あなたの人生の意味 上

未 読
あなたの人生の意味 上
ジャンル
著者
デイヴィッド・ブルックス 夏目大(訳)
出版社
定価
886円
出版日
2018年07月05日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
5.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
あなたの人生の意味 上
あなたの人生の意味 上
著者
デイヴィッド・ブルックス 夏目大(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
886円
出版日
2018年07月05日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
5.0
本の購入はこちら
レビュー

人間の美徳には二種類ある。「履歴書向きの美徳」と「追悼文向きの美徳」だ。本書ではアイゼンハワーからモンテーニュまで10人の先人たちの生涯を追い、彼らが体現した「追悼文向きの美徳」を探っていく。著者はベストセラー『あなたの人生の科学』を著した気鋭のコラムニスト。本書はビル・ゲイツらがこぞって絶賛する「人生の書」だ。

二つの美徳のどちらが大事かと問われれば、「追悼文向きの美徳」を選ぶ人も多いだろう。にもかかわらず、とかく現代は「履歴書向きの美徳」が重視される。こうした矛盾が起こるのはなぜか。それは、人間の本性には対立する二つの側面があるためだ。本書では、天地創造の物語になぞらえて、履歴書志向の本性を「アダムⅠ」、追悼文志向のそれを「アダムⅡ」と呼ぶ。両者を「大きい私」と「小さい私」と言い換えたほうが、ピンとくるかもしれない。自己顕示を良しとするのが「大きい私」で、謙虚を良しとするのが「小さい私」だ。

ソーシャル・メディアが隆盛を極める昨今、多くの人が幸せで成功している「外向きの私」を作り上げている。「いいね!」獲得競争は過熱する一方だ。こうした「大きい私」の文化を一概に否定はできないが、少々行き過ぎではないか、と著者は警鐘を鳴らす。「アダムⅠ」と「アダムⅡ」の失われたバランスを取り戻し、「追悼文向きの美徳」を身につけることが重要ではないか。そんな想いのもと、新たな道徳体系の構築を呼びかける。そうして初めて、「あなたの人生の意味は?」という問いに対する答えが浮かび上がってくるだろう。気高き人格者へと向かう旅の一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

小島 和子

著者

デイヴィッド・ブルックス
《ニューヨーク・タイムズ》のop-ed(署名入り論説)コラムニスト。シカゴ大学卒業。《ウォール・ストリート・ジャーナル》、《ザ・ウィークリー・スタンダード》、《ニューズウィーク》の記者・編集者などをへて、2003年より現職。PBS、NPR、NBCなどのテレビやラジオのコメンテーターとしても知られ、イェール大学で教鞭も執る。アメリカ芸術科学アカデミー会員。本書は《ニューヨーク・タイムズ》ベストセラーリスト(ノンフィクション部門)で1位を記録し、さまざまなメディアで反響を呼ぶ。ほかの著書に、同じく《ニューヨーク・タイムズ》ベストセラー1位となった『あなたの人生の科学』(ハヤカワ・ノンフィクション文庫)、On Paradise Drive、『アメリカ新上流階級 ボボズ』など。

本書の要点

  • 要点
    1
    人間の美徳には「履歴書向きの美徳」と「追悼文向きの美徳」の二種類がある。いずれも大事だが、現在は前者ばかりが重視されている。
  • 要点
    2
    「人生の手本」たる先人たちの生き様には、自分との闘いに正面から取り組むという共通点がある。彼らはいったん「謙虚の谷」へと下り、長い努力を経て高い人間性を持つに至っている。
  • 要点
    3
    人間には、謙虚さと自己顕示という矛盾する二つの本性があり、両者のバランスが大切だ。「人生の意味」を見出すには、新たな道徳体系が必要となる。

