優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
限界を突破するTOCイノベーションプロセス

未 読
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
ジャンル
著者
岸良裕司
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2019年04月03日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
限界を突破するTOCイノベーションプロセス
著者
岸良裕司
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2019年04月03日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
レビュー

本書は、世界で1000万人が読んだベストセラー『ザ・ゴール』のエリヤフ・ゴールドラット博士が開発した全体最適マネジメント理論の知識体系を集めたイノベーションプロセスを紹介した一冊である。

このプロセスには、アイデア発想から事業化してイノベーションを起こすまでの全プロセスが網羅されている。そのため、プロセスの一部だけを切り出すことで、現在抱えている課題を解決するなどといった応用も可能だ。経営企画や商品企画など企画系の仕事だけでなく、経理や調達など管理系の仕事にも役立てられるだろう。

イノベーションプロセスは3つのステップからなる。「価値を創る」「価値を伝える」「実現への道のりを創る」である。各ステップではいくつかの質問が準備されており、その質問に答えていくことで、イノベーションの実現に近づいていくというわけだ。

主力製品、サービス、ビジネスモデルがいつまで会社の屋台骨を支えることができるのか。ある日、競合がイノベーションを起こし、自社のビジネスに破滅的な打撃をもたらすかもしれない。変化が急速に進む時代においては、常にイノベーションを起こすことが絶対不可欠なのである。本書は、そんな時代の必読書だ。本書で紹介されているイノベーションプロセスを実践するだけで、誰でも世の中をWOW! と言わせるイノベーションを実現することができるのだから。

木下 隆志

著者

岸良 裕司(きしら ゆうじ)
1959年生まれ。ゴールドラットジャパンCEO。全体最適のマネジメント理論TOC(Theory of Constraints:制約理論)をあらゆる産業界、行政改革で実践。活動成果の一つとして発表された「三方良しの公共事業改革」は、ゴールドラット博士の絶賛を浴び、2007年4月に国策として正式に採用された。成果の数々は国際的に高い評価を得て、活動の舞台を日本のみならず世界中に広げている。2008年4月、ゴールドラット博士に請われてゴールドラットコンサルティング(現ゴールドラット)ディレクターに就任し、日本代表となる。東京大学MMRC(ものづくり経営研究センター)非常勤講師。
主な著書に『全体最適の問題解決入門』『「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする』『考える力をつける3つの道具』 (以上、ダイヤモンド社)、『最短で達成する全体最適のプロジェクトマネジメント』 (中経出版/KADOKAWA)、『問題解決の極意』 (PHP研究所)、『子どもの考える力をつける3つの秘密道具』 (ナツメ社)、監修書に『ザ・ゴール コミック版』 (ダイヤモンド社)などがある。

本書の要点

  • 要点
    1
    プロセスを踏めば、誰でも世界を変えるイノベーターになれる。そのプロセスは3つからなる。
  • 要点
    2
    ステップ1「価値を創る」:WOW!をもたらす価値を発見し、そのコンセプトを既存のカタログに落とし込む。
  • 要点
    3
    ステップ2「価値を伝える」:顧客の立場になって商品の価値を検証し、まだ世の中にない商品のコンセプトをどうやって広めていくかを検討する。
  • 要点
    4
    ステップ3「実現への道のりを創る」:みんなの知恵を結集してWOW!と言わせるイノベーションを実現する。

要約

イノベーションを生み出すプロセス「E4V」

イノベーションが生まれない理由

従来の考え方しか知らない人たちにとって、新しい発想を適切に評価し、受け入れるのは難しい。発想が優れていればいるほど、その可能性は高い。

なぜなら、企画にYESと言うには責任が伴うが、NOは無責任に発することができるからだ。そのため、どうしてもYESという答えは出しづらく、NOばかりになる。結果として、優れた発想はゴミ箱に捨てられてしまう。

プロセスさえあればイノベーターになれる
Ekaterina-84/gettyimages

本書で紹介するTOCイノベーションプロセス「E4V(Eyes for Value)」は、世の中にWOW!と言わせるイノベーションを創り出すために開発された。世界的ベストセラー『ザ・ゴール』 の著者であるエリヤフ・ゴールドラット博士が開発した全体最適のマネジメント理論TOC(Theory of Constraints:制約理論)の知識体系の粋を集め、アイデアの発想から事業化してイノベーションを起こすまでの全プロセスを網羅している。

