自己破壊経営

ミクシィはこうして進化する
未読
日本語
自己破壊経営
自己破壊経営
ミクシィはこうして進化する
未読
日本語
自己破壊経営
出版社
定価
1,760円(税込)
出版日
2018年12月10日
評点
総合
3.7
明瞭性
4.0
革新性
3.5
応用性
3.5
要約全文を読むには会員登録ログインが必要です
ログイン
本の購入はこちら
書籍情報を見る
本の購入はこちら
おすすめポイント

「ミクシィ」と聞くと、何を思い浮かべるだろうか。30代、40代の方はSNSの「mixi」、20代の方は「モンストの会社」を連想するかもしれない。

株式会社ミクシィ(以下、ミクシィ)は、2004年、日本初の本格的なSNSとなるmixiを立ち上げた。しかし、TwitterやFacebookの台頭に伴い、四半期連続赤字という危機に陥っていた。

同社を救ったのは、2013年にローンチした「モンスターストライク」(以下、モンスト)だ。全世界で4500万人がダウンロードした、大ヒットスマートフォンゲームアプリである。

ミクシィは2017年、プロバスケットボールチーム・千葉ジェッツふなばしとスポンサー契約を締結。以来チームの魅力を引き上げてきた。なぜゲームの開発会社がスポーツチームのスポンサーになったのか? その背景には、「コミュニケーションの力で人々の人生を豊かにする」というミクシィの哲学がある。

この哲学を大事にしてきたのが、モンストの生みの親であり同社の代表取締役社長を務める、木村弘毅氏だ。木村氏は本書で、ミクシィが危機に陥ってからモンストでV字回復を遂げるまでの軌跡と、新規事業の構想を語り尽くしている。本書を読めば、SNS、スマホゲーム、スポーツ事業と、一見不連続にも見える一連の動きは、じつは一貫した戦略に基づいたものだとわかるだろう。新たなフロンティアを開拓する力が湧いてくる一冊だ。

ライター画像
池田明季哉

著者

木村 弘毅(きむら こうき)
1975年東京都生まれ。東京都立大学工学部中退。電気設備会社、携帯コンテンツ会社等を経て、2008年株式会社ミクシィに入社。ゲーム事業部にて「サンシャイン牧場」など多くのコミュニケーションゲームの運用コンサルティングを担当。その後モンスターストライクプロジェクトを立ち上げる。15年6月、取締役就任。18年4月、執行役員 スポーツ領域担当兼任。18年6月、代表取締役社長となる。

本書の要点

  • 要点
    1
    ミクシィは、SNSのmixiの低迷によって、一時は存続の危機にまで立たされた。しかし、スマートフォンゲームアプリのモンストの大ヒットによって、V字回復を遂げた。
  • 要点
    2
    ミクシィは常に、「コミュニケーションの力で人々の人生を豊かにする」という哲学を信じてきた。
  • 要点
    3
    この哲学のもと、ミクシィはコミュニケーションサービスのノウハウを生かして、今後はスポーツやウェルネスの分野でも事業の柱を育てていく予定だ。

要約

mixi低迷からモンスト誕生まで

キーワードは「近しい間柄のコミュニケーション」
fizkes/gettyimages

2004年にミクシィがリリースしたmixi。日本のSNSの草分け的存在となり、コミュニケーション革命を起こしたといえるほどの影響力を持っていた。ところが、TwitterやFacebookの台頭に押され、ミクシィの業績は低迷していった。

転機は2013年。モンスターストライクのリリースにより、業績はV字回復を遂げた。現在、ミクシィの売上高である1891億円(18年3月期)の9割を、この関連事業が占めている。

mixiとモンストは、まったく異なる分野のサービスだと思われるかもしれない。だが、どちらも友人、知人や家族など、親しい間柄の人たちがお互いにコミュニケーションをするという点で共通している。ミクシィは創業以来、この近しい間柄のコミュニケーションに大きな価値を見出し、これを得意な領域としてきた。まずは、ミクシィがモンストという新たな事業の柱を、どのように生み出してきたのかを見ていこう。

mixiパークからの撤退

業績が右肩下がりだった2012年、著者は「mixiパーク」という、スマホ向けアプリの企画・開発を担当していた。このアプリは、自分の似顔絵をもとにしたキャラクターを通じて、mixiの友だちとコミュニケーションができるサービスだった。