要約

【必読ポイント!】 大きな時代の変化

謙虚さから自己宣伝の文化へ
volodyar/gettyimages

あるとき著者は、地元の公共ラジオ局「コマンド・パフォーマンス」という番組の再放送を聴いた。1945年8月15日、対日戦勝の翌日に放送された回だ。ホスト役と豪華なゲストたちの態度は終始控えめで、謙虚という言葉に尽きる。軍事的勝利を大げさに喜ぶことなく、戦争が終わったことを神に感謝しようという、厳粛な発言が繰り返されていた。

これは当時の国全体の雰囲気を反映したものだ。もちろん、終戦直後が決して良い時代だったわけではない。激しい人種差別があり、美味しい食べ物も少なかった。だが当時は、今の私たちが失ってしまった美徳が受け継がれていた。

彼らは自分の欲望を否定的にとらえ、欠点を克服すべく努力しようとするのが一般的であった。自分の考えや成し遂げたことを、瞬時に全世界と共有しようとする人など少なかったはずだ。しかし、この数十年で、そうした謙虚な文化は自己宣伝の文化へと変貌を遂げた。「私の力を見ろ、私は特別なんだ」と、誰もが主張する文化だ。

こうした変化は、謙虚を良しとする「小さい私」の文化から、自己顕示を良しとする「大きい私」の文化への変遷といえる。例えば、1948年から1954年の間、1万人の若者を対象に行われた、次のようなアンケートのデータがある。これによると、「自分のことを重要な人物だと思うか?」という問いに対し、「そう思う」と答えたのは12%に過ぎなかった。ところが、1989年に同様のアンケートを実施すると、実に8割近い若者が、自分を重要な人物だと見なしていたという。

どちらの美徳を選ぶのか?

人間の美徳には二つの種類がある。一つは履歴書向きの美徳だ。これは文字通り履歴書で見栄えのいい美徳のことである。就職戦線を有利に戦うのに役立ち、わかりやすい成功へと導いてくれる。

もう一方の美徳とは追悼文向きのものだ。自分の葬儀の際、集まった人たちの思い出話の中で語られるような美徳である。

どちらが大事かと問われれば、追悼文向けの美徳を選ぶ人が多いだろう。だが現代社会では、履歴書向きの美徳が重視される傾向にある。教育制度を見ても然り、メディアで飛び交う言葉を見ても然りである。大半の人は、根本的な人格を磨くよりも、仕事上の成功をめざす生き方を選んでいる。

二種類の美徳について考える上で役に立つのが、ジョセフ・ソロヴェイチックというラビ(ユダヤ教の指導者)の言葉だ。1965年に刊行された彼の著書『孤独な信仰の人』によると、天地創造の物語には二つの側面があるため、人間の本性にも対立する二つの側面があるのだという。ソロヴェイチックはそれを「アダムⅠ」「アダムⅡ」と名づけた。

対立する二人のアダム
artisteer/gettyimages

履歴書向きのアダムⅠは野心家で、世界を征服したがる。キャリア志向で創造性に富む。一方のアダムⅡは、心の内に何らかの道徳的資質を持とうとする。大切なのは、慈悲、愛、贖罪といった普遍的な真理である。他人への奉仕のためには自己犠牲をも厭わず、世俗的な成功や社会的地位を求めることもない。

外に向かう誇り高きアダムⅠと、内に向かう謙虚なアダムⅡ。両者は互いに矛盾する存在だ。ソロヴェイチックいわく、私たちは誰しも二つのペルソナを演じるよう運命づけられている。だからこそ、両極端の性質の間で揺れ動きながら生き抜いていく術を身につける必要があるという。

自分の中のアダムⅡを常に意識していなければ、私たちは簡単に自己欺瞞に陥ってしまう。アダムⅠの人生設計は明確でわかりやすいが、アダムⅡのそれは曖昧でわかりにくい。どうすればアダムⅡを成長させて人格者になれるのか、そこへ至る道のりを先人に学びたい。そこで本書では、素晴らしい人格を持つに至った実在の人物を「人生の手本」として取り上げる。

