ゲノム編集の光と闇
人類の未来に何をもたらすか

未 読
ゲノム編集の光と闇
ジャンル
著者
青野由利
出版社
定価
800円 (税抜)
出版日
2019年02月10日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ゲノム編集の光と闇
ゲノム編集の光と闇
人類の未来に何をもたらすか
著者
青野由利
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
800円 (税抜)
出版日
2019年02月10日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

ゲノム編集を施したヒト受精卵を子宮に戻すことに対して、政府は法規制を検討するという方針を明らかにした――このニュースが報じられたのは、つい最近のことだ。日本ではこれまで、遺伝子改変した受精卵を子宮に戻す臨床研究は指針で禁じられていたものの、医療行為については規制が存在しなかった。だが新しい技術は、往々にして新しい問題を生み出すものだ。いままさに私たちは、そうした問題に対応する制度をつくらなければならない時期に差し掛かっている。

とはいえゲノム編集とは具体的にどのような技術で、どのようなことがなされているのか。そう問われても、説明するのはなかなか難しいのではないだろうか。だがご安心を。本書は専門的な用語やアイデアをできるだけ平易に噛み砕き、イラストを多用しつつわかりやすく説明している。とくに「クリスパー・キャス9」という、効率的かつ手軽で安価な新技術の解説に力が入れられているのがポイントだ。本書を読めば、この新技術によって研究、医療、産業の分野で大きな革新が起きていることが理解できるだろう。

医療にゲノム編集が応用されることで、がんやエイズなどの難病の治療がうまくいく可能性は高まる。その反面、人間への応用には常に倫理的課題がつきまとう。これからの生命倫理のあり方について考えるうえでも重要な一冊だ。

大賀 祐樹

著者

青野 由利 (あおの ゆり)
科学ジャーナリスト、毎日新聞社論説室専門編集委員。東京生まれ。東京大学薬学部卒業、同大学院総合文化研究科修士過程修了。生命科学、天文学、原子力などの科学分野を担当。1988-89年フルブライト客員研究員(MITナイト・サイエンス・ジャーナリズム・フェロー)、99-2000年ロイター・フェロー(オックスフォード大学)。著書に『宇宙はこう考えられている』『ニュートリノって何?』『生命科学の冒険』(以上、ちくまプリマー新書)、2010年科学ジャーナリスト賞を受賞した『インフルエンザは征圧できるのか』(新潮社)、『ノーベル賞科学者のアタマの中――物質・生命・意識研究まで』(築地書館)、『遺伝子問題とはなにか――ヒトゲノム計画から人間を問い直す』(新曜社)等。

本書の要点

  • 要点
    1
    ゲノムを自在に編集できるツール「クリスパー・キャス9」は、「狙ったDNA配列を効率よく、正確に、切り貼りできる」「使うのが簡単」「安い」という点で革命的な技術であり、瞬く間に世界中に広がった。
  • 要点
    2
    現時点のゲノム編集技術では、狙いとは異なる遺伝子に変異が生じる「オフターゲット」を完全には排除できないため、臨床への応用はリスクが伴う。
  • 要点
    3
    世界的には病気治療のためのゲノム編集が認められつつあるが、障害や病気のある人が受け入れられる社会をつくることも大切である。

要約

ゲノム編集技術と倫理的課題

ゲノム編集ベビー誕生の衝撃

「できないときに、やってはいけないというのは簡単だった」。ゲノム編集の人への応用と倫理を議論する国際会議で述べられたこの一言は、まさに現状を言い当てている。「中国の研究者がゲノム編集した受精卵から双子の女の子の赤ちゃんを誕生させたと主張している」という特ダネが2018年に報道されると、「重大な倫理違反」として世界中から批判を集めた。

これまでも遺伝子組換え技術はあった。だがいまは以前と比べてもずっと簡単に、細胞の中の遺伝子を狙い通りに操作して、受精卵に意味のある改変を加えられるようになった。これにより「人間の改変」や「人間の選別」だけでなく、親が望み通りの子どもをもうける「デザイナーベビー」の誕生につながるのではないかと指摘されている。

遺伝子組換え技術の誕生
metamorworks/gettyimages

世界ではじめて「遺伝子組換え」を行なったのは、スタンフォード大学の生化学者ポール・バーグだ。バーグは動物ウイルスと大腸菌のウイルスという別種のDNA同士を結合させ、試験管内で人工の雑種DNAをつくった実験により、1980年にノーベル化学賞を受賞した。

「ハサミ」の役割を持った酵素でさまざまなDNAを切り取り、「のり」の役割を持ったDNAリガーゼで連結して大腸菌に戻せば、複製したいDNAを増やしたり、DNAに応じたたんぱく質を大量生産したりできる。ある生物のDNAを別の生物に導入すれば細胞の性質を変えられる。これが遺伝子組換え技術である。この技術は幅広く応用され、病気の遺伝子の解明、人間の全遺伝情報を解読するヒトゲノム計画、遺伝子組み換え農作物の作成など、生命科学の研究だけでなく、医療や産業に欠かせないものとなった。

