NEVER LOST AGAIN
グーグルマップ誕生

未 読
NEVER LOST AGAIN
ジャンル
著者
ビル・キルデイ 大熊希美(訳)
出版社
定価
1,944円
出版日
2018年11月20日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
5.0
応用性
3.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
NEVER LOST AGAIN
NEVER LOST AGAIN
グーグルマップ誕生
著者
ビル・キルデイ 大熊希美(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,944円
出版日
2018年11月20日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
5.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
レビュー

思えば最近、道を聞かれなくなった。

少し前までは地図を片手に彷徨っている人や、誰かに道を聞く人も珍しくなかったはずだ。だがいまでは大半の人がスマートフォンを使って住所を調べ、見知らぬ土地でもそれほど苦もなく目的地にたどり着けるようになった(GPSやコンパスが正常に働いていればの話だが)。もはや地図アプリは私たちの生活に欠かせないものとなり、今日も数多くの方向音痴を救っている。

こうした世界が実現したのは、間違いなくグーグルマップのおかげだ。だがイノベーションの常として、その道のりは決してやさしいものではなかったという。一時期は倒産寸前まで傾いた会社が、どうやってグーグルに買収され、グーグルマップ/アースというプロダクトを生み出すまでに至ったのか。

著者はキーホールの創業者ジョン・ハンケの側で、ずっと地図事業に関わってきた。ゆえにこのトピックについて書くうえで、これ以上の人物はほとんどいないだろう。しかも書きぶりが抜群におもしろい。読んでいると自分もキーホールの一員となったような、そんな気持ちにすらさせられる。とりわけグーグルから買収の持ちかけがあったときのエピソードは痛快だ。読んでいてこちらも「グーーーーグルだって!?」と叫びたくなってしまう。

ビジネスという道に迷い続けた彼らが、最終的には世界を変える地図を生み出した。グーグルマップの1ユーザーとして、その慧眼と努力に最大限の敬意を表したい。

石渡 翔

著者

ビル・キルデイ (Bill Kilday)
ビル・キルデイは地図と拡張現実におけるテクノロジーとゲームマーケティングの分野で25年のキャリアを積んだ。デジタル地図分野のスタートアップ、キーホールのマーケティングディレクターを務め、その後グーグルジオ部門ではマーケティング・リードとなる。在任中にグーグルマップとグーグルアースのローンチに携わった。現在はナイアンティックのマーケティングVPを務めている。ナイアンティックはグーグルからスピンアウトした企業で、イングレスやポケモンGO、そして今後リリース予定のハリーポッター:ウィザード・ユナイトなどGPSベースのゲームを手がけている。8人兄弟の末っ子としてテキサス州ヒューストンに生まれ、現在は家族とテキサス州オースティンに住んでいる。ひどい方向感覚の持ち主だ。

本書の要点

  • 要点
    1
    キーホールは資金繰りに苦しんだものの、CNNの放送でアースビュアーが使われたのをきっかけに業績を伸ばしていく。
  • 要点
    2
    グーグルはキーホールの技術を「グーグルのコアになるかもしれないもの」と考えており、すぐに買収を決断した。
  • 要点
    3
    キーホールを含めたグーグル内の3つのチームが、最新鋭の地図サービスを作るべく力をあわせた。こうして最終的にできたのが「グーグルマップ」と「グーグルアース」である。
  • 要点
    4
    この2つのプロダクトは、グーグルがローンチしたもののなかでも最も大きな成功を収めた。

要約

スタートアップ時代

見たこともないようなサービスを
ismagilov/gettyimages

著者とキーホールの創業者ジョン・ハンケは、もともとテキサス大学の同級生だった。二人は卒業後も、プライベートやビジネスを通じて交流を続けていた。

転機となったのは1999年だ。シリコンバレーで働いているジョンから、「見せたいものがある」という電話が入った。すると間もなくジョンは巨大な機材を抱え、著者のいるテキサスにやってきた。

彼が見せたのは地球の映像だ。だがただの地球ではない。住所を打ち込むと、その場所がズームされた。「一体何が起きているんだ!?」著者は衝撃を受けた。聞けばジョンは、この技術を使って起業したのだという。会社名は「キーホール」、アメリカのスパイ衛星の名前が由来だ。もともとはイントリンシック・グラフィックスというスタートアップが手がけていたのだが、収益化の難しさから開発が頓挫。ジョンがそれを引き継いで事業化したというわけである。

