自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義

未 読
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
ジャンル
著者
ブライアン・R・リトル 児島修(訳)
出版社
定価
1,728円
出版日
2016年07月01日
評点
総合
4.0
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.5
要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
著者
ブライアン・R・リトル 児島修(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,728円
出版日
2016年07月01日
評点
総合
4.0
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
レビュー

「あなたは、○○タイプの人ね」と性格を型で判断されたことは、誰しも何度かあるのではないだろうか。また、悪態をついている人を見かけたときに、「なんて短気な人なんだろう」と即断したことがあるかもしれない。わたしたちは普段、自分の判断基準に従って、他人の言動や状況を解釈している。限定的なシーンや、偏った基準で判断することで、自分勝手な解釈をしてしまうこともある。しかし、彼らはたまたまそのときに、個人的な目標を追求するため、いつもと違う自分を演じていただけかもしれない。このような、パーソナリティの変化できる一面を、本書で著者は「自由特性」と呼んでいる。「自由特性」に注目することは、他者を理解する上での柔軟性につながるはずだ。

著者は、「パーソナリティ心理学」の分野で世界的に有名な研究者であるのみならず、多くの有名大学で教鞭をとり、絶大な人気を誇っている。著者はジョークを連発して学生たちをよく笑わせるので、講義はとても活気があるという。もともと外向的なふるまいが得意なのかと思いきや、著者は自身を内向的な性格だと説明している。登壇する際、いつもと違う自分を演じるスイッチを「カチッ」と入れているのだ。

著者自身の例と同様に、仕事において、そのプロ意識から、いつもと異なる自分を演じる人は多いように思う。状況に応じて異なる自分に戸惑い、「本当の自分は何なのだろう」と疲れている人にも、本書は手を差し伸べてくれるだろう。他者や自分をよりよく理解して幸せに生きるためのヒントが、本書にはある。

光野 美香

著者

ブライアン・R・リトル
パーソナリティや動機付けをテーマにした心理学分野で世界的に有名な研究者。大学教育界のノーベル賞とも呼ばれる「3Mティーチング・フェローシップ」受賞。ケンブリッジ大学ウェルビーイング・インスティテュート特別研究員、カールトン大学特別教授。ケンブリッジ大学心理学部、ケンブリッジ・ジャッジ・ビジネス・スクール、カールトン大学、マギル大学、オックスフォード大学、ハーバード大学などで教鞭をとり、常に満席の講義によって、3年連続でハーバード大学の人気教授に選出された。現在は、イングランドのケンブリッジ、カナダのオタワに在住。

本書の要点

  • 要点
    1
    パーソナリティには生まれ持った固定的な部分と、「自由特性」と呼ばれる、変化できる部分が存在する。
  • 要点
    2
    異なる自分を演じるストレスから逃れるためには、本来の自分がありのままに過ごせる「回復のための場所」を見つけるべきだ。
  • 要点
    3
    人生をコントロールしているという主体的な感覚を信じすぎず、コントロールできない側面もあるということを認識しておく必要がある。
  • 要点
    4
    停滞したコア・プロジェクトを活性化する方法のひとつは、プロジェクトをリフレーミングすることだ。

要約

本当の自分とは?

パーソナル・プロジェクトから導かれる行動
gbh007/gettyimages

あなたはレストランにいて、隣のテーブルには男性2人組が座っている。2人組のうち1人が、運ばれたステーキに対して「焼き方がよくない」と言い、ウェイターに突き返す。このやりとりが3回行われた場合、彼に対してどのような印象をいだくだろうか。

人の行動は、遺伝的動機、社会的動機、個人的動機から導かれる。

遺伝的動機は、生まれ持った気質から生じる。生まれ持った、ある程度固定的なパーソナリティ特性を理解しようとするには、「誠実性」「協調性」「情緒安定性」「開放性」「外向性」の五つの因子を用いる「主要五因子(ビッグファイブ)モデル」というものがある。現代のパーソナリティの科学における研究分野の中でもっとも影響力があるモデルだ。五つのタイプには、たとえばオキシトシンという神経ペプチドの高い人は協調性が高いなど、それぞれ生物学的な要因が影響しており、遺伝的要素の高いものもあるという。

社会的動機は社会・文化的な規範からもたらされ、個人的動機はその人固有の目的から生じる。そうしたことから、遺伝的動機や社会的動機と異なり、個人的動機は傍目には解釈しにくい一面がある。

個人的な計画や目標は、パーソナル・プロジェクトと呼ばれる。犬の散歩をするといった些細な計画から、人生最大の夢まで、さまざまなことがパーソナル・プロジェクトになりうる。そして、それに取り組むことによって、普段とは違った行動をとることがある。つまり、ステーキを突き返した男性は、「肉の焼き加減にこだわる」以上に、同席する上司を感心させるというパーソナル・プロジェクトがあったため、普段のパーソナリティ特性から離れた行動をとった、とも考えられるのだ。こうした行動を導くのが、「自由特性」と著者が呼ぶ、パーソナリティ特性の中の変化できる一面である。