だがこの技術によって、バイオハザードが生じる危険性も懸念された。たとえば発がんウイルスのDNAを組み込んだ大腸菌や、抗生物質に抵抗性を示す病原体が生み出されたとしたら? 科学者たちは自発的に国際会議を開催し、実験の際に「物理的封じ込め」と「生物学的封じ込め」という2つの方法で安全対策を取るという提案に合意した。

「クリスパー・キャス9」

2人の女性科学者によるゲノム編集ツールの開発
Panuwach/gettyimages

元祖遺伝子組み換え技術の誕生から40年以上経った頃、遺伝子組換えを一新する「ゲノム編集」という技術が登場した。フランス人のエマニュエル・シャルパンティエとアメリカ人のジェニファー・ダウドナという2人の女性科学者が、生物の設計図ともいえるゲノムを自在に編集できるツール「クリスパー・キャス9」(以下、クリスパー)を開発したのだ。「狙ったDNA配列を効率よく、正確に、切り貼りできる」「使うのが簡単」「安い」という点で、従来の組み換え技術を一新するものとして、クリスパーは瞬く間に世界中の研究室に広がった。

クリスパーの仕組みはこうだ。まずハサミを備えた小さな分子マシンである「クリスパー」が、標的とするDNAの配列を検索して見つけ出し、二重鎖をばっさりと切断する。すると切断されたDNAは自然に修復しようとするので、切れたDNAを元通りに修復させないことで遺伝子の働きを失わせる「遺伝子ノックアウト(以下、ノックアウト)」か、別のところからDNAを代わりに持ってきて挿入する「遺伝子ノックイン(以下、ノックイン)」のいずれかを用いる。「ノックアウト」すれば、切断された箇所のDNAがどのような働きをしているのかを調べられるし、遺伝子の変異を品種改良に利用することもできる。一方で 「ノックイン」 では、新しい遺伝子を入れたり、遺伝子変異を修復したりできる。

クリスパーのメリットとデメリット

従来の技術と比べて優れた点が多いクリスパーにも、

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
ゲノム編集の光と闇
ゲノム編集の光と闇
人類の未来に何をもたらすか
著者
青野由利
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
800円 (税抜)
出版日
2019年02月10日
評点
総合
4.2
明瞭性
4.5
革新性
4.0
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
ゲノム編集の光と闇
未 読
ゲノム編集の光と闇
ジャンル
サイエンス
著者
青野由利
出版社
筑摩書房 出版社ページへ
定価
800円 (税抜)
出版日
2019年02月10日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

ブロックチェーン
ブロックチェーン
岡嶋裕史
未 読
リンク
セイバーメトリクスの落とし穴
セイバーメトリクスの落とし穴
お股ニキ(@omatacom)
未 読
リンク
フューチャー・プレゼンス
フューチャー・プレゼンス
ピーター・ルービン 高崎拓哉(訳)
未 読
リンク
アントフィナンシャル
アントフィナンシャル
廉薇 辺慧 蘇向輝 曹鵬程 永井麻生子(訳)
未 読
リンク
PIXAR ピクサー
PIXAR ピクサー
ローレンス・レビー 井口耕二(訳)
未 読
リンク
最新医学が教える 最強のアンチエイジング
最新医学が教える 最強のアンチエイジング
米井嘉一
未 読
リンク
コーポレートファイナンス 戦略と実践
コーポレートファイナンス 戦略と実践
田中慎一 保田隆明
未 読
リンク
予測マシンの世紀
予測マシンの世紀
アジェイ・アグラワル ジョシュア・ガンズ アヴィ・ゴールドファーブ 小坂恵理(訳)
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
未 読
リンク
2
夫のトリセツ
夫のトリセツ
黒川伊保子
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
【書店員のイチオシ】 資料に残されなかった歴史を知る『ハーメルンの笛吹き男』
2020.01.17 update
リンク
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
「ピンチをチャンスに変える」方法『会社を潰すな!』
2020.01.07 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2020年1月号)
2020.01.06 update
リンク
出版社のイチオシ#025
出版社のイチオシ#025
2019.12.27 update
リンク

Interview
インタビュー

落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
落合陽一氏が語る、「2030年の世界」はどこに向かうのか?
2020.01.10 update
リンク
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
35歳医師は、なぜ、カンボジアの僻地で病院建設に挑んだのか?
2019.12.23 update
リンク
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
「分断」が続く世界を救う「偉大なリーダー」とは?
2019.12.17 update
リンク
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
会社に「空気読みすぎ」の若者が増えてしまった理由
2019.12.10 update
リンク
1
ヤバい集中力
ヤバい集中力
鈴木祐
未 読
リンク
2
夫のトリセツ
夫のトリセツ
黒川伊保子
未 読
リンク
3
記録の力
記録の力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
ビジネスの名著を読み直す
ビジネスの名著を読み直す
2019.08.19 update
リンク
丸亀製麺はなぜうどん業界でトップになれたのか?
丸亀製麺はなぜうどん業界でトップになれたのか?
2018.11.07 update
リンク