インターネットの普及とともに、顔の見えない相手とのコミュニケーションが増えていた。ミクシィでは、そのような人間関係を「バーチャルソーシャル」と呼び、友達や家族などとの人間関係、「リアルソーシャル」と区別していた。

当時、ゲームやインターネットの業界では、リアルソーシャルでのマネタイズは難しいと言われていた。しかし、知り合いとワイワイ楽しむコミュニケーションの場なら流行するはずだと、著者は考えていた。

この事業はコナミとの共同事業であったが、意思疎通に課題があった。思い描いていたプロダクトがつくれず、ユーザー数も継続率も伸び悩む一方。どんな打ち手も成果につながらなかった。こうして2012年10月のリリースからわずか2ヶ月後、著者は当時ミクシィの代表だった笠原健治氏に呼び出された。mixiパークの撤退が決定したのである。

撤退決定後すぐに生まれたアイデア
fizkes/gettyimages

撤退が決まった瞬間から、著者は次のゲームのことを考え始めた。ここで生まれたアイデアの種が、1年も経たずしてモンストへつながる。

著者はmixiパークが失敗した要因を次のように考えた。それは、意思疎通のしづらい開発体制、マネタイズの仕組みの欠落、ゲーム性の弱さである。これらを解消した上で、リアルソーシャルでもマネタイズできることを証明するようなゲームをつくりたい。そんな思いのもと、アイデア出しを行った。このとき用いたのは、会議の主催者が質問をコントロールし、答えを誘導する「ブレーンステアリング」という手法である。これにより得られたアイデアが、ビリヤードを基本動作にするというものだ。

つづいて活躍したのが、「事業アイデアコミュニケーションシート」である。プロジェクトに関わるメンバーへ、企画意図をロジカルに伝えるためのツールだ。著者は口頭で説明する際、比喩やエキセントリックな表現を多用するという自覚があった。そのため、このシートを用いて、テキストだけで精緻に描写することで、コミュニケーションの齟齬を防いだのである。

実現すべきは、「みんなでワイワイ」という世界観だ。著者は、モンストがめざすコンセプトを明確なステートメントの形でチームに共有した。こうしたことが奏功し、2013年10月、開発着手から約7ヶ月という異例のスピードで、モンストのiOS限定配信へと漕ぎ着けたのである。

【必読ポイント!】 起死回生の一手となったモンスト

「リアルソーシャル」が勝った瞬間

リリース当初、ミクシィはあえて大々的なプレスリリースは出さなかった。社内のメンバーとその知人や家族からスタートさせ、徐々にユーザーを伸ばしていくのが理想的だと考えていたためだ。

もっと見る
この続きを見るには…
会員登録(7日間無料)

3,000冊以上の要約が楽しめる

会員登録(7日間無料)
Copyright © 2023 Flier Inc. All rights reserved.
一緒に読まれている要約
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
優れた発想はなぜゴミ箱に捨てられるのか?
岸良裕司
未読
移動力
移動力
長倉顕太
未読
予測マシンの世紀
予測マシンの世紀
小坂恵理(訳)アジェイ・アグラワルジョシュア・ガンズアヴィ・ゴールドファーブ
未読
シェアライフ
シェアライフ
石山アンジュ
未読
フラグメント化する世界
フラグメント化する世界
鈴木裕人三ツ谷翔太
未読
サイボーグ時代
サイボーグ時代
吉藤オリィ
未読
老人喰い
老人喰い
鈴木大介
未読
渋沢百訓
渋沢百訓
渋沢栄一
未読
7日間無料でお試し!
法人導入をお考えのお客様