著者は興奮しながらも、たしかに収益化という点では疑問を覚えた。しかも当時は、収益化への道が見えにくいスタートアップは評価されにくい環境だった。まさに起業するうえでは最悪のタイミングである。案の定、資金調達は難航した。

ジョンは一緒に働かないかと著者を誘ったが、著者がキーホールで働けるかどうかは、資金調達の結果次第だった。最終的に資金調達が完了したのは2001年1月だったが、この頃すでに著者はボストンでマーケティングの新しい仕事に就いており、ちょうど慣れ始めた頃だった。給料が良かったこともあって、ジョンの会社へ行く気持ちはあまりなかったのが本音である。

ところがインターネットバブルの崩壊の影響を受け、著者はボストンの会社を解雇されてしまった。著者が本格的にキーホールを手伝い始めるのはこの頃だ。ちなみにこのときはまだボストンにいて、リモートワークという形態をとっていた。

手応えはある、カネはない
Panama7/gettyimages

キーホールは当初、コンシューマーをターゲットにしていた。だがインターネットバブルの崩壊を受け、新たなビジネスモデルが必要になる。

著者はGISに目をつけた。GISとは地理情報システム、すなわち位置情報に関するデータを作成したり、分析したりするためのエンタープライズ向け地図ソフトウェアのことである。当時のGIS市場はエスリ(Esri: Environmental Systems Research Institute)という企業が独占しており、ジョンはあまり乗り気ではなかった。だが著者は、キーホールには彼らにはない優位性があると考えた。エスリは使い方が複雑で、すぐに使えるデータがなく、遅い。それに比べてキーホールは使い方が簡単で、数テラバイトに及ぶデータをすぐに利用でき、圧倒的に早い。

法人向けのGISサービスとしてキーホールのプロダクトを打ち出せば、すぐに売上が立つかもしれない。B2Bモデルにピボットしたキーホールは、さまざまな市場に売り込みを始めた。するととりわけ不動産業界で、大きな手応えが感じられた。

それでも「コンシューマー向けにも展開したい」という想いは消えず、グラフィックカード会社と業務提携して、コンシューマー向けの「アースビュアーNV」も開発。するとこれがよく売れた。またこのとき日本での配信パートナーも獲得し、扱える画像データを世界規模に広げていく。

とはいえ相変わらず資金繰りは苦しいままだった。友人や家族から資金調達をしたり、社員の給与を大幅にカットしたりしてなんとか延命していたものの、あまり猶予は残されていなかった。

突然の世界デビュー

こうした状況が大きく変わったのは、CNNという大型案件が舞い込んできたのがきっかけだ。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
NEVER LOST AGAIN
NEVER LOST AGAIN
グーグルマップ誕生
著者
ビル・キルデイ 大熊希美(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,944円
出版日
2018年11月20日
評点
総合
4.0
明瞭性
4.0
革新性
5.0
応用性
3.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
NEVER LOST AGAIN
未 読
NEVER LOST AGAIN
ジャンル
起業・イノベーション グローバル テクノロジー・IT
著者
ビル・キルデイ 大熊希美(訳)
出版社
定価
1,944円
出版日
2018年11月20日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

全部やれ。
全部やれ。
戸部田誠(てれびのスキマ)
未 読
リンク
人工知能はなぜ椅子に座れないのか
人工知能はなぜ椅子に座れないのか
松田雄馬
未 読
リンク
フェミニスト・ファイト・クラブ
フェミニスト・ファイト・クラブ
ジェシカ・ベネット
未 読
リンク
アマゾンエフェクト!
アマゾンエフェクト!
鈴木康弘
未 読
リンク
確率思考
確率思考
アニー・デューク 長尾莉紗(訳)
未 読
リンク
日本型組織の病を考える
日本型組織の病を考える
村木 厚子
未 読
リンク
近江商人の哲学
近江商人の哲学
山本昌仁
未 読
リンク
セキュアベース・リーダーシップ
セキュアベース・リーダーシップ
ジョージ・コーリーザー スーザン・ゴールズワージー ダンカン・クーム 東方雅美 (訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
2019.07.16 update
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
【書店員のイチオシ】 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』
2019.07.10 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【シェアリングエコノミー関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【シェアリングエコノミー関連企業編】
2019.07.09 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク
人工知能の次は人工意識!? 『脳の意識 機械の意識』
人工知能の次は人工意識!? 『脳の意識 機械の意識』
2018.03.02 update
リンク
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
顧客から愛される会社になるにはどうすればよいのか?
2016.01.28 update
リンク