この本で取り上げる人々の人生は実にさまざまだが、全員に共通していることがある。それは自分との闘いに正面から取り組む人生を送ったということだ。彼らはいったん「謙虚の谷」へと下り、その後、長い努力を経て高い人間性を持つに至っている。

天職を求めて

トラウマを乗り越えて見つけた生きる目的

アダムⅡを成長させた人格者の手本として、アメリカの労働長官を務めたフランシス・パーキンズの半生を振り返ってみよう。

1911年、ニューヨークのロワーマンハッタンで、アメリカ史上に残る「トライアングル・シャツウェスト工場火災」が起こった。数多くの死傷者を出したこの火災の恐怖は、街全体にとって大きなトラウマとなった。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
あなたの人生の意味 上
あなたの人生の意味 上
著者
デイヴィッド・ブルックス 夏目大(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
886円
出版日
2018年07月05日
評点
総合
4.3
明瞭性
4.0
革新性
4.0
応用性
5.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
あなたの人生の意味 上
未 読
あなたの人生の意味 上
ジャンル
自己啓発・マインド
著者
デイヴィッド・ブルックス 夏目大(訳)
出版社
早川書房 出版社ページへ
定価
886円
出版日
2018年07月05日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

マインドセット
マインドセット
キャロル・S・ドゥエック 今西康子(訳)
未 読
リンク
逃げる力
逃げる力
百田尚樹
未 読
リンク
マルチプル・ワーカー
マルチプル・ワーカー
山田英夫
未 読
リンク
コンテンツのつくり方
コンテンツのつくり方
髙瀬敦也
未 読
リンク
医者の本音
医者の本音
中山祐次郎
未 読
リンク
身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法
身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法
マーク・ゴールストン レッカー由佳子(監修) 室﨑育美(訳)
未 読
リンク
独裁者たちの人を動かす技術
独裁者たちの人を動かす技術
真山知幸
未 読
リンク
ソクラテスの弁明・クリトン
ソクラテスの弁明・クリトン
プラトン 久保勉(訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
天才を殺す凡人
天才を殺す凡人
北野唯我
未 読
リンク
2
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
桑野麻衣
未 読
リンク
3
お金の流れで読む日本と世界の未来
お金の流れで読む日本と世界の未来
ジム・ロジャーズ 大野和基(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『最高の組織』
【書店員のイチオシ】 『最高の組織』
2019.05.24 update
リンク
出版社のイチオシ#014
出版社のイチオシ#014
2019.05.17 update
リンク
【五月病予防】やる気を取り戻すための本5冊
【五月病予防】やる気を取り戻すための本5冊
2019.05.09 update
リンク
『儲けのしくみを誰でもつくれるすごいノート』酒井 威津善
【書店員のイチオシ】 『儲けのしくみを誰でもつくれるすごいノート』酒井 威津善
2019.05.03 update
リンク

Interview
インタビュー

「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
【インタビュー】 「勝間式超コントロール思考」で人生が変わる!
2019.04.08 update
リンク
「名著は『現代を読む教科書』」
【インタビュー】 「名著は『現代を読む教科書』」
2019.04.03 update
リンク
1
天才を殺す凡人
天才を殺す凡人
北野唯我
未 読
リンク
2
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
好かれる人の話し方、信頼される言葉づかい
桑野麻衣
未 読
リンク
3
お金の流れで読む日本と世界の未来
お金の流れで読む日本と世界の未来
ジム・ロジャーズ 大野和基(訳)
未 読
リンク
経済理論の確立を歴史的背景にMIXして書かれた『ECONOMIX』
経済理論の確立を歴史的背景にMIXして書かれた『ECONOMIX』
2017.06.27 update
リンク
プロ経営者の礎を築いた「才と徳の読書術」
プロ経営者の礎を築いた「才と徳の読書術」
2015.06.02 update
リンク