博士は、「プロセスさえあれば、誰でも世界を変えるイノベーターになれる」と言う。本要約では、そのプロセスを3つのステップに分けて紹介する。

【必読ポイント!】ステップ1:価値を創る

3つの目で価値を見つける

どんなに優れた商品でも、顧客に価値をもたらさなければ、世の中にイノベーションを起こすことはできない。ゴールドラット博士によると「価値は、顧客にとって重要な限界を、過去には不可能だった方法で、他のどの競合もできなかったレベルで取り除くことで、もたらされるもの」である。つまりイノベーションとは、世間の常識を打ち破り、顧客に「そんなことできるの!?」というWOW!をもたらすものだ。

WOW!をもたらす価値を発見するために役立つのが、「価値を見つける3つの目」だ。

1つ目は「顧客の目」である。顧客の立場に立ち、望ましくない現象(マイナス)を考えよう。そして、どのマイナスを消せばWOW!という価値につながるのかを考えてみる。

次に「市場の目」だ。マニアやオタクなど一部の人だけが、ありとあらゆる苦労を重ねることで満たしている要望がある。そんな要望を簡単に満たせる方法があれば、イノベーションにつながるはずだ。

最後に「商品の目」である。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
限界を突破するTOCイノベーションプロセス
著者
岸良裕司
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2019年04月03日
評点
総合
3.7
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.0
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
未 読
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
ジャンル
起業・イノベーション
著者
岸良裕司
出版社
ダイヤモンド社 出版社ページへ
定価
1,620円
出版日
2019年04月03日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

夢みるチョコレート工房
夢みるチョコレート工房
伊藤紀幸
未 読
リンク
実験思考
実験思考
光本勇介
未 読
リンク
シェアライフ
シェアライフ
石山アンジュ
未 読
リンク
予測マシンの世紀
予測マシンの世紀
アジェイ・アグラワル ジョシュア・ガンズ アヴィ・ゴールドファーブ 小坂恵理(訳)
未 読
リンク
移動力
移動力
長倉顕太
未 読
リンク
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
ブレイディみかこ
未 読
リンク
自己啓発をやめて哲学をはじめよう
自己啓発をやめて哲学をはじめよう
酒井穣
未 読
リンク
自己破壊経営
自己破壊経営
木村弘毅
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

出版社のイチオシ#017
出版社のイチオシ#017
2019.07.19 update
リンク
『余命3年 社長の夢』
【書店員のイチオシ】 『余命3年 社長の夢』
2019.07.18 update
リンク
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
ベンチャー経営者100人が選ぶ 推し本【ライフ関連企業編】
2019.07.16 update
リンク
親が子どもに贈りたい本5冊
親が子どもに贈りたい本5冊
2019.07.15 update
リンク

Interview
インタビュー

映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
【インタビュー】 映画化記念! AI研究者が語る「女の機嫌の直し方」
2019.06.21 update
リンク
令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
【インタビュー】 令和時代の最強スキル、「考える力」を身につけるには?
2019.06.13 update
リンク
「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
【インタビュー】 「人生で大事なことはティー道が教えてくれた」
2019.05.20 update
リンク
人生という「ゲーム」を攻略するには?
【インタビュー】 人生という「ゲーム」を攻略するには?
2019.04.25 update
リンク
1
CLASS ACT
CLASS ACT
安積陽子
未 読
リンク
2
プレゼンの語彙力
プレゼンの語彙力
下地寛也
未 読
リンク
3
繁栄のパラドクス
繁栄のパラドクス
クレイトン・M・クリステンセン エフォサ・オジョモ カレン・ディロン 依田光江(訳)
未 読
リンク
出版社のイチオシ#009
出版社のイチオシ#009
2019.01.25 update
リンク
サイボウズ式のすごさは「会議」にあり!
サイボウズ式のすごさは「会議」にあり!
2016.11.01 update
リンク