
要約や書籍の内容を読まずに「学びメモ」を利用することはご遠慮ください。
要約や書籍に対しての批評や評点をつける行為はご遠慮ください。
全文を見る
新しい読書体験を
お楽しみください!
ご利用には学びメモに記載されるユーザー名などの設定が必要です。
ユーザー名・ID登録(1/3)
ユーザー名 ※フライヤーでの表示名
ユーザーID
※他のユーザーが検索するために利用するIDです。
アカウントの公開や検索設定は次の画面で設定できます。ご安心ください。
後で登録する
ユーザー名・ID登録(2/3)
アカウント公開
すべてのユーザーにマイページを公開しますか?
はい 許可した人だけ
マイページを全体に公開したくない方は「許可した人だけ」を選択して、次ページにお進みください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
ユーザー名・ID登録(3/3)
検索設定
ID検索を有効にしますか?
はい いいえ
友達と繋がるには、ID検索を有効にしてください。マイページを全く公開したくない方は「いいえ」を選択してください。

※登録内容の編集画面からいつでも変更できます
登録完了しました!
まずは他のユーザーをフォローして学びメモをチェックしてみよう!
flierの利用に戻る