違う自分を演じるストレス
Osobystist/gettyimages

「自由特性」に導かれて本来の性格と異なる自分を演じることは、自分を偽ることではない。遺伝的、社会的、個人的な動機に従って行動することは、「自然」なことである。しかしながら、長期間にわたって本来の自分と異なるキャラクターを装うことは、心身に負担をかける。

著者の心理学のクラスを受講していたピーターという学生の例を紹介しよう。彼のパーソナリティ検査の結果には、外向的な特性が強く出ていた。しかしながら、彼は人里離れた修道院で修道士として、沈黙を重んじる暮らしをしていた。彼にとって、修道院という環境は、次第にストレスとなっていたようだ。実際、ピーターは修道士としての人生に疲れ、大学に進学し、学者としての道を歩んだ。教育学の教授となった彼は、本来の特性を活かして、大きな成功を収めている。このように、遺伝的な気質と社会的な環境が一致していれば、よりよい結果につながるのだ。

また、「白クマについて考えないようにすると、ますます白クマについて考えてしまう」という、ダン・ウェグナーによる有名な研究がある。思考を抑制することで白クマのことが頭から離れなくなるという、「皮肉なプロセス」が生じるというものだ。このことは、「自由特性」にも当てはまるだろう。つまり、本来の自分を無理に抑制することで、かえって本来の自分が漏れ出てしまう場合さえあるのだ。

本来の自分に戻れる「回復のための場所」

異なる自分を演じるストレスから逃れるには、どのようにすればいいのだろうか。

要約全文を読むにはシルバー会員またはゴールド会員への登録・ログインが必要です
「本の要約サイト flier(フライヤー)」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身につけ、スキルアップに繋げることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。
この要約を友達にオススメする
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
著者
ブライアン・R・リトル 児島修(訳)
未 読
書籍情報を見る
ジャンル
出版社
定価
1,728円
出版日
2016年07月01日
評点
総合
4.0
明瞭性
3.5
革新性
3.5
応用性
4.5
本の購入はこちら
この要約を友達にオススメする
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
未 読
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
ジャンル
自己啓発・マインド サイエンス
著者
ブライアン・R・リトル 児島修(訳)
出版社
大和書房 出版社ページへ
定価
1,728円
出版日
2016年07月01日
本の購入はこちら

related summaries
一緒に読まれている要約

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り
神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り
星渉
未 読
リンク
スタンフォード式 最高のリーダーシップ
スタンフォード式 最高のリーダーシップ
スティーヴン・マーフィ重松
未 読
リンク
0秒で動け
0秒で動け
伊藤羊一
未 読
リンク
天才とは何か
天才とは何か
ディーン・キース・サイモントン 小巻靖子(訳)
未 読
リンク
世界で学べ
世界で学べ
大谷真樹
未 読
リンク
FUTURE INTELLIGENCE
FUTURE INTELLIGENCE
スコット・バリー・カウフマン キャロリン・グレゴワール 野中香方子(訳)
未 読
リンク
心を強くする
心を強くする
サーシャ・バイン 高見浩(訳)
未 読
リンク
突破力
突破力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク

weekly ranking
今週の要約ランキング

1
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
児島修(訳) ブライアン・R・リトル
未 読
リンク
2
突破力
突破力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
世界で学べ
世界で学べ
大谷真樹
未 読
リンク

Recommendations
イチオシの本

『ランキングのカラクリ』
『ランキングのカラクリ』
2019.09.09 update
リンク
秋に読みたい本
秋に読みたい本
2019.09.02 update
リンク
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年9月号)
要約の達人が選ぶ、今月のイチオシ! (2019年9月号)
2019.09.01 update
リンク
出版社のイチオシ#019
出版社のイチオシ#019
2019.08.30 update
リンク

Interview
インタビュー

成功する人は「見た目の教養」を身につけている
成功する人は「見た目の教養」を身につけている
2019.09.03 update
リンク
脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
【インタビュー】 脳内科医が教える「自分を変えるための片づけ」
2019.08.21 update
リンク
24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
【これからの本屋さん】 24歳店主が語る、「本の本」専門書店を開くまで
2019.08.09 update
リンク
「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
【これからの本屋さん】 「文庫X」を生んだ書店員・長江貴士さんが本との出会いを創り続ける理由
2019.07.26 update
リンク
1
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義
児島修(訳) ブライアン・R・リトル
未 読
リンク
2
突破力
突破力
メンタリストDaiGo
未 読
リンク
3
世界で学べ
世界で学べ
大谷真樹
未 読
リンク
『余命3年 社長の夢』
『余命3年 社長の夢』
2019.07.18 update
リンク
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
ビジネスでも使える「男の色気」とは?
2015.10.16 update
リンク